« ギャンブル依存症の対策 | トップページ | 平和の話、サマリー »

2018年8月 5日 (日)

平和の話、インデックスⅢ

8月6日は広島、9日は長崎の原爆忌です。15日には終戦記念日を迎えるため、毎年、8月に入ると戦争について取り上げるメディアが増えています。戦争を体験された方が少なくなる中、この時期だけでもメディアが力を注ぐことは意義深いものと受けとめています。このブログでも戦争を顧みる機会とし、今回と次回にわたり、平和への思いを託した記事の投稿を考えています。

実はカテゴリー別に検索できる機能を使いこなせず、これまで「自治労の話、2012年夏」のように記事本文の中にインデックス(索引)代わりに関連した内容のバックナンバーを並べていました。その発展形として「○○の話、インデックス」を始めています。その記事の冒頭、インデックス記事のバックナンバーを並べることで「インデックス記事のインデックス」の役割を持たせています。カテゴリー別のバックナンバーを探す際、自分自身にとっても役に立つ整理の仕方であり、時々、そのような構成で新規記事をまとめていました。

これまで投稿したインデックス記事は「職務の話、インデックス」「原発の話、インデックスコメント欄の話、インデックス」「定期大会の話、インデックスⅡ」「年末の話、インデックスⅡ」「春闘の話、インデックスⅡ」「平和の話、インデックスⅡ」「組合役員の改選期、インデックス」「人事評価の話、インデックス」「図書館の話、インデックス」「旗びらきの話、インデックスⅡ」「人事院勧告の話、インデックス」「非正規雇用の話、インデックスⅡ」「いがみ合わないことの大切さ、インデックス」「憲法の話、インデックスⅡ」のとおりです。なお、「Ⅱ」 以降がある場合は最新のインデックス記事のみを紹介しています。

そのようなインデックス記事が右サイドバーの「最近の記事」から消えて随分たちますので、今回、まず過去の記事を紹介する機会としてみました。直近のインデックス記事を確認してみたところ「平和の話、インデックスⅡ」を投稿したのは2014年3月のことでした。あれから4年以上が過ぎ、その間には安保関連法の成立や北朝鮮情勢を巡る動きが緊迫化していました。予想していた通り「平和の話」として加えるべき直接的な題材の投稿は数多くあり、ブログ開設当初の記事から並べると下記のような長さの一覧となっています。

余計な話ですが、普通に文章を書いている時よりも過去の記事を探し、リンクをはっていく作業のほうが手間暇かかります。閲覧されている皆さんからの要望があって始めた訳ではなく、あくまでも自分自身の発案ですので作業にそれほど負担感はありません。ただ今回、かなりの数の記事のはりつけ作業を進めた後、下書き保存を試みた時、インターネット接続に一時的な不具合が生じました。

その結果、下書き保存できず、費やした労力は水の泡となりました。このような不具合が起きることも想定し、ブログ投稿に限らず、文章などの入力作業時、なるべく短い間隔で下書き保存するように心がけています。たまたまその時は作業に集中し、いつもより長い時間下書き保存しないままでした。リカバリーできる類いの話ですが、同じ作業を二度繰り返すことの徒労感は極力避けたいものです。

特に伏線がある訳でもない本当に余計な話でした。さて、冒頭に今回と次回にわたり、平和への思いを託した記事の投稿を考えていることを記していました。今回は「平和の話、インデックスⅢ」とし、これまで投稿した記事の一覧を紹介しました。それぞれの記事に私自身の安全保障に対する考え方などが綴られています。お時間等が許され、少しでも興味を持たれた記事があった場合、ご覧いただければ誠に幸いです。

次回はそれらの記事の中に綴った内容の一部を紹介しながら私自身の問題意識をまとめてみるつもりです。平和への思いを要約する機会とするため、記事タイトルを「平和の話、サマリー」とするつもりです。あくまでも自分自身が正しいと信じている「答え」の数々であり、異論や反論を持たれる方々も多いのだろうと思っています。このブログを長く続けている中で、いろいろな「答え」を認め合った場として個々人の「答え」の正しさをそれぞれの言葉で競い合えることを願っています。

