« 戦後70年談話について | トップページ | 生活困窮者自立支援法が施行 »

2015年3月29日 (日)

改めて言葉の重さ Part2

3月31日に定年退職を迎えられる方、再任用や再雇用職員としての勤めを終えて市役所を去られる方がいらっしゃいます。4月1日には新たに採用された職員の皆さんと顔を合わせることができます。桜が咲き始めた季節、3月25日に人事異動の内示が出た後、何かと気ぜわしい年度替わりの時期を迎えています。この時期にちなんだ記事を投稿したことも少なくありませんが、今回、前回記事「戦後70年談話について」を少し補足するような内容を書き進めてみます。

このブログを開設した目的はプロフィール欄に掲げているとおり自治労に所属する職員労働組合の立場や主張を不特定多数の方々に発信するためでした。その上で、あくまでも個人の責任による運営だったため、私自身の個人的な意見や思いを託した記事内容を毎週投稿してきました。安全保障にかかわるテーマなど、いわゆる左か右か問われれば左に位置付けられる記事内容も並んでいます。前回の記事でも紹介しましたが、そのような内容をまとめた記事として「平和の話、インデックスⅡ」があります。

ちなみにブログの記事を綴る際、意識的に「思っています」「はずです」という語尾を多くしています。いろいろな見方や考え方がある事例において、自分自身の「答え」が絶対正しいと決め付けた論調だった場合、真逆の立場の方々を不愉快にさせる恐れや無用な反発を招く可能性を懸念しているからです。ただ多少やわらげられていたのかも知れませんが、左に位置付く記事内容に対しては辛辣なコメントが多かったことも確かです。

それでも当ブログのコメント欄に投稿くださる皆さん全体を見れば、理性的な記述に努められている方が大半だと言えます。おかげ様で「便所の落書き」のような書き込みは皆無に近く、感情的な応酬も少なく、穏やかな場になり得ているものと感謝しています。いずれにしてもインターネットを介した会話は文字のみ、つまり言葉のみで行なわなければなりません。そのため、コメント投稿に際した「お願い」をはじめ、言葉の使い方の難しさや大切さに関しても、たびたび記事本文を通して掘り下げてきました。

つい最近も言葉の重さ、雑談放談改めて言葉の重さ」があり、今回も前々回記事のタイトルに「Part2」を付けながら言葉の重さについて考えてみることにしました。まず改めて言葉の重さに関し、私自身がどのような問題意識を持っているのか説明させていただきます。言葉の使い方一つで他者に与える印象が大きく変わっていきます。その言葉から発信者の本音や資質が明らかになります。伝えたい真意がそのまま他者に正しく伝わり、目的が達成していくのであれば何ら問題ありません。

真意がうまく伝わらない、誤解されてしまった、思いがけない批判に繋がってしまった、このような結果を及ぼすようであれば言葉の使い方を誤ったことになります。何気ない一言で他者を深く傷付ける場合もあり、後から訂正や謝罪しても簡単に取り返しのつかないケースもあろうかと思います。発信者の立場やTPOによって、ますます言葉一つの重みが増してくるはずです。したがって、できる限り言葉の使い方や選び方には慎重になるべきものと考えています。

誰もがうっかりする時があり、いつも完璧に振る舞える訳ではありません。それでも自分自身の発する言葉が他者からどのように受けとめられるのかどうか、想像力を働かせていく心構えだけは持ち続けられるのではないでしょうか。また、その反応を想像できる力は個々人の経験や知識の蓄積によって差が生じていくのかも知れません。問題ないものとして使った言葉が社会常識から照らしてNGだった場合、その方の資質や知識不足が問われていくことになります。

相手と良好な関係を維持していくことが第一の目的であれば、あえて相手を怒らせるような言葉は控えていかなければなりません。それでも何らかの意図を伝えなければならない場合、逆撫でするような言葉を避けながら、なるべく不愉快にさせない言葉に置き換えていくことになります。もちろん対立しても仕方ないと考えれば、単刀直入な言葉をぶつけて結論を求めていくことになろうかと思います。なお、前者のようなケースでの言葉の置き換えの際、偽りや極端な誇張が厳禁であることは言うまでもありません。

