« 原発ホワイトアウト | トップページ | 年末の話、インデックスⅡ »

2013年12月22日 (日)

2013年末、気ままに雑談放談

昨年の今頃の出来事を随分前のように感じるのか、あるいは、つい最近の出来事のように感じるのか、様々なのではないでしょうか。いずれにしても433万余の驚異的な得票で猪瀬都知事が当選したのは昨年12月でした。その1年後、猪瀬都知事が辞任に追い込まれるとは誰も想像できなかったはずです。3年間で3回も都知事選が行なわれることになりますが、最近の記事「猪瀬都知事の5千万円」の中で綴ったとおり辞任は不可避だったものと思っています。

自民党が政権の座に戻ってからも1年過ぎました。景気回復という話も国民の多くは実感できていないような気がしています。安倍首相は財界に対して賃上げを要請する一方、経営者側の意向を反映させた解雇ルールの見直しなどが画策されています。また、国民の多数が将来的には原発ゼロを望む中、安倍政権はその思いとは相反した動きを続けています。それにもかかわらず、1年間、内閣支持率は高いまま推移してきました。

最近、特定秘密保護法案の扱いを巡り、支持率を下げたとは言え、まだ50%前後の数字を維持しています。したがって、このブログを訪れてくださっている皆さんのうち半数は、現政権を支持されている方々であるという見方が成り立ちます。このような見方は、私どもの組合員の皆さんに対しても同様です。ある組織に所属しているからと言って、その組織が支援している政党や政治家を支持しているかと言えば、決してそのような関係性にはなっていません。

そもそも物事には多面的な見方がある中、「自民党はダメ」という二項対立の発想では共感の輪が広がらないように感じています。安倍政権や自民党を支持されている方々にとって、「結論ありき」のような政権批判は不愉快な話だろうと思います。そのため、よりいっそう一つ一つの課題に対して「なぜなのか、どうすべきなのか」という丁寧な呼びかけが大事な試みだろうと考えています。組合活動の中でもそのような思いを強めているため、組合員の皆さんの手元に届く機関紙の新年号の挨拶の中でも触れている問題意識でした。

昨年末「多忙な日々、気ままに雑談放談」「政治が動く師走、雑談放談」「政治が動く師走、雑談放談 Part2」という記事を投稿していました。タイトルを最初に決めず、ここまで今回の記事を書き進めてきました。このまま気ままに書き進めようと考え、いつでも使い回しができるような安直な記事タイトルを今回も付けさせていただきました。その上で、前回記事「原発ホワイトアウト」のコメント欄で少し気になる指摘も受けていましたので、新規記事の本文を通して補足していくつもりです。

昨年春頃から徐々にコメント欄から距離を置き始め、現在は週末に更新する記事本文に集中するようになっています。ただ一切コメント投稿していない訳ではなく、記事本文に向かい合う土曜又は日曜日には一言二言レスするサイクルを定着させています。先週日曜の夜、小泉元首相の脱原発発言に際し、KEIさんから「尻尾を振るOTSUさんの有様には少し引く」というコメントが寄せられたため、すかさず私の考え方について「今回の記事本文の最後に記したとおりです」というレスを行なっていました。

前回の記事本文の最後には、もともと「誰が」よりも「どのような内容を」発言しているかが大事だと考えているため、小泉元首相の主張そのものに対し、率直に共感を覚えていることを記していました。それに対し、さらにKEIさんから深夜、こういう「言いましたよ」だけの表現だと具体的にどこを指しているのかが非常にわかりにくく反論がしにくいという指摘を受けていました。コメント欄に寄せられたご意見は、ほぼ毎日閲覧しています。また、平日夜にコメント投稿できる時間が取れない訳ではありませんので、週末を待たずにレスすべきケースもあるのかも知れません。

それでも自分自身で定めた線引きを守ることで「ブログに集中するのは週末」という日常生活の中でのメリハリを大切にさせていただいています。「雑談放談」とは言え、話が横道にそれながらで申し訳ありません。たいへんレスが遅くなりましたが、KEIさんの指摘を踏まえ、これからは「最後に記したとおり」という表現にとどめず、紹介先の具体的な記述内容も掲げるように努めていきます。その上で「尻尾を振る」発言に対し、もう少し私自身の問題意識を補足させていただきます。

確かに当ブログの過去の記事で、小泉元首相の言動を数多く批判してきました。そのスタンスが大きく変わった訳ではありません。一方で、このブログのコメント欄をはじめ、インターネット上の様々なサイトで幅広い見方や意見に触れてきました。同時に多種多様な書籍を読み漁ることで、前述したとおり物事には多面的な見方があることをよりいっそう感じ取ってきました。その結果、物事を二項対立の発想でとらえてしまうと、適切な評価や判断から遠ざかるような懸念を強めています。

つまり敵か味方か、敵対する側の言葉だから「信用できない、ダメだ」と決め付けるのではなく、冷静にその言葉の意味や真意を理解していこうとする姿勢が重要だろうと考えています。シロかクロか、拙速に「答え」を二者択一的に決め付けていくことの問題性も感じています。原発の問題に対する「正解」も簡単に見出せないのかも知れません。小泉元首相の脱原発発言に対し、KEIさんのように反発される方が多いことも認識しています。私自身は、小泉元首相が原発推進から考え方を改め、原発ゼロという政治目標を掲げる大切さを訴えていることを素直に歓迎している立場です。

前回の記事は「あの小泉元首相も」という意味合いで紹介したことを隠すつもりはありません。それでも「尻尾を振る」「節操のない話」というような批判を受けることには違和感がありました。繰り返しますが、「誰が」よりも「どのような内容を」発言しているかが大事な点ではないでしょうか。このブログを開設してから本当に幅広く多様な声に接してきたため、このような思いに至ったものと受けとめています。基本的にコメント欄は匿名での交流となるため、「誰が」は関係なく、「どのような内容を」発言されているのか、そのような関係性に尽きる話となります。

