« 再び、平和フォーラムについて | トップページ | 2013年末、気ままに雑談放談 »

2013年12月14日 (土)

原発ホワイトアウト

特定秘密保護法案の是非が大きな関心を集めていましたが、12月に入り、やはり今後の国の行末を左右するような動きがありました。経済産業省の審議会は政府が策定を進めている新しい「エネルギー基本計画」の原案をまとめ、この中で原子力発電については「重要なベース電源」と位置付けました。昨年9月に民主党政権がまとめたエネルギー政策では「2030年代に原発稼働ゼロを可能とするよう、あらゆる政策資源を投入する」としていましたが、この目標から政策転換をはかった基本計画となっています。

経済産業省の有識者会議(総合資源エネルギー調査会基本政策分科会)は13日、中長期的なエネルギー政策の指針となる新たな「エネルギー基本計画」案を取りまとめた。計画案は、原子力発電を「エネルギーの基盤となる重要なベース電源」と位置づけ、民主党政権が掲げた「脱原発」路線から転換するのが特徴だ。近く、茂木経産相に報告、来年1月にエネルギー基本計画を閣議決定する。

経産省は6日、基本計画の原案を公表した。13日にまとめた基本計画案には、「原子力利用に伴い、確実に発生する使用済み核燃料は対策を着実に進めることが不可欠」などの文言を新たに加えた。今後も原発を、安定的な電力を供給するための基盤電源として維持する狙いがある。放射性廃棄物を埋める「最終処分場」の選定など、発電後の「後処理」についても、国が積極的に関与する姿勢を打ち出す。【読売新聞2013年12月14日

取り返しの付かない福島第一原発事故以降、原発依存から脱却すべきという声は高まっています。私自身の問題意識も「原発の話、インデックス」のとおり数多く原発に関する記事を投稿する中で、将来的には原発ゼロをめざすべきものと訴えてきています。一方で、原発は欠かせないという根強い考えをお持ちの方が決して少数ではないことも、このブログのコメント欄に寄せられるご意見などから感じ取ってきました。

今回、エネルギー基本計画案が発表された直後に重なったため、そのニュースの紹介から始まりました。ただ記事タイトルに掲げた『原発ホワイトアウト』という書籍は1か月以上前に読み終えていました。「若杉冽」というペンネームの著者は霞が関の現役キャリア官僚です。内部事情に精通した官僚が現状を憂い、小説という形で政府や自民党、電力会社などを告発したという宣伝文句に偽りのないリアリティさがあり、ストーリーも非常に面白かったため、ほぼ一気に読み切っていました。

機会を見て、このブログで取り上げようと考えていましたが、いみじくも小説の中で描かれたような動きと重なるタイミングでの投稿となりました。最終的には原発に依存しない社会をめざすのかどうか、この政策目標の立て方はたいへん重要なことだと考えています。残念ながら経済産業省の有識者会議がまとめたエネルギー基本計画案は改めて原発推進に舵を切ったように見なければなりません。今朝の読売新聞の社説では「民主党政権の原発ゼロから明確に転換する大きな一歩である」とし、この動きを高く評価していました。

小説『原発ホワイトアウト』に登場する政党、電力会社、政治家らの名前の多くは架空のものとなっています。経済産業省や資源エネルギー庁など実際にある組織と実在している政治家の名前がそのまま使われている一方で、保守党、民自党、関東電力、新崎県という架空の名称が混在している小説でした。架空の名前からも実在する団体や人物の名前を容易に想像できる場面が多く、フィクションと現実との境目を判断することが難しい小説だと言えました。

ぜひ、原発は必要だと思われている方も、原発に懐疑的な方も、一度、読んでいただきたいものと願っています。原発の「安全神話」が崩れているのにもかかわらず、原発を巡る「利権構造」が現存しているため、再稼働に向けた暗闘が繰り広げられていく、そのような世界が描かれています。テレビに出ていたコメンテーターの発言に対し、「円高のときには資源高と言い、円安になると輸入価格の高騰と言う。原油自体の国際市場価格はピークに比べて大きく低下していることには最後まで触れずじまいだった」という記述があります。

