« 年金改革関連法案を巡る論点 | トップページ | SNSが普及した結果… Part2 »

2016年12月 4日 (日)

SNSが普及した結果…

前回の記事「年金改革関連法案を巡る論点」に対し、あっしまった!さんから熱いコメントを多数いただきました。先週の時点で私から「私自身も民進党が行なうことは”善”で、今の与党が行なうことは”悪”という立場で物事を論じないように極力注意しています」とお答えし、前回記事の最後のほうで「最終的には財源の問題に…」以下の問題意識に繋がっていることをお伝えしていました。

最後の最後に政権与党批判を基本的な立ち位置にした『日刊ゲンダイ』の記事を参考までに掲げていたため、結局は安倍政権批判のブログ記事という印象を閲覧された皆さんに強く与えてしまったかも知れません。私自身、以前の記事「消費税引き上げの問題」の中で綴っているとおり社会保障の維持・充実のために一定の負担増はやむを得ないという考え方です。

年金制度で言えば、2004年の法改正で将来にわたって制度を持続できるように年金財政のフレームワークを導入しています。少子高齢化が進行しても財源の範囲内で給付費を賄えるように年金額の価値を自動調整する仕組み(マクロ経済スライド)の導入です。財源の確保が不充分なままだった場合、このような仕組みも否定できず、状況によって年金額が下がることもやむを得ないものと考えています。

政権を担った民主党、ほぼ看板の付け替えに過ぎないと見られている民進党に対し、失望感や嫌悪感を高めている方々が多いことを承知しています。決して民進党だけを肩入れしたブログ記事ではないつもりですが、安倍政権を批判した記述が含まれると前述したような印象を与えてしまうようです。インターネットは不特定多数の方々に情報や主張を発信できる利点があるため、このブログでは多面的な見方を意識的に紹介するスタンスを重視しています。

いわゆる左や右の立場にとらわれず、幅広く多様な情報や発想に触れた上で物事を評価していくことが重要です。そのような関係性の中で、このブログが少しでも皆さんのお役に立てれば幸いだと願いながら投稿を続けています。ただ私自身の考え方や立場は明らかにしているため、どうしても特定の組織や政党の「プロパガンダ」記事のように見られてしまう傾向も否めません。

もちろん私自身が正しいと信じている「答え」に対し、支持してくださる方が増えることを期待し、良い意味で「なるほど、そのような見方もあったのか」と思っていただける方が一人でも多くなることを願っています。とは言え、このブログを長く続ける中で、基本的な視点や立場が異なる方々との「溝」を埋めることの難しさも痛感しています。そのため、分かり合えなくてもいろいろな「答え」を認め合うことの大切さに思いを巡らすようになっています。

おかげ様でコメント欄常連の皆さんからは上記のような関係性についてご理解いただき、理性的で節度を保った場になっていることをいつも感謝しています。いずれしてにも当ブログを通して私自身が発信した内容は、あくまでも閲覧されている方々が、どのように感じ、共感するのか、反発するのか、個々人の判断や評価に委ねていく関係性だろうと考えています。当たり前なことですが、前述したような期待感を託しながらも「正しさ」を押し付けるような意図は一切ありません。

以上のような意味合いを踏まえ、前回の記事の中でも参考サイトとして民進党衆院議員である玉木雄一郎さんのBLOGOSに掲げられた記事『「年金カット法案」で、国民年金は年4万円、厚生年金は年14万円減る?』と東洋経済オンラインの記事『民進党の「年金カット法案批判」は見当違いだ 将来世代の給付底上げへ、冷静に議論すべき』を並列に紹介していました。多面的な主張や情報に耳を傾けた上、それぞれの立場に関わらず拙速な決め付けを避けていく心構えが大切なのだろうと思っています。

実は今回の記事、先週水曜の夜に連合地区協議会が催した『働き方改革を考える』という労働学習会の内容を取り上げるつもりでした。前置きとして書き進めた内容が思った以上に膨らんでしまい、途中で記事タイトルを変更していました。労働学習会については次回以降の記事で取り上げる予定とし、途中から「SNSが普及した結果…」という話でまとめることにしました。

今回の題材も機会を見て当ブログで取り上げてみようと温めていたものです。少し前の『週刊金曜日』に掲載された法政大学総長の田中優子さんの「安心するための『金曜日』?」というコラムが目に留まっていました。「SNSが普及した結果、人は自分と同じ
意見や感性にしかアクセスしなくなった。異なる立場の人々の意見と接する機会がなくなり、人々は極端な意見をもつようになっている」という話からコラムは始まります。