単に以前の記事を紹介しただけで終わらせていないのも、これまでのインデックス記事のパターンでした。今回ももう少し続けます。「平和の話」の中味に入る前、よく問いかけられる点について書き加えてみるつもりです。なぜ、このブログでは「平和の話」の投稿が多いのか、そのような点について説明を加えさせていただきます。長い説明の文章は分かりづらいという指摘を受けがちですので、「平和の話、インデックスⅡ」の時のように要点を箇条書きしてみます。

  • 組合活動は組合員一人ひとりのためになることを第一の目的としています。組合の平和運動もそのような目的の一つとしています。自分たちの職場だけ働きやすくても、社会全体が平和で豊かでなければ暮らしやすい生活となりません。そのために私どもの組合や自治労は平和に関わる運動方針を掲げています。
  • これまで「自治労は平和運動から一切手を引くべき」という意見が寄せられがちでした。それに対し、労働組合の本務と主客逆転することなく、無理のない範囲で取り組むという私自身の「答え」があります。そして、取り組むのであれば、組合員の皆さんをはじめ、不特定多数の方々に向けた主張の発信も欠かせないものと考えています。
  • 上記のような問題意識があるため、このブログで取り上げる題材として「平和の話」が多くなっています。しかし、日常的な組合活動の中で平和に関わる活動の占める割合はわずかです。ブログで取り上げる題材に対し、実際の組合活動の中で占める割合が正比例していないことは機会あるごとにお伝えしてきています。
  • 「公務員のためいき」というブログのタイトルを付けながら政治的な話題の発信が多いことに対し、疑念の声が寄せられる時もあります。主に労働組合役員の立場からの発信が多いため、確かにブログのタイトルと日常的な投稿内容にアンマッチ感も目立つようです。このタイトルに決めた理由は「秋、あれから2か月 Part2」の中で説明していました。
  • 今回のような「平和の話」に関するインデックス記事に対しても違和感を持たれた方が多いのかも知れません。それでも私自身、このブログは日常生活に過度な負担をかけないSNSを活用した一つの運動として、たいへん貴重なツールだと考えながら長年続けてきています。
  • デリケートな問題をネット上に掲げるリスクも承知していますが、そもそも狭い範囲でしか理解を得られないような内向きな運動方針に過ぎないのであれば、即刻見直しが必要だろうと思っています。そのような意味でコメント欄は幅広い意見を伺える貴重な場であり、多様な見方があることを把握しながら実際の組合活動につなげていける機会だと考えています。 

もう一つ付け加えれば、その時々に私自身が取り上げたい話題や主張を当ブログを通して発信しています。あくまでも個人の責任による運営ですので、このような自由さがブログを長く続けられている理由だと考えています。その積み重ねの中に「平和の話」が多くなっていることも確かです。次回は「平和の話」に綴ってきた内容を要約(サマリー)した記事の投稿を予定しています。ぜひ、引き続きご注目いただければ幸いですのでよろしくお願いします。

|

« ギャンブル依存症の対策 | トップページ | 平和の話、サマリー »

コメント

同じように平和を求め望みながらも同じ夢を見れないよう
な気持ちになることが多いですね。

昨今の平和活動家の方々は平気で「アベシネ」と発言しま
すね。平和に必要な愛情や友情や希望ではなく、嫌悪や
侮蔑や憎悪がそこにはあります。かつてアメリカで公民
権運動に活躍したキング牧師は次のような言葉を残して
います。

>「人は兄弟姉妹として共に生きていく術を学ばなければならない。さもなくば、私たちは愚か者として滅びるだろう」

私たちが愚か者であるのかそうではないのか、それを知り
得るのは近い将来かもしれません。

投稿: nagi | 2018年8月 6日 (月) 14時49分

こんばんは。
平和が大切だったら、アメリカばかりでなく
組合を使って中国にももっと抗議したらどうですか?
中国大使館を取り囲んで”侵略やめろ””平和を守れ”と。

投稿: す33 | 2018年8月10日 (金) 20時50分

nagiさん、す33さん、コメントありがとうございました。

予告した通り新規記事は「平和の話、サマリー」として書き進めます。ぜひ、引き続きご注目いただければ幸いですのでよろしくお願いします。

投稿: OTSU | 2018年8月11日 (土) 06時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130697/67001580

この記事へのトラックバック一覧です: 平和の話、インデックスⅢ:

« ギャンブル依存症の対策 | トップページ | 平和の話、サマリー »