このような見方は現実の世界を映した話だろうと思っています。全体的な内容に関しては、あくまでも小説であり、誇張や作り話も織り交ざっているはずです。逆にそのように考えなければ、いたたまれなくなる結末を迎える物語でした。『原発ホワイトアウト』というタイトル名を付けた意味が分かる「終章」では、雪が舞う中、新崎原発でメルトダウンが進行します。その場面では福島第一原発事故での教訓がまったく生かされず、電力会社や官邸の対応のお粗末さや脆弱さが描かれていました。

あまり「ネタバレ」とならないように注意してきたつもりですが、結末の場面に少し触れてしまいました。とにかく緻密な取材に裏付けられたノンフィクションだと錯覚するような重厚な中味でした。最後に関連した話題として、小泉元首相の「原発ゼロ」発言に関するニュースも紹介させていただきます。もともと「誰が」よりも「どのような内容を」発言しているかが大事だと考えているため、小泉元首相の主張そのものに対し、率直に共感を覚えています。ただ国民の多数も同じように思っていながら、逆行する動きを許してしまう現状が残念でなりません。

「安倍晋三首相が決断すれば『原発ゼロ』はできる」――。小泉純一郎元首相が2013年11月12日、東京・内幸町の日本記者クラブで行った会見が波紋を広げている。3.11後に開眼したという脱原発を主張する元首相の攻勢に菅義偉官房長官らは火消しに躍起だ。元首相の人気、世論への影響力は少なくないようで、安倍政権といえども小泉発言を完全に無視とはいかないのは間違いない。

小泉氏の主張をめぐり、翌13日付の朝刊各紙は賛否が分かれた。朝日新聞、毎日新聞、東京新聞が1面で大きく取り上げ、小泉氏の主張を前向きに評価 したのに対して、読売新聞は4面、日本経済新聞と産経新聞は3面で地味な扱いだった。原発推進の読売、日経、産経の中で、小泉氏に「原発即ゼロは無責任だ」と異を唱えたのは、産経の社説(14日付)くらいだった。

これには理由がある。小泉氏によると、元首相の脱原発発言が注目されるようになったのは、毎日新聞の山田孝男専門編集委員が8月、コラム「風知草」で取り上げてからだ。その後、注目されだした小泉氏の脱原発発言に、正面から異を唱えたのは読売新聞で、社説「小泉元首相発言『原発ゼロ』掲げる見識を疑う」(10月8日付)で、(1)原発の代替策について「知恵ある人が必ず出してくれる」と語るのは楽観的で無責任、(2)火力発電で燃料の輸入が増え、電気料金は上昇を続けている、(3)使用済み核燃料や放射性廃棄物の処分法は技術的に決着している――などと主張した。


これに対して、小泉氏は会見の冒頭、「読売の社説の批判に対して、私がどう思っているかということから始めたい」と、わざわざ名指しで反論。「原発ゼロという方針を政治が出せば、必ずいい案を作ってくれる。官僚も識者も集め、専門家の知恵を借りて進めていくべきだ」「原発をゼロにし、原発建設に向けた費用を再生可能エネルギーに振り向ければ、様々な代替エネルギーの開発が進んでいく」「日本で核のごみの最終処分場のめどをつけられると思う方が楽観的で無責任すぎる」などと、ボルテージを上げた。

実は小泉氏は今回の会見よりも先に読売新聞に寄稿して社説に反論している(10月19日付朝刊)。元首相が新聞の社説に反論し、寄稿までするのは異例だ。2005年8月の解散・総選挙で、刺客を擁立した小泉氏のしたたかさを彷彿とさせる。読売が小泉氏の主張を淡々と伝え、自民党の細田博之幹事長代行が「(小泉氏には)敬意を表するが(原発ゼロは)結論として正しくない」とコメントしたとの報道にとどめたのも、今なお人気の小泉氏との全面戦争を避けたいという思いがありそうだ。