その一方で、反面教師とすべき「公務員は○○だ」「自治労は○○だ」というフィルターを通した見られ方も頻繁に寄せられていました。長々と気ままに書き進めてきましたが、最後に時事の話題の一つとして、一言だけ添えさせていただきます。先日、みんなの党を離党したメンバーで「結いの党」が結成されました。原発ゼロをめざすという点では応援したい政党となりますが、「民間と地域が主役」という謳い文句には「公務員は○○だ」という二項対立をあおるような図式を感じてしまいがちです。

|

« 原発ホワイトアウト | トップページ | 年末の話、インデックスⅡ »

コメント

「自治労は〇〇」に入る用語を書いてみました。
「自治労」をNHK・毎日新聞・TBS・朝日新聞・テレビ朝日に置き換えてもいい 

「自治労は左翼売国奴の集まりだ」
「自治労は中韓北朝鮮に与するスパイの集まりだ」
「自治労は中韓北朝鮮が日本の領土領海を侵略しても無抵抗で差し出す腰抜けの集まりだ」
「自治労は自分の親族が中韓北朝鮮に拉致されてもそれを容認する非人間的集まりだ」
「自治労は自ら義務を果たさず国に権利ばかりを主張する税金泥棒だ」
「自治労は日本を弱体化させ中韓北朝鮮の侵略に協力し不当に日本を貶める犯罪者どもだ」 

投稿: wassenaar | 2013年12月22日 (日) 21時41分

wassenaarさん、さっそく反面教師を実践いただき、ありがとうございます。できれば一つ一つ、そのように断言される根拠をお示しください。

投稿: OTSU | 2013年12月22日 (日) 22時17分

トピ主は自分はどれほど質問に対して的確に答えず、根拠も示さないのに
他者には根拠を示せと言うのは僕はおかしいと思いますね。
もうコメント欄からずっと撤収したらいいと僕は思いますね。
いろんな人からあいまい発言を非難され、日常的な意見交換すらできないと
指摘されてますね。意味不明の誤魔化し発言と論点ずらしばかりではもう誰も
トピ主の発言に興味がわかなくなりますよ。また攻撃されると嫌なのでそろそろ
ここから去りますね。批判者が減ってトピ主もうれしいでしょうし。

投稿: はぐれ猫 | 2013年12月23日 (月) 02時22分

はぐれ猫さん、おはようございます。コメントありがとうございました。

今回の記事本文に記したとおり「以前の記事で記したとおり」という言葉にとどめず、紹介先の具体的な記述内容も掲げるように努めていきます。以前の記事「批判意見と誹謗中傷の違い」の中で、下記のように記していました。

>「誹謗」という言葉を改めて電子辞書で調べれば「他人の悪口を言うこと」であり、「中傷」とは「根拠のない悪口を言い、他人の名誉を傷つけること」となっています。したがって、「政治活動に力を注ぐ自治労は問題だ」という批判意見に対し、「違法な活動に力を注ぐ自治労は問題だ」という中傷について、その決定的な違いは峻別しなければなりません。

>逮捕された際でも容疑者という言葉があり、犯罪者扱いはできません。コミュニケーションのツールとして言葉の使い方は絶対重要です。その言葉の意味が共通理解できなければ意思疎通は不可能です。また、罵詈雑言が先立てば、感情的な応酬となりがちで建設的な議論に繋がりにくくなります。そのような意味合いから、せめて特定の人物や団体を誹謗中傷するようなコメントだけは慎むように「お願い」を繰り返しています。

http://otsu.cocolog-nifty.com/tameiki/2013/03/post-468b.html

要するに「違法と思われる活動」と「違法な活動」の違いについて記していました。いずれにしても皆さんが思ったことを気軽に投稿できるような雰囲気のコメント欄を切望しています。そのため、殺伐した雰囲気でコメント投稿への敷居が高くなることだけは避けたいものと願い、そのような意味での「お願い」を繰り返しています。

なお、「意味不明の誤魔化し発言と論点ずらしばかりではもう誰もトピ主の発言に興味がわかなくなりますよ」と思われる方々が増え、訪問者が減っていくようであれば残念なことです。ただコメント数は以前に比べて減っていますが、幸いなことに訪問者数はそれほど変わっていません。

ちなみに「また攻撃されると嫌なのでそろそろ ここから去りますね。批判者が減ってトピ主もうれしいでしょうし」という指摘ですが、確かに以前、はぐれ猫さんのコメント内容を紹介しながら記事本文を綴ったことがあります。しかし、私から「攻撃」しているつもりはありませんので、少し過敏な印象を受けています。

また、誹謗中傷は慎んていただくようお願いしていますが、批判意見は歓迎している立場です。したがって、批判者が減ること自体をうれしく思うことはありません。はぐれ猫さんのようなコメントも自分自身にとって意外な見られ方の発見や驚きに繋げられ、貴重なことだと考えています。ぜひ、これからもお時間があって、気が向かれた時、訪問願えれば幸いです。

投稿: OTSU | 2013年12月23日 (月) 07時23分

追加
「自治労は日本人の貴重な税金で生活しているにかかわらず日本国を貶める活動をする反国家寄生虫どもである」
 お前ら大好きな中韓北朝鮮で生活しろよ!

 「レッテル貼り」というお前らの常とう手段を活用させていただいています。
 ちょっと長くてインパクトが欠けるね。

「自治労は赤でしょう!」
「自治労は国賊でしょう!」
「自治労は敵でしょう!」

 ってところか。

投稿: wassenaar | 2013年12月23日 (月) 13時07分

wassenaarさん、たびたび訪問いただき、ありがとうございます。

批判意見と誹謗中傷の違いについて、さらにフィルターを通して物事を見ることの問題性を提起させていただいています。ぜひ、匿名の場とは言え、この場での「お願い」に対する理解や常識的な対応をおはかりください。よろしくお願いします。

投稿: OTSU | 2013年12月23日 (月) 21時10分

 じゃあ「自治労」に問う。

 今日は天皇誕生日だ。
 「天皇陛下万歳!」と「自治労」の売国奴どもは素直に心から言えるのか?

