« 多忙な日々、気ままに雑談放談 | トップページ | 再び、地公法第36条と政治活動 »

2012年12月 2日 (日)

政治が動く師走、雑談放談

東京都知事選挙が11月29日に告示されました。衆議院議員選挙の公示は12月4日で、ともに投票日は12月16日です。ちなみに選挙の実施と投票日を公式に知らせ、立候補を受け付け、選挙運動の解禁日となる日は「公示日」と「告示日」に使い分けられています。「公示」は国事行為の一つとして衆議院と参議院の国政選挙のみに使い、地方自治体の首長や議員選挙は各選挙管理委員会の「告示」とされています。なお、国政選挙でも補欠選挙は国事行為ではなく「告示」になるそうです。

公職選挙法による選挙期間に入りましたので、ブログ上での政治的な話題の取扱いも慎重にならなければなりません。候補者やその関係者かどうか特定できない性格上、少し前まで政治的な話題の多いブログはコメント欄も含めて閉鎖や更新を凍結するケースが目立っていました。私自身は以前の記事「選挙運動とインターネット」や「参院選公示後も政党のHP更新」で綴ったとおり選挙期間中、新たに投稿する記事の中で立候補者の固有名詞だけは出さないように心がけていました。

政党名をM党やJ党とイニシャルで記したブログもありましたが、一般的な政治談議の中で具体的な政党名や党首の名前が出ても問題ないものと考え、そこまで極端に規制していませんでした。したがって、選挙期間中とそれ以前の記事内容に大きな変化がないほうのブログでした。それでも自分勝手な解釈ではない現状認識のもと、今回のような記事の内容も書き進めていくことを申し上げさせていただきます。

さて、月めくりのカレンダーも残り1枚の12月、師走となりました。13年半続いた東京都政のトップは必ず交代し、総選挙戦の結果、政権の枠組みが変わることも濃厚な情勢であり、記事タイトルのとおり政治が動く師走を迎えています。前回の記事は「多忙な日々、気ままに雑談放談」でしたが、今回もタイトルに「雑談放談」を付け、素人の政治談議とともに自分自身の今の気持ちを気ままに綴らせていただきます。そのため、大所高所からの話よりも、私自身の身の回りで起きている悩ましい話が前面に出ていくはずです。

衆院選の公示を控え、政党の離合集散が加速し、11党で争われる様相となっています。日本記者クラブでの党首討論の際、日本維新の会の石原代表は「既設の原発は2030年代までにフェードアウトする」という自党の公約を尋ねられると、まったく承知していない様子で「それは違います」と否定していました。その後、松井一郎幹事長は「代表にまだ細かいところの説明はしておりませんから、最終のとりまとめを出せば完全に分かってもらえるはず」と釈明に追われていました。

もともと石原代表にとって原発の問題は「小異」だそうですが、ここまで無頓着だったことに驚くとともに政策を二の次にして合併した日本維新の会の内情が映し出されていたようです。前回記事のコメント欄でnagiさんから「脱原発や卒原発もポピュリズムの典型ではないのでしょうか」という意見が寄せられていました。確かに脱原発のほうが幅広く支持されるため、大半の党が原発からの脱却を公約の中に盛り込んでいます。

そのような動きに対し、代替エネルギーの確保などの具体的な計画が示せないまま「脱原発を唱えるのは無責任だ」という批判の声もあります。しかし、福島第一原発事故の深刻さや放射性廃棄物の問題などを考え合わせれば、脱原発を最終目標に定めた上で様々な努力を重ねていく方向性も極めて重要です。そもそも全国各地で開いた意見聴取会、パブリックコメント、討論型世論調査、それぞれで原発ゼロを望む声が圧倒多数を占めていました。

このような声を無視し、「原発推進ありき」を掲げるような政党であれば、逆に民意を無視しているという批判を受けてしまうのではないでしょうか。ただ原発ゼロと言い切らない自民党が最も多く議席を獲得する勢いであり、その結果、脱原発依存の道が途絶えてしまうようでは非常に残念なことです。なお、個人的には一刻も早い脱原発社会を望んでいますが、10年単位で目標を定める公約は決して非現実的な話ではないものと思っています。