「最終的には国民ですね。世論は軽視できない。大きな底流となっている世論をどう読むかも政治家として大事」「国民の声が、本当に原発ゼロが望ましいというのがだんだん政府に届いていけば、総理だって気づいてくると思いますよ。それが民主主義じゃないでしょうか」――。小泉氏からのそんな言葉が安倍首相を動かす気配は今のところない。【J-CASTニュース2013年11月20日

|

« 再び、平和フォーラムについて | トップページ | 2013年末、気ままに雑談放談 »

コメント

お久しぶりです!
脱原発でも明確に反転してきましたね~
本当に安倍政権の本質が明らかになってきましたよね
政権発足当初と比べて、まさに「馬脚をあらわす」と言ったところでしょうか
FBの方でブログ紹介させてもらいます

投稿: とある地域の自治労組合役員 | 2013年12月14日 (土) 19時49分

とある地域の自治労組合役員さん、お久しぶりです。コメントありがとうございました。

特定秘密保護法案が成立した直後の調査で安倍内閣の支持率は10%ほど下がりました。このまま下降線をたどるのかどうか分かりませんが、自民党政権に対抗する野党が「第二自民党」のような勢力にだけはなって欲しくないものと願っています。このような思いは次回以降の記事で綴らせていただくかも知れません。ぜひ、またご訪問願えれば幸いですので、これからもよろしくお願いします。

投稿: OTSU | 2013年12月14日 (土) 21時28分

そもそもあなたに言いたいのは読者に脱原発を云々する前に
連合地区協議会で脱原発の意見集約と機関決定をしてから出直して来いということですね。
具体的には電力総連、東電労とのつきあいをどうするのかということです。
そこを曖昧にしておいて一方で原発の問題を扱うのは卑怯だ。
もっと言えばあなたは役員として大石富巳夫氏の推薦に反対しないのかということです。
彼は立川市議である一方、在職中の東電社員ですよ、明らかに原発存置の側ではありませんか。
otsu氏の組合の支援議員と同じ民主系会派にいるのはおかしいでしょ?

投稿: 立川市民 | 2013年12月15日 (日) 11時35分

寒いですねえ。この寒波も地球温暖化の影響だとか
天候は地球全体の話なので難しいですね。

「ホワイトアウト」というと、真保裕一の作品でありましたね
のちに映画化もされました。山岳地帯で霧やガスで目前が真っ白で
なにも見えない状況をホワイトアウトと言うそうですが。

年末年始にスキーなどで山に行く方々は、霧は恐ろしいので
十分に注意をして楽しんで下さい。

投稿: nagi | 2013年12月15日 (日) 16時15分

立川市民さん、nagiさん、コメントありがとうございました。

これまで立川市民さんからは同じような批判が頻繁に寄せられていました。その都度、記事本文やコメント欄を通し、私なりの見解をお答えしてきました。東電労組の皆さんとも原発の話は交わしています。確かに連合としては明確な脱原発という方針に至っていません。一方で、推薦議員の首相補佐官だった長島昭久さんに対し、民主党として原発に依存しない社会に向けた行程表を早期に示して欲しいと要望した話も当ブログで紹介していました。そのような声が積み重なった結果だと思いますが、今回の記事の中でも触れたとおり民主党は「2030年代に原発稼働ゼロ」を公約としていました。

このような対話の機会を設けていくことで様々な課題の解決に向け、何らかの道が切り開けられることも信じています。したがって、ある課題が相容れないから「敵視」していく姿勢は問題だと考えています。大きな課題かも知れませんが、労働運動での総論的な方向性が一致できるにもかかわらず、原発という各論での立場が違うからと言って突き放すような関係性を「是」としていません。

立川市民さんは、立川市民さんなりの問題意識や人間関係の距離の置き方があるのかも知れませんが、「連合地区協議会で脱原発の意見集約と機関決定をしてから出直して来い」という指摘は、あまりにも独善的すぎるのではないでしょうか。言うまでもありませんが、この場で立川市民さん自身が正しいと信じている「答え」を積極的に披露されていくことを拒む立場ではありません。ぜひ、今回のような私のスタンスに対する批判よりも、閲覧されている皆さんが「なるほど」と思うような言葉の競い合いに力を注いでいただければ幸いです。