 言えないだろ!
 お前らの「理解や常識的な対応」では。

 フン。俺の「理解や常識的な対応」でこの場を利用させていただいているにすぎないのであしからず。

 「売国奴」「寄生虫」の巣窟「自治労」にかわって、不肖私が、日本國の発展を祈念し、謹んで申し上げます。

 「天皇陛下万歳!」「万歳!」「万歳!」「万歳!」

 

投稿: wassenaar | 2013年12月23日 (月) 21時29分

最初に断っておくと、私は保守的な考えを持つものだと思う。
おそらく客観的に見て、私のことを左寄りと言う者は居ないと思うし、
もちろん、今までに言われた経験もない。

そういう者から↑の書き込みに関して、

考えを異にする者を批判することは自由だし、
ここの管理人のスタンスでは、言われるのも当然と感じる部分もある。

しかしながら、相手を貶める行為に天皇陛下を利用することは下種の極みだ。
↑の言葉は、あまりにも不敬だと指摘せざるを得ない。


逆に管理人は、そう言われる要因は自分の内にあることを自覚すべきとも思う。
一般であれば「疑いが真」の証明は、指摘する側に説明する義務がある。
しかし、公に属する者の場合「疑いが偽」の証明は、指摘された側に説明する義務がある。

それが公というものだし、李下に冠を正さず、と古くから言われる所以でもある。
それが出来ないという者は、素直に公に属する立場から去るべきだ。

投稿: シグ忘れ | 2013年12月23日 (月) 22時01分

「↑の言葉は、あまりにも不敬」????????????
 どこが?
 具体的に言ってみろよ!

 ところで、「自治労」が大好きな中国では、以下のような犯罪が横行している。
 北朝鮮では、「張成沢」が突然「銃殺」だぜ。
 韓国じゃあ次々に司法が過去にさかのぼって反日判決を繰り返している。やれ金をよこせだの、仏像は返さなくていいだの、法治国家じゃあないだろ。

 お前らが大好きな国々はあまりにも醜悪だ。
 そんな中韓北朝鮮に肩入れする「自治労」を「売国奴」「寄生虫」と呼んでも何ら批判されるいわれはないわな。
--------------------------------------------------------
不倫拒否で腹いせに事件でっちあげ逮捕、即懲役刑 “女子大学生”を襲ったゆがんだ司法
2013.12.23 18:00 産経ニュース[中国トンデモ事件簿]

 雇い主から関係を迫られ拒否したところ詐欺容疑で逮捕され、わずか2日後に有罪判決を受け収監されている女性の再審が今月、海南省で始まった。逮捕から3日で結審し「神速」と評された1審の裁判には海南省の元副省長が関わっており、公正さからはほど遠いゆがんだ司法の姿を浮き彫りにしている。(田中靖人)

「神速」裁判

 中国共産党の機関紙、人民日報のサイト「人民網」が16日付で報じたところによると、海南省白沙リー族自治県法院(地裁)で最近、四川省成都出身の女性(25)の詐欺事件の再審が始まった。
 報道を総合すると、女性は11万元(約188万円)を同県の酒造会社代表からだまし取った容疑で、昨年5月16日に逮捕された。県検察は翌17日に起訴。さらに翌18日には同法院で裁判が開かれて即日結審し、懲役2年6月の判決が言い渡された。
 この間、わずか3日。女性は「神速」と評されたこの判決を不服として控訴し、海南省第2中級人民法院は今年10月、1審の手続きは違法だとして審理を差し戻した。

奇想天外な告訴

 実は、この女性にだまされたと告訴した酒造会社代表が、海南省の副省長を務めた人物だった。この人物は海南省から湖北省の副省長に転じた後、賄賂を受け取って職務上の便宜を図ったとして党籍を剥奪され、1999年12月から10年間、懲役刑に服していた。出所後、影響力が残る海南省に戻り、酒造会社の代表に就いていた。
 元副省長は昨年4月、告訴状を提出。告訴や検察の起訴内容によると、女性が2010年、台湾のある政党の副主席を名乗って酒造会社の台湾進出を持ちかけ、進出に必要なある「組織」の入会費として11万元をだまし取ったというのだ。この時、女性は大学を出たての22歳。女性の弁護人は「長年、政治に携わった人生経験や知識レベルからして、一介の女の子が聞いたこともない台湾の政党の副主席だと信じるとは、常識に合わない」と反論している。

警察もグル?

 だが、告訴状を受理した白沙県の公安当局は、「11億元(約118億円)」の詐欺容疑者として女性を指名手配。女性の両親によると、女性は指名手配を知って四川省成都市の派出所に事情を説明に行ったところ、“出頭”したことにされたという。白沙県の公安当局はその後、あっさりと金額の「書き間違い」を認めた。

真相は?

 今月17日付の人民網の記事によると、女性の父親は告訴自体が「謀略だ」と訴えている。女性は大学卒業直前の10年後半、ネット上の求人情報を元にある組織の「総会長」の助手に応募。就職後、妻子のいる総会長から関係を迫られたという。この総会長は元副省長と長年の友人で、関係を拒否したことから「2人が一緒になり彼女を陥れた」と主張している。
 新聞各紙は「神速」裁判について、元副省長が司法当局に圧力をかけた可能性を疑っており、18日付の新京報(電子版)は「再審だけでは不十分で、神速裁判に裏があるのかないのか徹底調査する必要がある」とする論評を掲載している。

投稿: wassenaar | 2013年12月23日 (月) 22時21分

興味深い記事を読みました。スーダンでPKO派遣されている
韓国軍に銃弾を提供したことです。

韓国軍が自衛の武器が不足し、国連を通じて弾薬譲渡養要請があった。
日本は緊急性を認め譲渡した。

さて、最近のゴタゴタが多い日韓で、この行為は英断ですね。隣国で
友好が大切なら危機に瀕したら助ける。これは重要な行為ですね。

しかしPKO協力法の例外とか。この件でどのような批判がでるか
注目ですね。日頃韓国よりのマスコミなどは無視するかあるいは
ゆがんだ批判をするのですかね。
そして最注目は、某似非平和団体ですね。今回も華麗にスルーか
それとも目的を無視して行為だけを責めるのか注目です。