3年前、このブログで「ネガキャンの中の自治労」という記事を投稿していました。総選挙戦の最中、自民党がネガティブキャンペーンとして自治労や日教組を徹底的に批判したビラを作っていました。「自民党幹部が記載内容すべてを事実だと思い込んでいるとしたら、それはそれで非常に恐ろしいことです。事実誤認だった場合、情報収集や分析能力が欠けた政党となり、意図的な歪曲だった場合、品格のない政党だと言わざるを得ません」と記していましたが、最近の安倍総裁の言葉からそのビラのことが頭に浮かんでいました。

しきりに安倍総裁は「民主党は自治労、日教組、官公労に支えられている。基本的な路線が違う。官公労主体の民主党は何としても倒さないといけない」という過大な評価を下していました。自治労や日教組が連合の中で有力な産別であることは確かですが、民主党を支配しているような見方は明らかに事実誤認です。このような安倍総裁の思い込みの強さは決してプラスに働かないはずであり、首相の座に返り咲く可能性が高いのであれば、もう少しフェアな視点で物事を見て欲しいものと願っています。

その自治労の末端に連なっている私どもの組合、たいへん悩ましい問題を抱えています。組合役員の担い手不足も恒常化していますが、組合への未加入者の問題も年々深刻化しています。まだ何とか組合への加入率は100%近くと言えますが、徐々に「近く」とは言えない現状になりつつあります。新規採用職員全員が組合に加入されるよう働きかけを継続していますが、必ずしも充分な結果には繋がっていません。一方で最近、組合員から「組合を脱退したい」という申出もあり、対応に追われている現状でした。

今後の政治を大きく左右する選挙戦に突入していく中、様々な問題意識のもと「何か、しなければ」という思いがあります。しかし、公務員であり、さらに徴税吏員である自分自身が動けることは極めて限られています。加えて、前述したような現状の中で、賃金や手当の課題など組合の役割の本務を最優先し、地道に足元を固めていくことが重視されていました。自治労都本部や連合地区協議会との関係性においては、たいへん申し訳なく思いながらも「できること」をできる限り精一杯取り組んでいくこととしています。

今回の記事、本当に「雑談放談」であり、どのような意図で書かれているのか疑問に持たれる方も多いはずです。選挙戦本番の時期、これまでのパターンとしては政治的な話題を中心にまとめるのが通例で、週の初めはそのように考えていました。ただ揺らいでいる足元の事情や、産別や連合の中であまり力になれない私が大上段に構えた記事を書き込むことも、おこがましく思い今回のような内容となりました。それでも所々で、幅広い立場や視点からの指摘や意見を頂戴するのかも知れませんが…。

|

« 多忙な日々、気ままに雑談放談 | トップページ | 再び、地公法第36条と政治活動 »

コメント

連合に従わない自治労秋田県本部、「未来」支持
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news1/20121130-OYT1T01246.htm?from=main4

連合秋田傘下で最大の団体である自治労県本部(組合員約1万1330人)は30日、
秋田市で執行委員会を開き、衆院選では連合秋田の「民主党候補の推薦・支持」という
方針に従わず、ともに日本未来の党に合流予定の「国民の生活が第一」の高松和夫氏(70)
(秋田1区)、京野公子氏(62)(同3区)の支持を決めた。

遂に自治労からも民主に離反の動きが出てきましたね。保身が第一の管理人氏には考えられないでしょうが
都知事選は石原後継に対立候補を立てられずに不戦敗。
衆院選はTPP参加、消費増税、年金切り下げ、原発推進(大間原発建設再開で脱原発などとは言わせない)の民主を支持。
これら住民の暮らしに大きな打撃を与える悪政に加担することのどこが
組合員の皆さんの負託に答えてるというのでしょう。完全なる背信行為ではありませんか。

投稿: 立川市民 | 2012年12月 2日 (日) 13時01分

 地方公務員の給与を一律20パーセント削減し、「国土強靭化」を急がないと、今度は、新幹線のトンネルが崩落する。

 地震や老朽化の影響で、地下水が沁み出て、とんでもないことになる。

 国民の生命と財産を守るためだ。

 国土強靭化を唱える自民党に早急に政権運営を任せないと、日本は老朽コンクリート崩落国家になる。

 早急に300万人の地方公務員給与を削減し、「シロアリからコンクリートへ」血税を有効につかおう。
-----------------------------------------------------------
<中央道トンネル崩落>現場で焼死体3体を確認 毎日新聞 12月2日(日)17時5分配信