投稿: OTSU | 2013年12月15日 (日) 21時51分

>特定秘密保護法案が成立した直後の調査で安倍内閣の支持率は10%ほど下がりました。
世論調査がなんですって?↓
【朝日新聞】 特定秘密保護法アンケート、賛成が圧倒的! 削除もできずこっそり下部に隠す?
http://www.hoshusokuhou.com/archives/34907781.html

…ところで、特定秘密保護法案と原発、内容的にはいろいろと差異があるはずなのに、反対している面子がほとんど同じってのはどうなんでしょうかね?
まあいつものことだから「まーたこいつらか」と思うことしきりなんですが。

しかし、そんな中でも小泉元首相はなかなか斬新であり、そしてなかなかのインパクトです。…反原発のためならおそらく不倶戴天であっただろう彼にまで尻尾を振るOTSUさんの有様には少し引くのですが、そこは置いといてツッコミを試みたいと思います。

>原発ゼロという方針を政治が出せば、必ずいい案を作ってくれる。官僚も識者も集め、専門家の知恵を借りて進めていくべきだ
もうその論理はダメでしょう、絵に描いた餅をばらまきまくって政権を奪取した挙句「やっぱり駄目でした」と全部ひっくり返した前例を目の当たりにしてしまった現在では。
与党・首相の責任を考えれば逆だと思います。「原発ゼロ」派の官僚・識者・専門家が現実的な「いい案」を作った上で、その案ならできるだろうと政治が方針化するというならばわかります。
そして残念ながらそんな「いい案」なんか今のところ無いんです。だからこそ
>小泉氏からのそんな言葉が安倍首相を動かす気配は今のところない。
のではないのでしょうかね?

投稿: KEI | 2013年12月15日 (日) 22時43分

KEIさん、コメントありがとうございます。

あくまでも世論調査は目安であり、今回も「このまま下降線をたどるのかどうか分かりません」と記したとおりです。なお、「尻尾を振るOTSUさんの有様には少し引く」という表現が少し気になりましたが、これも今回の記事本文の最後に記したとおりです。また1週間、コメント欄から距離を置く予定のため、二言だけ感想的なレスを添えさせていただきました。

投稿: OTSU | 2013年12月15日 (日) 23時15分

はじめに
>これも今回の記事本文の最後に記したとおりです。
前の記事の時にも気になっていて「直言を避けて」という指摘になったのですが、こういう「言いましたよ」だけの表現だと具体的にどこを指しているのかが非常にわかりにくく反論がしにくいです。ご面倒でも「これも今回の記事本文の最後に記したとおり、○○です。」のように言いたいことを指定していただけると助かります。

さて、今回は「○○部分」を↓と推測した上で反論を試みます。
>もともと「誰が」よりも「どのような内容を」発言しているかが大事だと考えているため、小泉元首相の主張そのものに対し、率直に共感を覚えています。
でもこの発言、「あの小泉元首相が!」というバイアスを取り払ったら何の価値もない発言としか思えないのですが。だって「原発ゼロは首相が決断すれば多分できる!方策は自分は持ち合わせてないけど誰かが考えてくれるだろう!」ですよ?「アホか」と一蹴されるのがオチなのでは?

投稿: KEI | 2013年12月16日 (月) 02時10分

>KEI氏
日本ではなぜか、反原発運動=反戦平和運動=労働運動がセットに
なってるのですが、立場に関わらず、この手の都合の良い引用は
よくする手法です。
例えば、話題の秘密法に関して、よくある引用がアメリカではいかなる
公文書も開示するルールがある。と日頃反米運動を盛んにする団体が
引用するのでおもわず苦笑します。

だから今回の小泉発言もいろんな団体が食いつくでしょう。
節操のない話だと思うのですが、利用できるものは利用するのが
当然の方法と言えます。

私が心配するのは、最近の流れで 左翼=反日 の図式です。
保守とリベラルは先進国ならよくみる構図なのですが
日本は少し特異な状況になっています。保守もリベラルも両方共に
特殊な状況にあり、特にリベラルと自称したり呼ばれる方々が
異質に見えてしかたありません。
まあ私の目に色眼鏡が掛かってると批判されればそれまでですがね。