「実際、テレビなどのマスメディアではさまざまな立場の人が出てきて主張するので、聞きたくなくともそれを耳にする。新聞を隅から隅まで読めば、やはり異なる意見も読むことになる。しかしインターネット上では読むものを自分で選ぶことができるので、安心できる同じ意見しか読まなくなるのである。本来、インターネットの効用は多様なデータを入手できる点であった。異なる意見に頭を悩まし、データ解釈に時間をかける。それを怠ったとたん、人はものを考えなくなる」と続きます。

田中さんの問題提起は「本誌のような明確な媒体にも起こることだ。媒体を、自分の考えの補強にのみ使っていないだろうか? 媒体の側も、固定読者の賛同を求めて、それが得られるような内容にしていないだろうか? SNS社会だからこそ、多様な主張とデータをめぐって論争の場となる媒体が必要だ」というものです。私自身、インターネットの普及は幅広く詳しい情報を手軽に素早くコストをかけずに入手できるため、大多数の方が「異なる立場の人々の意見と接する機会が増えている」傾向にあるものと見ていました。

自分自身がそうであったため、SNSの普及が真逆の流れを生み出しているという田中さんのコラムの内容は意外なものでした。一方で田中さんと同様、多様な主張とデータをもとに率直な意見を交わせる機会が非常に大事なことだと考えているため、この記事の冒頭に記したような私なりの問題意識を改めて掲げさせていただきました。これからも当ブログが異なる意見の方々同士の接点になれることを願いながら、田中さんがコラムの最後に残した言葉を紹介させていただきます。

敵をひとつにまとめて攻撃するのは気持ち良いかもしれないが、実はひとつではない。ものごとを単純化してイデオロギーで説明するとわかりやすいが、世界は本当は複雑だ。その複雑さのまま、そこからより良いものを見分ける分別が、多様性とともに欲しい。今必要なのは、思考の隘路に入り込まない柔らかさだろう。日本の債務は今後も膨れ上がる。大震災もやってくる。人口も減る。ほんものの豊かさを選ぶ知性を備えなければならない。

|

« 年金改革関連法案を巡る論点 | トップページ | SNSが普及した結果… Part2 »

コメント

ブログ主様の掲載内容に加え
あ!しまったさんの御主張も熟読させて頂きました。
私の感想です。
>私自身も民進党が行なうことは”善”で、今の与党が行なうことは”悪”という立場で物事を論じないように極力注意しています」
もし、主様が注意していたら
前回記事の構成内容にはならないと思います。

>いろいろな「答え」を認め合うことの大切さに思いを巡らすようになっています。
私が許し難いのはこの一節です。

自分の考えと他人の考えは違います。
違うからこそ、議論の価値があり
違う部分から「改善点」を探して
人は成長する生き物です。
お互いが、差異を共有することが大切なのではなく
「差異を共有した先に、何を残すのか」が
大切なのではないでしょうか?

認め合う事では何も生まれないし
それは、価値のない知識の積み重ねにすぎません。

これは過去に、労働組合の政治的行為について
私が暴言を吐きながら、主様のご意見に
真っ向から反論した時の構図そのものです。
私の暴言の書き込みの後
確かどなたかが労働組合の加入に
否定的な意見をコメントされたと記憶しています。
私は「ああ、それなりに書いた意味はあったのか」と
勝手に評価しています。

主様に対して、立場を変えろとか
民進党を酷評せよとは言いません。
しかし、明らかに考え方として無理のある主張が
含まれている時、他人の主張を受け入れた上で
【主張を修正】する必要があると感じています。

>いろいろな「答え」を認め合うことの大切さに思いを巡らすようになっています
これが最終結論だとしたら
こんな悲しいやり取りはありません。

投稿: いまさらですが | 2016年12月 4日 (日) 22時45分

すみません、私、またもやお名前を間違えました^^;
「あっしまった!」さんですね。
大変失礼しました。お許しを。

投稿: いまさらですが | 2016年12月 4日 (日) 22時46分

誤解しないでいただきたのは
「無視すべきご意見」があることも確かであり
「議論しないほうが良い」という判断が
間違っていると主張しているわけではないのです。
「議論をかみ合わせよう」と努力している相手に対し
「お互い認めましょう」では
何の解決にもならないってことです。