>wassenaar氏
批判であれ賞賛であれ、「天皇家」を引用するのは見苦しいの一言です。

>シグ忘れ氏
内容に賛同します。

>しかし、公に属する者の場合「疑いが偽」の証明は、指摘された側に説明する義務がある。

ですね。結局、情報を発信して誤解を解くという目的は達成が困難に思えますね。

投稿: nagi | 2013年12月24日 (火) 09時21分

「批判であれ賞賛であれ、「天皇家」を引用するのは見苦しい」

 俺は天皇を「畏敬」しているのであって「賞賛」しているわけではない。
 そして「天皇家」とひとことも書いたことがない。

 第125代今上天皇陛下は、「賞賛」の対象ではない。「畏敬」の対象だ。
 我々臣民は、ただ「畏敬」していればいいのだ。

 陛下の誕生日を心から寿ぎ、「畏敬」を込めて「万歳」を唱えるのは臣民の務めだ。

 なぜ、それが「見苦しい」と批判されるのか、全く理解できない。

 ◇

 ところで、武器輸出が何らか問題があるとすればそれは法律で規制されるべきものだろう。
 武器輸出は、事実上、外為法と輸出貿易管理令によって、規制されているが、今回の事例は、武器輸出といえるだろうか。
 そもそも外為法に「武器」「輸出」「武器輸出」が定義されていない。
 何をもって「武器」「輸出」「武器輸出」というのか、規制法令では不明確なのだ。

 今回の事例は、既に国外にある自衛隊の「弾薬」が韓国軍に提供されたにすぎない。

 この協力行為は、「武器」を「輸出」したことになるのか?

 じゃあ「武器」って何だ。「弾薬」は「武器」か?

 じゃあ「輸出」って何だ。「既に国外にある弾薬を他国軍に提供する」って「輸出」か?

 マスコミは問題を言い立てるのみで、何が問題なのか、法令の根拠を具体的に示せない。

 左翼・売国マスコミの報道姿勢には呆れるばかりだ。

 日韓が軍事的に海外で協力しているだけなんだから、何も問題ないわな。

---------------------------------
銃弾提供「韓国から要請あった」 菅長官、韓国報道官発言に反論 2013.12.24 14:56 産経ニュース

 菅義偉官房長官は24日の記者会見で、南スーダンに国連平和維持活動(PKO)で展開する韓国軍への銃弾提供をめぐり韓国国防省報道官が「(銃弾は)不足していない」との認識を示したことに反論した。
 「日本政府には国連、韓国から要請があった。それが全ての事実だ」と述べた。
 銃弾提供後、国連から日本政府に謝意が示され、現地の韓国軍からも自衛隊に謝意の表明があったことも明らかにした。
 南スーダン情勢については「予断を許さない状況だ。十分に自衛隊員の安全を確保しながら活動していく」と強調した。

---------------------------------
「あくまで人道支援」と岸田氏、三原則見直しと区別 2013.12.24 12:09 産経ニュース

 岸田文雄外相は24日午前の記者会見で、国連平和維持活動(PKO)で南スーダンに展開する韓国軍に対し銃弾1万発を提供したことについて「今回は人道的見地や緊急性を考え、例外的措置として武器輸出三原則によらないこととした」と述べ、ただちに三原則の見直しにはつながらないとの認識を示した。
 岸田氏は「韓国軍と弾薬を共有するのは自衛隊のみという事情もあり、韓国軍の隊員や(戦闘から逃れた)避難民の生命財産を守るため、総合的に判断した」と指摘。
 また、「今回はあくまでPKO協力法第25条の『物資協力』の枠組みで協力したのであり、(三原則の見直しは)冷静な議論の積み重ねが必要だ」と述べた。

投稿: wassenaar | 2013年12月24日 (火) 18時52分

>臣民

左寄り過ぎるのもどうかと思いますが、右過ぎるのもねぇ。

というか、臣民って誰のことを言っているのですか?
私は日本国民であって、天皇陛下の臣民ではない。

陛下のことは人としてとても尊敬していますが、臣民であると思ったことは一度もありません。
左を「売国奴」と言うのなら、右は何とお呼びすればいいのですかね?

普通の感覚を持つ市民からすれば、どっちも非現実的な感覚でありますが。

投稿: 下っ端 | 2013年12月24日 (火) 21時34分

>下っ端氏

右も左も行き過ぎると隣人になると言われていますが、
国家社会主義も全体主義も軍事独裁政権も、そこで生きる人々の
不自由さはかわりありませんね。

>左を「売国奴」と言うのなら、右は何とお呼びすればいいのですかね?

おもしろい質問ですね。どのような言葉が相応しいか難しいですが
私が思うに「亡国奴」ですかね。国を亡きものにする人物との意味合いです。

正真正銘の年末ですね。
安らかにすごしたいですね。

投稿: nagi | 2013年12月25日 (水) 09時17分

やはり予想どおり某似非平和団体が、韓国軍に銃弾供与を非難する
声明を出しました。今年の韓国からの嫌がらせじみた行為がありながら
現場での対応には素晴らしいと拍手したいと私は思います。

この某似非平和団体は声明で、その銃弾でどれほどの命が奪われるかと
主張してるのですが、ではPKO部隊が撤収し虐殺が行われるのを
見過ごせと主張してるのか。現実の平和と乖離する主義主張など
どのような価値があるのか。
ならば、現地のスーダンに行って、反政府軍に停戦を呼びかけるなり
韓国軍に素手で対処するように求めたらどうだろう。
主張があまりにも酷すぎかつ、現実の危機を完全に無視した机上の空論で
平和を語られても理解不能です。このような人物こそが戦争をおこすの
でしょうね。