その場だけ取り繕っても後々、いろいろな面で問題が生じていくことになるはずです。この偽りや誇張が厳禁という点は当たり前な話ですが、すべての言葉の使い方に繋がるものです。嘘を混じらせた言葉に重さは一切感じられなくなります。嘘という自覚はなかったとしても、事実や実際の行動に裏付けられていない言葉にも重みは感じにくくなります。言行一致が信頼され、根拠のない願望のような言葉を堂々と断定調に語る人物は決して尊敬されないのではないでしょうか。

戦後70年、この言葉も日本が70年間、戦争に直接関わっていないため使える言葉であり、たいへん感慨深いものがあります。でりしゃすぱんださんからの前回記事へコメントを受け、「様々な意味で難しい関係性や現況の中、このタイミングで70年談話を出すと決めたことも適切だったかどうか評価が分かれるように感じています」と記していました。もう出すしかない訳ですが、近隣諸国と良好な関係を築いていくことが第一の目的であれば、偽りや誇張を排した中で他者の立場や気持ちを思いやる言葉を忘れないで欲しいものと願っています。

最後に、国会審議の中で最近取り沙汰された言葉の問題を紹介します。当初、この報道内容を中心に記事を綴ることも考えていました。言葉の重さについて、自分なりの総論的な問題意識を書き進めたところ予想以上に長くなってしまいました。そのため、端的な指摘にとどめ、今回の記事は終わらせていただきます。安倍首相と三原参院議員、政治的な信条や歴史認識が近しい方々だと見られています。「我が軍」と「八紘一宇」という言葉、単に言葉の選び方という問題ではなく、それぞれ奥深い論点があることを感じているところです。

安倍晋三首相は20日の参院予算委員会で、自衛隊と他国との訓練について説明する中で、自衛隊を「我が軍」と述べた。政府の公式見解では、自衛隊を「通常の観念で考えられる軍隊とは異なる」としている。維新の党の真山勇一氏が訓練の目的を尋ねたのに対し、首相は「我が軍の透明性を上げていくことにおいては、大きな成果を上げている」と語り、直後は「自衛隊は規律がしっかりしている、ということが多くの国々によく理解されているのではないか」と続けた。憲法9条は「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」と定める。2006年の第1次安倍内閣の答弁書で「自衛隊は我が国を防衛するための必要最小限度の実力組織で、『陸海空軍その他の戦力』には当たらない」とした。一方、自民党が12年に発表した憲法改正草案には「国防軍」の創設が盛り込まれている。【朝日新聞2015年3月23日

自民党の三原じゅん子参院議員は16日、参院予算委員会で「ご紹介したいのが、日本が建国以来、大切にしてきた価値観、八紘一宇(はっこういちう)であります」としたうえで、同理念のもとに経済や税の運用をしていくべきだと質問した。八紘一宇は戦前、日本の侵略を正当化するための標語として使われていた。三原氏は企業がグローバル資本主義の中で課税回避をしている問題を取り上げた。この中で「八紘一宇の理念のもと、世界が一つの家族のようにむつみあい、助け合えるような経済および税の仕組みを運用していくことを確認する崇高な政治的合意文書のようなものを、首相こそがイニシアチブを取って世界中に提案していくべきだと思う」と語った。答弁に立った麻生太郎財務相は「八紘一宇は戦前の歌の中でもいろいろあり、メインストリーム(主流)の考え方の一つなんだと思う。こういった考え方をお持ちの方が、三原先生の世代におられるのに正直驚いた」と述べた。【毎日新聞2015年3月17日

|

« 戦後70年談話について | トップページ | 生活困窮者自立支援法が施行 »