投稿: いまさらですが | 2016年12月 4日 (日) 23時01分

私は極端に右にも左にも偏った記事もよく読みます。ここ何度かOTSU氏が偏った記事を引用してたので、ゲンダイとかリテラですね。少し懸念してたのですが、今回の田中氏の引用は素晴らしいの一言ですね。

ただ、SNSは当然ながら大手マスコミを含むマスコミ全体が徐々に偏りが酷くなってるのが見えてきます。中間がなくなってきて、とにかく相手サイドを攻撃するように見えます。

まあ、マスコミも結局は企業であり、報道に関わる人も社員にすぎない。だから自社を非難することは躊躇うし、自社の不利益につながることもしない。それを報道人としてどうかと思うのですが、やむえないと思います。ただしそうである以上、自分たちはジャーナリストだと偉そうにするのは勘弁してもらいたい。

投稿: nagi | 2016年12月 5日 (月) 09時31分

恐らくOTSU氏のお考えでは強行採決は好ましくない。但し、民主党政権時代に強行採決を乱発したことは、民進党の反省すべき点だと。

さて、OTSU氏に伺って見たいのですが、民進党が政権を奪取したら、前の政権時代を十分に反省して国会運営をすることだと思うのですが。

1.審議時間は野党の要求を飲み十分に確保する
2.強行採決は絶対にしない

上記2点。OTSU氏は民進党が守ると断言できますか?
また、民進党の国会議員にお会いしたら、上記を守ると約束を求めることは可能ですか?いっそのこと選挙公約に入れることは可能でしょうか?

さすがに無理だなあと思うのであれば、やはり田舎のプロレスでしかないのでしょう。

投稿: nagi | 2016年12月 5日 (月) 12時07分

こんばんは。
>>実際、テレビなどのマスメディアではさまざまな立場の人が出てきて主張するので、聞きたくなくともそれを耳にする。新聞を隅から隅まで読めば、やはり異なる意見も読むことになる

”偏向報道””報道しない自由”と言う言葉を聴いたことないですか?

投稿: す33 | 2016年12月 6日 (火) 22時47分

>”偏向報道””報道しない自由”と言う言葉を聴いたことないですか?

既存のメディアに対する不満として、もっとも多く言われる言葉ですよね。ネットで得られる情報は簡単でお手軽な面がありますが、信用性の問題が常に付きまといます。それに比較すれば、既存のメディアの信用度は圧倒的に高い。

それにも関わらず、上記言葉がでるのは、メディアが情報を統制してるように感じるからではないのかと。知りたいのはメディアの見解ではなく、事実のみ。しかし事実を既存メディアから得られないと感じるほど、ネット情報に流れて、隠された真実を知りたい欲求をもつ。もっともほとんどの場合に、隠された情報などはないのでしょう。

巨大な権力をもつメディアが、不信に対する説明責任を理解しない限り状況は変わらないでしょうね。

投稿: nagi | 2016年12月 7日 (水) 10時08分

某団体のおもしろ記事を再び紹介します。

>http://www.peace-forum.com/navi/161201.html

改憲して解釈の余地がないほど完全完璧な平和憲法を創るとなぜ言わないのだろう。
以前にこの団体のこの記事を書いた方は、自衛隊の廃止を主張していた。戦力をなくそうとの主張はとても潔い。現在の社民党や共産党よりもよほど評価する。ならば、改憲して完全なる戦力の放棄を目指すことがこの団体主旨に合致していると私は考えますね。

投稿: nagi | 2016年12月 7日 (水) 20時05分

昨日の党首討論をさらっと見たんですが、さすがに共産党の志位さんは上手いし迫力があると思いましたね。それにくらべて蓮舫代表は本当に薄っぺらいですね。この人に国家の品格と言われたくないのですが、カジノがある国を貶めてるし、すでに公営の競馬や競輪等があるのを理解してるのでしょうか。日本は世界でも有数のギャンブル大国です。公営ギャンブルが充実し、季節ごとの宝くじはCMも流れ風物詩となっている。
さらにレジャー扱いとはいえ、日本中にパチンコ店が存在している。