それと、ようやく安倍総理が靖国神社に参拝しました。
賛否はどうあれ、これで、また某似非平和団体が見苦しい非難声明を出す
ことでしょう。
中国でどれほど人権が踏みじられ、環境が汚染され、軍備が進められ
平和が乱されようと、一切見ない、聞かない、活動しない。
そして日本国内でも、あまり報道されない人権侵害やヘイトクライムが
あるが、もちろんそれも、一切見ない、聞かない、活動しない。

自分達が好きな反米活動や中国や韓国や北朝鮮の主張近い活動に熱心です。

このような団体が平和や環境や人権問題に取組むと発言すのは、極めて大掛かりな
詐欺行為にすぎない。本当に止めていただきたい。

投稿: nagi | 2013年12月26日 (木) 12時25分

>>>左を「売国奴」と言うのなら、右は何とお呼びすればいいのですかね

 愛國者と呼んでください

投稿: | 2013年12月26日 (木) 17時19分

↑↑↑↑

投稿: wassenaar | 2013年12月26日 (木) 17時20分

>愛國者と呼んでください

わざわざ「國」の字を使う演出までして。
なかなかジョーク、いやギャグがお上手なようで。

さて、靖国神社参拝ですか・・・・・

戦没者に手を合わせることに何ら異論はありません。
首相といえども、その「行為」自体は良いことであると思えます。

しかし、なぜ靖国神社なのでしょう。

靖国神社
1869年、明治新政府によって戊辰戦争で亡くなった官軍の兵隊を弔うために建てられた。

作られた由来を見てみると、この施設ではなければいけない理由が見あたりません。
そもそも過去にどこかの地裁で、憲法違反の宗教的活動に該当する・・・との司法判断も出されていたはずです。
神社ではなく、無宗教の国立追悼施設を作ることはできないのでしょうか?

どなたか、国立の慰霊施設ではダメな理由、靖国でなくてはならない明確なる理由を知っている方がいたら、ご教授ください。

私には参拝の行為を問題にする以前に、そもそも靖国でなくてはならない理由が理解できません。

投稿: 下っ端 | 2013年12月26日 (木) 19時47分

下っ端さん

>国立の慰霊施設ではダメな理由、靖国でなくてはならない明確なる理由

ここは「心の拠り所」という面があるので、誰もが納得できる理由はないと思う。

しかし、靖国は由来はどうであれ戦前戦中は軍の管理下にあったことから、
多くの方が「靖国で会おうと」と言い残して尊い命を犠牲された事実がある。

このことから靖国から別の国立慰霊施設に移転とは出来ないのだと思っている。

戦争で命をかけた方々には、その瞬間にはそれぞれの尊い思いがあった筈であり、
現代の基準で、戦争の是非や、関わった方々の罪を議論して
その思いを反故にする真似は出来ないと考えているし、
せめて、死んだ後にまで裏切られる思いをさせたくないと考える。

理由としてはそんな感じかと思うし、私は靖国の存在は尊いと感じている。
もちろん感じ方は人それぞれだと思うが、死者に罪はなく裏切るべきでもないと思う。

投稿: シグ忘れ | 2013年12月26日 (木) 22時06分

書き忘れたことがあったので追記させてもらうと、
私は今日の安倍総理の靖国参拝を支持していない。

個人としての思いはどうであれ、今現在の立場は総理大臣であるので、
外交上の国益を優先するべきときだったと思う。

それは弱腰外交を意味するのではなく、
今は、ただ淡々と中国や韓国の主張の矛盾点を際立たせるのに徹し、
国際社会に両国の異常さを知らしめる期間だったと思うからだ。

日本は、単に外交の窓口は常にオープンとの姿勢から動かなければ、
遠からず中国や韓国は自滅したと感じているだけに失望させられた。
これでは日本の姿勢にも問題があると欧米各国は認識するだろう。

時には、何もせずに淡々と矛盾点を指摘しつつ待つ姿勢も必要だ。

例えば、ここのコメントの最初にある「自治労は○○だ」のフレーズも
例示された幾つかは既に多数の共感を得るものになっていると思う

だからnagiさんのように、淡々と矛盾点を指摘し続けていれば、
自治労を初めとする似非労働組合は近いうちに倒される筈だ。
しかし、逆に指摘する側が極端な言動でスキをみせてしまえば、
カウンターパートを得て、このような団体さえも延命してしまう。

だから、今日は重ね重ね残念だったと思う。


まあ、コメント欄は管理人のレベルに比例するものでもあるので
カウンターパートが出てきてしまうのは当然とも言えるが。。。。

投稿: シグ忘れ | 2013年12月26日 (木) 22時32分

>私には参拝の行為を問題にする以前に、そもそも靖国でなくてはならない理由が理解できません。
そういえば前にも下っ端さんと「靖国」でやりあったなあ・・・と思ってバックナンバーを読んでみたら、 wassenaarさんもはぐれ猫さんもnagiさんもいてワオ!ってなったKEIです。↓
改憲の動きに一言二言
http://otsu.cocolog-nifty.com/tameiki/2013/04/post-9f97.html

どうもちゃんとした反論をいただけないまま「右」と一緒くたにされてスルーされた印象がありますので再掲いたしますねー。
>>逆に聞きたいのですが、なぜ靖国ではいけないのでしょうか?伝統もあるんだし、ワザワザ別の施設を作る必要もないのでは?
>>あ、「中朝韓が騒ぐから」以外の理由でお願いしますね。朝日新聞のご注進とやらで政治問題化したのが1985年、
>>講和条約から30年以上は当たり前のこととして何の問題もなかったんですからね。

>そもそも過去にどこかの地裁で、憲法違反の宗教的活動に該当する・・・との司法判断も出されていたはずです。
さて、なぜ地裁なんでしょうか?どうして政府は控訴・上告して高裁や最高裁の判断を仰がなかったのでしょうか?
理由は簡単。判決主文では原告敗訴としておいて「傍論」という名のスタンドプレーで「違憲判断」とやらをしているからです。
そして原告に敗訴を確定させられると政府は控訴できない・・・と。汚ねえ話ですねー。