コメント

タブーにあえて触ることがいいことなのかどうかということです。
私は安部首相、三原先生はすこしジャブを打つ「場所」を間違えたのではないかと思います。場外でやればよろしいのです。
地方議会においては、議事録に落とすということに重点が置かれているために、あまりこういう発言はない。時間もありません。
国会の委員会と、地方議会を比べてはいけないと思いますが、もと官だった人間とすれば、もっと予算の本質のところでやりあってほしいものだと思います。国会で予算案の中身までいじられたことがない。
政府予算案に対しYes/Noしか言わない国会。議決されていない予算「案」で予算を組んで、つっぱしるしかない地方自治体。政府がExcelではじいて年度途中で配算したら、補正予算を組むしかないのです。地方議会はほぼ2か月おきにしか開かれない。
もうちょっと、政府予算のありかたとかを、御用学者に決めさせないで、議員先生自身がお考えになればよろしい。
しょせんメディアウケねらいの、言葉遊びですよ。中身がない。

投稿: でりしゃすぱんだ | 2015年3月29日 (日) 21時46分

失礼、「安倍首相」の誤り。人名は人権ですよね。お詫び申し上げます。

投稿: でりしゃすぱんだ | 2015年3月30日 (月) 23時58分

OTSUさんの言う「いろいろな見方や考え方がある」ということを否定するつもりはありません。
しかし、真実は一つであり、それを歪曲するような物言いには、それに反論したくなるのが人情というものです。

例えば、広島・長崎への原爆投下についても、意見が分かれるものの一つです。
ある人は『原爆を投下した者も悪いが、原爆を投下されるようなことをした者も悪い』と考えるでしょうし、ある人は『原爆を投下したことによって、終戦が早まった』と考えるでしょう。

私は、広島・長崎への原爆投下は「人類史上稀にみる非人道的な大量虐殺」であると考えていますので、上記のどちらの考え方にも賛同することはできませんが、それも「いろいろな見方や考え方がある」の一例と言えます。
しかし、「広島・長崎への原爆投下はなかった」と言う意見があったとしたらどうでしょうか?
さすがにOTSUさんも憤りを禁じ得ないのではありませんか?

「南京大虐殺」はこれと真逆ですが、「なかった」ものを「あった」とするのは、「いろいろな見方や考え方がある」というレベルではなく、イデオロギーのそれです。

投稿: | 2015年4月 1日 (水) 22時10分

上記のコメント、名前を入れておらず、失礼しました。
一堂零です。

投稿: 一堂零 | 2015年4月 1日 (水) 23時07分

でりしゃすぱんださん、一堂零さん、コメントありがとうございました。

南京虐殺に関し、私自身の認識は前回の記事本文の中で簡単に触れたとおりです。諸説があることを理解していますが、まったくなかったと結論付けることはできないものと考えています。なお、新規記事はガラッとテーマが変わる予定ですが、引き続きご訪問いただければ幸いですのでよろしくお願いします。

投稿: OTSU | 2015年4月 4日 (土) 20時47分

「南京大虐殺」について、「諸説があることを理解していますが、まったくなかったと結論付けることはできないものと考えています。」つまり、「あったものと考えている」のであれば、OTSUさんの信じるところを述べていただきたいと思っていたのですが、その意思はないようですね。残念です。

なお、私は「南京大虐殺」について、「規模の問題」にすり替えているのではなく、「南京大虐殺」と呼べるようなことは「なかった」と考えています。
その理由はいろいろ挙げられますが、端的には前回記事のコメントに記したように、「国際委員会の目がある中で、虐殺があったとされる期間、南京市内の非難民は5万~10万人の単位で増えていた」ということです。

「従軍慰安婦」のことや「ヴァイツゼッカーの演説」のことについても、述べたいことはありましたが、それはまた次の機会といたします。

投稿: 一堂零 | 2015年4月 5日 (日) 22時50分

一堂零さん、コメントありがとうございました。

管理人からの手応えのないコメント欄で申し訳ありません。以前はコメント欄でも時間や労力を惜しむことなく、具体的な議論に加わっていました。現在、コメント欄からは距離を置かせていただき、記事本文に集中するようになっています。したがって、たいへん恐縮ですが、今回のような論点については機会を見て改めて記事本文でお答えさせていただければと考えています。このような点についてご理解ご容赦くださるようよろしくお願いします。

投稿: OTSU | 2015年4月 5日 (日) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130697/61320196

この記事へのトラックバック一覧です: 改めて言葉の重さ Part2:

« 戦後70年談話について | トップページ | 生活困窮者自立支援法が施行 »