こんなに充実してるのだから今更、カジノ導入でどうこう騒ぐのはおかしいですよね。

投稿: nagi | 2016年12月 8日 (木) 09時51分

こんばんは。
よくもまあ蓮舫氏は、自分の二重国籍問題を棚にあげ
”息をするようにウソをつく”とか、平気で国会で発言出来る神経には呆れるね。

投稿: す33 | 2016年12月 8日 (木) 22時25分

いまさらですがさん、nagiさん、す33さん、コメントありがとうございました。

それぞれのコメントを拝見し、今回の記事に託した論点について、さらに補足する必要性があることを痛感しています。その上でコメント欄ではなく、記事本文を通して可能な限りのレスに努めさせていただきます。いつものことですが、基本的に一問一答に至らない場であることをご理解ご容赦くださるようよろしくお願いします。

投稿: OTSU  | 2016年12月10日 (土) 07時25分

誰だって平和でいたい。人を殺したくも無いし殺されたくも無い。負担は少なく年金は多く貰いたい。

でも現実はそうはいかない。そして絶対に正しくて最高な答えなんて無い。人は皆、年齢も収入も状況もバックグランドも違う。だから議論してより良い方法を考えるのです。

今の民進党のその姿がありますか?私には個人攻撃、言葉狩り、印象操作しか見れ取れません。左?右?違います。反自民勢力以外の何者でもない。

民主主義は議員の多数決が全てではない。だから議論して採決になるが民進党は議論をしようともせず、かといって採決すると『議論されつくしてない』『強行採決だ!』と言う印象操作ばかりする。

勿論、民進党にも志をもって政治活動されている議員もいます。しかし有権者に党首の言動で党の評価がされてもしかたありません。私は前回の選挙で自民に入れましたが次回の選挙でも、少なくとも私は民進党を投票すべき政党とは思いません。

投稿: ぴょん吉 | 2016年12月10日 (土) 11時52分

>私は前回の選挙で自民に入れましたが次回の選挙でも、少なくとも私は民進党を投票すべき政党とは思いません。

私も全く同感です。
たぶん、多くの有権者が同じように感じているかと。

早く「そこ」に気が付かないと、民進党に支持は集まらないのではないでしょうか?

>その上でコメント欄ではなく、記事本文を通して可能な限りのレスに努めさせていただきます。

管理人さんも記事だけで対応していては、理解は得られないですよ。
私も、現実から逃げているだけと感じてしまいます。

本当に民進党をどうにかしたいなら、真の行動が必要と思われます。
言葉だけで表面的な説得を試みても、人の気持ちは動きません。

投稿: 下っ端 | 2016年12月10日 (土) 16時30分

与党の時も野党の時も主義主張が一貫していれば良いのですけど、「与党の時と野党の時で同じ政策課題について、仰ること(論の拠り所)が180度変わる」って状況ではねぇ。

「政府方針批判運動体」であって、「野党(という役回りを演じる一つの”政党”)」ではないですよね、決して。
「政府方針批判運動体」さんには国会の外で活動して貰って、国会では「野党さん」に活動して貰いたいです。

もう、現党首を党首に選んでしまう時点でどうかと・・・。
いや、過去にも「議員という立場にある、政治家と言うよりは単なる政府批判運動の活動家」を党首に選んだ実績があると思いますので、いまさらかも知れませんが。

投稿: あっしまった! | 2016年12月10日 (土) 22時20分

あ、先ほどの

> もう、現党首を党首に選んでしまう時点でどうかと・・・。

というのは、先日の党首討論&先日来の国会審議を拝聴・拝見しての、ワタクシの偽らざる感想でございます。
それ以上でも、それ以下でもありません。

そのた国会中継を踏まえての現党首様への印象としては、「討論」や「質疑」というより「審問」ぢゃないかい。
しかも事実誤認な思い込み(というかその場の思いつき?)に基づいて質問したり断定的に批判したりするっていう・・・、何やってらっしゃるんですかね。

投稿: あっしまった! | 2016年12月10日 (土) 22時28分

ぴょん吉さん、下っ端さん、あっしまった!さん、コメントありがとうございました。

新規記事は「SNSが普及した結果… Part2」としています。その中でも触れていますが、民進党に関する内容は改めて投稿させていただく予定です。引き続きコメント欄が即応した場に至らないことなどについてご理解ご容赦くださるようよろしくお願いします。

投稿: OTSU  | 2016年12月11日 (日) 06時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130697/64571083

この記事へのトラックバック一覧です: SNSが普及した結果…:

« 年金改革関連法案を巡る論点 | トップページ | SNSが普及した結果… Part2 »