>左を「売国奴」と言うのなら、右は何とお呼びすればいいのですかね?
本来、右翼も左翼も思想の方向性が違うだけで、国のためを想う目的は共通しているはずなんですけどねー。・・・なぜか日本のサヨクにはその目的がどっかへ行ってる売国奴が多いってだけで。
あと、右にも売国奴はいると思います。俗にいう「アメポチ」ってやつを拗らせてアメリカの都合を第一に考えちゃうような輩が。

・・・横槍だけってのもアレなので、本題にも少し触れます。
>基本的にコメント欄は匿名での交流となるため、「誰が」は関係なく、「どのような内容を」発言されているのか、そのような関係性に尽きる話となります。
「ネット社会において発言者の年齢や肩書といった社会的地位など何の役にも立たない」という意味においては同意です。ただ、「『○○さんは』、今まで『どのような内容を』発言されている方なのか」という意味においては「誰が」も大きな要素であると僕は思います。
さて、ネット上での小泉元首相の評価の中に、「稀代のケンカ師」だとか「プロレスラー」だとかの妙なものが飛び交っています。そして今回の反原発発言はホイホイついてきた連中がとんでもない目に遭う罠なのではないか・・・と、まことしやかに囁かれています。いままでの彼の経歴や言動を鑑みるに妙に納得できるのが面白いところです。

投稿: KEI | 2013年12月27日 (金) 01時20分

シグ忘れさん、KEIさんありがとうございます。

シグ忘れさんの追記が同じ意見であります。
結局は、靖国って世界から認められない既成事実ができあがってしまっている。
それは中韓の策略に負けたということでしょう。

この事実が既成化されているなかで、さらに相手に口実を与える行為は、やはり国益を大きく損なう行為ではないでしょうか。

もう靖国では無理なんですよ。
やはり、国立の無宗教な追悼施設を作り、国内外の誰もが参拝でき、文句を言われないようにすべきでは。

せっかく中韓の言いがかりを世界が気付きだしたのに、振り出し以前に戻ってしまいましたね。

投稿: 下っ端 | 2013年12月27日 (金) 06時53分

下っ端さん

> もう靖国では無理なんですよ。
> やはり、国立の無宗教な追悼施設を作り、国内外の誰もが参拝でき、文句を言われないようにすべきでは。

靖国から無宗教な追悼施設へとは、私は決して思わない。
あくまでも「靖国で会おう」と亡くなった方が居るのだから
そのままの形で残していくことも、また日本人としての義務と思う。

ただ、今は参拝よりも外交上重要視すべき戦略があった。ただ、それだけのこと。

外交上の勝利を得て、中国・韓国の自滅を確定的なものにしてから
堂々と参拝すればよかった。それだけ。

日本という国が、何処からもいちゃもんを付けられず堂々と存在する。
それを勝ち取ることが、先の戦争で亡くなった方に対して
報いることが出来る唯一のことだと思う。

何も銃弾を打ち合うことだけが戦争ではない。
今の中国と韓国との外交は、十分戦争状態だと認識すべきと考えている。

投稿: シグ忘れ | 2013年12月27日 (金) 07時58分

やはり今日の紙面は靖国神社参拝で一色ですね。

よく言われる無宗教の施設なんですが、その話が国民からではなく
外部からの圧力で始まるのなら、今度は国内で強烈な反発を受けるから
難しいでしょうね。そのようなことをすれば国内のナショナリズムが
高まること間違いなしです。

残念なことに、諸外国にとって、行為の善悪など興味はありません。
単純に自国の利益にとってどうかしか興味がないからです。
もし善悪で判断するのならばイスラエルの行為を非難しないのは
矛盾してますね。テロリストを殺害する為に住宅地に爆弾を落とす。
その為に市民が多数死んだ。しかし欧米は支持する。
これはイスラエルやユダヤ系の力を恐れる所以ですね。

だから、中国の力が強大になりつつあるので、欧米も靖国問題に
反応するわけです。これが韓国と日本だけならきっと反応しないでしょう。

問題は、これで中国が軍事的圧力を強めることですね。そうすると
日本も国民の安全や領土を守るとの主張のもと、軍備に進めるわけです。
ますます緊張が高まるわけです。来年は本当に危険な年かもしれませんね。

こういう時に、緊張を緩和させることができる、人物や団体が発言することを
期待したいのですが、日本には、政治活動や偏向した思想信条活動をする為の
似非平和団体しかありません。このような団体が声明を出すほど、日本は
本当に右傾化していくでしょうね。恐ろしい話です。

投稿: nagi | 2013年12月27日 (金) 09時25分

もう年の瀬なのに、某似非平和団体はさっそく靖国参拝に対して
非難声明を出してますね。思うに中国と韓国と某似非平和団体は
トリオですね。言ってることが同じですから。

まあ、OTSU氏が懸念する緊張状態は高まるばかりですし
偶発による軍事衝突も、かなり危険な状況ですね。
なのに某似非平和団体はますます国内のナショナリズムを
煽るような発言を繰り返してますね。本当は国民の嫌悪感を
利用して戦争を誘発させるのが目的かなあと勘ぐってしまいます。

日本がどれほど譲っても、譲らなくても韓国も中国もそれぞれ
思惑で行動してるから、それに反発するのも追従するのも
無意味ですね。国内では無視し報道しない。対外的には
日本の考えを丁寧に説明する。これに尽きるのですがね。

とりあえず来年は、北朝鮮から勲章貰って喜ぶ方々がたくさん
いるような団体ではなくて、本当に平和を現実的な視線から
考え行動する人々に立ち上がってほしく思います。
私も行動したいと考えております。

投稿: nagi | 2013年12月27日 (金) 16時11分

>だからnagiさんのように、淡々と矛盾点を指摘し続けていれば、
>自治労を初めとする似非労働組合は近いうちに倒される筈だ。
そんなバカな。今まで数々の論敵をのらりくらりと躱してきたOTSUさんの戦績を見ていないのですか?
>しかし、逆に指摘する側が極端な言動でスキをみせてしまえば、
>カウンターパートを得て、このような団体さえも延命してしまう。
そしてその戦績はすべて敵失によるカウンターによるものですと?節穴ですか?