投稿: nagi | 2013年12月16日 (月) 11時50分

nagiさん

いえ、当たっていると思います。
両極端。今の日本は、ここに尽きませんか。

どんな世界でも一番重要なのはバランス感覚であり、極端な偏りはいずれ破綻を招く。
歴史を見てもそう感じる事例はいくらでもあるでしょう。

原発は止めた方がいい。
確実にそう言えるでしょう。

でも、今すぐ止めることがいいのか。
出来るならすぐにでも停止して欲しい考えの私でも、そこまで一気に出来るのか・・・・とも思います。

立場って、なんなんでしょうね。
先ずはここからでいいから、右も左もなく、一つ一つのことに正面から議論を進める環境が生まれて欲しいです。

投稿: 下っ端 | 2013年12月16日 (月) 21時21分

>下っ端氏
こんにちわ。早いもので師走ですね。年末に向けて頑張りましょう。

アインシュタインが次のような言葉を残しています。
「平和は力では保たれない。平和はただ分かりあうことで、達成できるのだ。」

良い言葉ですね。

下っ端氏が言うように、今の世の中は極端に走りすぎますね。そして
現実を無視した理想論が多すぎます。それとも現実を直視するのが
あまりにも困難なのでしょうか。暗い話ですね。

思うに我々が考えるべきことは、原発を稼動させるか停止させるかではなく
今まで享受してきた利便性の高い生活を今以上に求めるか、それとも
それを諦めるかに尽きるでしょう。総電気使用量が今の半分になれば
自然と原発など不用になり、再生可能エネルギーで十分にまかなえる
世の中になります。もちろん諦めることが多大にありますがね。
それを無視して、稼動だ停止だの論争はただの野次合戦です。
莫大なエネルギーを求めるから原発が必要になる。ならばそれを捨てれば良い。
たったこれだけのことです。

さて、はたしてどれだけの賛同を得られるでしょうか。

投稿: nagi | 2013年12月17日 (火) 11時36分

予想どおり、先日の閣議決定に対して某似非平和団体が非難声明を
出しましたね。近隣の中国が毎年10%以上の軍事費の増大。アジア諸国との
軋轢、防空識別圏の強硬など、それは一切無視しています。

やはりこの某似非平和団体は全体主義政権や軍事独裁政権の影響下に
あるのでしょうね。本当にアジア圏の平和が重要ならば、日本の動きにも
北朝鮮や中国の動きにも非難するのがバランスのとれた対応でしょう。

その内に、対馬を韓国に渡せとか、沖縄は中国に領有権があると
言い出すのかもしれません。その為には米軍基地があると困りますね
だから熱心に反対してるのかもしれません。
どうぞ、この某似非平和団体の活動を皆さん注視して下さい。

以前にこの某似非平和団体に行って直接聞いてみたらと言われたのですが
暴力団追放運動してる方々も直接事務所に乗り込んで言ったりしません。
旧社会党は北朝鮮と深い関係にあり、拉致被害者の情報が旧社会党を
通じて流れたとの情報が過去にありました。
この某似非平和団体も北朝鮮と深い関係にあるようなので、拉致される
危険性があるので直接聞くことは無理です。

投稿: nagi | 2013年12月18日 (水) 16時27分

KEIさん、nagiさん、下っ端さん、コメントありがとうございました。

このコメント欄を通し、さらに私からお答えすべき点もあろうかと思います。それでも誠に恐縮ですが、新たな記事本文に集中することで私なりの考え方などを綴らせていただく予定です。ぜひ、そのような点も含め、ご理解ご容赦くださるようよろしくお願いします。

投稿: OTSU | 2013年12月21日 (土) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130697/58641470

この記事へのトラックバック一覧です: 原発ホワイトアウト:

« 再び、平和フォーラムについて | トップページ | 2013年末、気ままに雑談放談 »