>時には、何もせずに淡々と矛盾点を指摘しつつ待つ姿勢も必要だ。
今まで「何もせず」「待って」きたからこそ、こんなにも増長してしまったんではないでしょうかね?
いい加減戦略の転換を図るべきで、今がその時なのかもしれませんよ?

>結局は、靖国って世界から認められない既成事実ができあがってしまっている。
「世界」ってどこのことですか?極東とアメリカだけを指していたりはしませんか?
>この事実が既成化されているなかで、さらに相手に口実を与える行為は、やはり国益を大きく損なう行為ではないでしょうか。
そもそも既成事実であるという認識がおかしいし、仮に既成事実だとしてもそれに甘んじて良いわけがないんですが。
大体、靖国問題については、ヒトラーの墓と同一視されたり、すでに名誉回復されていているにもかかわらず未だに「戦犯」呼ばわりされたりと誤解が蔓延しています。誤解を解く方向に動いていくべきかと思うのですが、どうなんでしょうね?

>やはり、国立の無宗教な追悼施設を作り、国内外の誰もが参拝でき、文句を言われないようにすべきでは。
あのー、仮にそうしたとして、文句を言われない保証なんてどこにあるんですか?
どうも自分に都合のいいところだけ楽観的に語っている気がするんですが、気のせいですか?

>せっかく中韓の言いがかりを世界が気付きだしたのに、振り出し以前に戻ってしまいましたね。
そこは本当に「振り出し以前」なのかな?「振り出し以前」だと思いたいだけなんじゃないのかな?

・・・以上、ツッコミ大好きKEIでした。

投稿: KEI | 2013年12月28日 (土) 03時11分

nagiさんの「中国と韓国と某似非平和団体はトリオ」は同感です。

なぜそうなのかはさておき、日本の国益と一致しない周辺国の国益に

沿う主張を続けているわけですから日本の国益を削ぐ勢力、すなわち

売国勢力であるといえるでしょう。

そしてその活動を支持しているわけですから自治労も売国勢力の一端を

担っているとわたしは判断します。

ちなみに売国活動だからいけないというつもりはありません。


靖国の件、結果は予想されていたのですからこの機会に大々的に

国際社会や全世界の人々に日本としての主張をしていくのであれば

良いと思います。

攻めの姿勢がよりよいと考えます。一つ事例を挙げます。
---------------------------------------------------------------
1995年に、コダックは突然日本の写真市場が閉鎖的だとして、
米国通商代表部(USTR)に通商法301条提訴を行ないました。
・・・略・・・
それまでは、自動車にしても家電製品にしても、こういった
貿易摩擦に関しては、各企業は様子を見て事態の沈静化を待つ
というというものでしたが、このコダックの提訴に対して
富士フイルムは、すぐさま「歴史の改ざん」(Rewriting History)
という、コダックの主張のひとつひとつを丁寧に反証した膨大な資料
を発表し、USTRのみならず内外のメディアに配布するだけではなく、
インターネットにホームページを急遽立ち上げ、日英両文で掲載したのです。
それこそ世界初の試みであり世界中が注目したことはいうまでもありません。
世界中の誰もが冷静に事実を判断する材料をインターネットで入手できたわけです。
最終的には98年1月のWTOパネルの最終レポートで日本側の主張が全面的に
認められ、米国側も上告を断念せざるをえませんでした。
インターネットが、世界の世論、さらにアメリカの世論をも動かしたのです。
---------------------------------------------------------------
ソース
http://ohnishi.livedoor.biz/archives/5234232.html


全世界の政府だけでなく、全世界の人々に向けて日本を取り巻く

状況理解、平和への取り組み、日本の主張が理解されるよう、

オープン、かつ大々的に説明をしていくべきでしょう。


投稿: たろう | 2013年12月28日 (土) 05時38分

連投ですみません。

以下の記事で興味深い箇所を見かけました。
靖国でもそうですがこの国のマスコミは本当に異常。

【毎日新聞】<辺野古埋め立て>知事の承認に「変節だ」反対渦巻く
----------------------------------------------------------------
同県北谷(ちゃたん)町のアルバイト、宮里歩さん(34)は
「知事は『いい正月を迎えられる』と言っていたが、とんでもない。
ウチナーンチュ(沖縄の人)の心を忘れてしまったのだろう」と強く批判した。
----------------------------------------------------------------
ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131227-00000112-mai-pol

この方は共産党の方ですね。町議会議員ってアルバイトなんでしょうか(笑)
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-215439-storytopic-3.html
ソース

投稿: たろう | 2013年12月28日 (土) 07時45分

たろうさん

>>だからnagiさんのように、淡々と矛盾点を指摘し続けていれば、
>>自治労を初めとする似非労働組合は近いうちに倒される筈だ。
>そんなバカな。今まで数々の論敵をのらりくらりと躱してきたOTSUさんの戦績を見ていないのですか?

管理人の書き込みを見て、やり様を分析して言っていることだ。
今まではネット上で意見をぶつけてきた者が居たというだけの話で、
ネット以外で直接管理人に矛盾を指摘できては居なかった。
現実の生活に影響がないから、ネット上では幾らでも躱せるというだけだ。

ただ最近になって、世論も大きく変わる様子を見せてきており、
後は淡々とその世論を煽れば、管理人やその団体を倒せる筈と思っている。

私は、最初から管理人のことを話が出来る人物や団体とは見ていない。
この国から排除するために、どちらが世論の多数を占めるか。それだけの話だ。

ただ、日本人は極端を嫌う傾向にあるので、淡々と矛盾点を指摘するだけでいい。
そして管理人やその団体が、実は極端な位置に居る存在だと世間に判らせるだけで十分だ。

だから、管理人やその団体に対し敵意をむき出しに直接的な行動に出れば、
極端な立ち居地ではないと見られ、逆に延命させることになると思っている。

日本の労働組合は基本的に極端な立ち位置に居る似非だ。
最近話題のJR北海道の問題でも、少し分析すれば労組と過度な解雇規定が
事故の主要因を作ったと判ってくるはずだ。

だから、その時に少し煽れば十分だ。


>>時には、何もせずに淡々と矛盾点を指摘しつつ待つ姿勢も必要だ。
>今まで「何もせず」「待って」きたからこそ、こんなにも増長してしまったんではないでしょうかね?
>いい加減戦略の転換を図るべきで、今がその時なのかもしれませんよ?

当然、戦略の転換は図るし、現在進行形で図られてきた最中だったと思っている。

今までは「何もせず」かつ「何も言わず」にいたから増長された結果になった。
それは日本人が言い争いではなく寡黙を美徳としたからだ。

しかし、世界では主張し続ける必要がある。
だから「何もせず」「ただ相手の言い分の矛盾点は主張する」ことをすれば良い。
実は、これだけで中国や韓国の外交は自滅すると考える。

外交で双方の言い分を主張すれば、嘘が多いほうが結局は負ける。
中国や韓国が自滅しない訳はない。

投稿: シグ忘れ | 2013年12月28日 (土) 13時40分

連投申し訳ない。

上記は「たろうさん」宛ではなく「 KEI」さん宛が正解。
お詫びのうえ訂正する。

投稿: シグ忘れ | 2013年12月28日 (土) 13時45分

 安倍総理の靖國参拝について、日本のメディアは米国大使館のステートメントの「失望している」(disappoint)しか報道しない。
 このステートメントには後があって、最後は「首相の過去への反省と日本の平和への決意を再確認する表現に注目する。」とバランスをとっている。
 「take note」は「注目する」というよりは「留意する」くらいでは?と思うが、まあそれよりやや強めのニュアンスだよ・・いうことか。
 要は、その言やよし、ならば行動で示せ、という感じだろうか?
 しかし売国左翼反日の日本メディアの報道を見ると「米国ですら強く否定している」と印象操作されている。
 日本のメディアは国民の知る権利にきちんと応えているのか、と問いたいね。
 事実をきちんと伝えることのできない売国売文メディアばかりで、それらに洗脳されてきたのが自治労なんだろう。
 さらに言えば、自民政権の対米追従を常々批判してきたメディアが、安倍総理のこの英断に対し、米国に追従し批判するのって矛盾しまくっている。
(以下全文引用、在日米国大使館のサイトより)
Statement on Prime Minister Abe's December 26 Visit to Yasukuni Shrine
December 26, 2013
Japan is a valued ally and friend. Nevertheless, the United States is disappointed that Japan's leadership has taken an action that will exacerbate tensions with Japan's neighbors.
The United States hopes that both Japan and its neighbors will find constructive ways to deal with sensitive issues from the past, to improve their relations, and to promote cooperation in advancing our shared goals of regional peace and stability.
We take note of the Prime Minister’s expression of remorse for the past and his reaffirmation of Japan's commitment to peace.

(同、在日米国大使館による仮訳)
安倍首相の靖国神社参拝(12月26日)についての声明
*下記の日本語文書は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。
2013年12月26日
 日本は大切な同盟国であり、友好国である。しかしながら、日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに、米国政府は失望している。
 米国は、日本と近隣諸国が過去からの微妙な問題に対応する建設的な方策を見いだし、関係を改善させ、地域の平和と安定という共通の目標を発展させるための協力を推進することを希望する。
 米国は、首相の過去への反省と日本の平和への決意を再確認する表現に注目する。

---------------------------------------------------------------------------
〇「売国左翼反日メディア」批判---毎日新聞英語版---
 不正確な報道をわざわざ意図的にまき散らし、日本を貶めている。毎日新聞は、日本の国益を著しく棄損する売文メディアだ。公的機関に出入りする自由を奪う必要がある。
(見出し)Japanese prime minister visits Yasukuni war shrine
December 26, 2013(Mainichi Japan)
http://mainichi.jp/english/english/newsselect/news/20131226p2g00m0dm032000c.html
 靖国戦争神社って何だ?デタラメを海外に流すな!

投稿: wassenaar | 2013年12月28日 (土) 18時21分

wassenaarさん、シグ忘れさん、nagiさん、下っ端さん、KEIさん、たろうさん、コメントありがとうございました。

このコメント欄を通し、お答えすべきなのかも知れませんが、新規記事の中で補足的な意見を少し述べさせていただきます。ぜひ、またご訪問いただければ幸いですので、よろしくお願いします。

投稿: OTSU | 2013年12月28日 (土) 20時36分

靖国神社は、そもそも包括宗教法人神社本庁に所属しない単立の宗教法人です。
大日本帝国憲法の下では、軍と内務省の管轄で、神祇院の管轄ではありませんでした。人事権は内務省が持っていたとされています。
内務省での担当部局は、現在の厚生労働省です。
私は政教分離令が出たとき、靖国神社を宗教施設から単純な慰霊施設だと言い張り、国家神道とは一線を画し、無宗教性にすれば、いくらかは今日の問題は起こらなかっただろうと思います。 
まあ、外国の人からみれば、戦争を指揮してきた人たちのお墓参りをしたくらいに映っているのだろうと思います。その点、日本のメディアもきちんと伝えないと、日本人であっても、この問題は分かりにくさを感じてしまいます。かえって、中韓の人の方がよく理解しているかもです。
坂本龍馬さんから東郷英機までマツラレテいるのは、ま、宗教法人としては信教の自由で勝手ですけどね。むずかしいです。
蒸し返すようで、申し訳ない。

投稿: でりしゃすぱんだ | 2014年1月15日 (水) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130697/58715813

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年末、気ままに雑談放談:

« 原発ホワイトアウト | トップページ | 年末の話、インデックスⅡ »