 2日午前8時ごろ、山梨県大月市笹子町の中央自動車道・笹子トンネル(全長4455メートル)内で、コンクリート製の天井板が50~60メートルにわたり崩落し、車3台が巻き込まれた。東山梨消防本部によると、午後4時半ごろ、現場で焼死体3体を確認した。他に少なくとも3台の4人が取り残されている可能性があり、県警や消防が救出作業を急いでいる。管理する中日本高速道路は、天井板を支える器材の劣化により事故が起きた可能性を認めている。

 県警や消防によると、車2台が下敷きになったほか、別の1台で火災も発生した。3台はレンタカーのワゴン車、トラック、軽自動車。ワゴン車から自力で脱出した女性(28)は「レンタカーに6人で乗っていた。後の人は分からない」と話したという。焼死体が見つかった車がこの女性の乗っていた車かどうかは未確認。この女性と37歳の女性がやけどを負うなどし、病院に搬送されたが、命に別条はない。

 また、午後0時20分ごろには「同僚がトラック内に閉じ込められている」と男性から119番があった。消防によると、男性運転手1人が車内で閉じ込められているとみられ、同僚に「息苦しい」と連絡してきたという。

 中日本高速道路八王子支社によると、事故があったのは、大月市側のトンネル出口から1.7キロ入った地点。天井板は奥行き約1.2メートル、幅約5メートル、厚さ約8センチ、重さ約1.2トンで、最大100枚が崩落したとみられる。
 天井板はトンネル上部との間にできる隙間(すきま)に空気を通して換気するために設置。トンネル中央の上部に1.2メートル間隔で打ち込まれた金具でつり下げてある。このつり金具と、トンネル上部との隙間を真ん中で仕切るコンクリート製の隔壁が何らかの原因で落下したことにより、天井板がトンネル中央で崩落したとみられ、天井板はV字形に垂れ下がった状態となった。

 点検は5年に1回と定められ、今年9~10月に実施したばかりだが、「異常なし」だったという。
 笹子トンネルは1977年開通で、大月市と山梨県甲州市にまたがる。このトンネルの換気方式は「横流換気方式」と呼ばれ、最近は使われていないという。

 目撃者によると、天井板は突然崩れ、下敷きになった車付近から出火、トンネル内部は黒煙が充満したという。火災は鎮火し、県警と消防が救助活動を始めたが、午後1時ごろ、さらに壁が崩れる2次崩落の可能性がありいったん中断。午後4時15分ごろに再開した。呼びかけに対して3台から応答はないという。

 事故の影響で中央道は上り線は一宮インターチェンジ(IC)から大月ジャンクション(JCT)までの間、下り線は大月JCTから勝沼ICの間で通行止めになっている。

投稿: 大日本國士 | 2012年12月 2日 (日) 19時06分

前回記事に対するコメントも含め、投稿くださった皆さん、ありがとうございます。

個別のレスに至りませんが、必ず一つ一つのコメントを拝読しています。同じように当ブログを訪れ、コメント欄を開かれた皆さんも、それぞれの内容や書きぶりについて思いを巡らしているはずです。「なるほど」と共感を示されるのか、違和感を持たれるのか、様々な反応があろうかと思います。少し前の記事「このコメント欄の限界と可能性」のとおりだと認識しています。そのような一言を添えさせていただき、今後も自分なりの主張や問題意識は次回以降の記事本文を通して訴えていくつもりです。

http://otsu.cocolog-nifty.com/tameiki/2012/08/post-2db8.html

投稿: OTSU | 2012年12月 2日 (日) 22時02分

安倍さん,本気であんなことを考えているんでしょうか。
それほど浅はかとも思えないんですが。
世論に迎合して票を集める,まあこれも浅はかな作戦と思いますが残念なことに結構効果的な,選挙戦略ではないかと思うんですが。
「官公労」って組織があるのかと思ったら違うんですね。聞いてる人はわかってるんでしょうか。

ついでですが,中央道の事故で「コンクリートから人へ」を批判する意見があるようですが,これは世論の大きな流れだったはずだと思います。国民ひとりひとりが,もっとしっかりしなくてはいけないと思います。

投稿: WontBeLong | 2012年12月 3日 (月) 18時45分

今だに福島県で発電された電気を大量に東電管内は使用中ですね。

あと、郡山市民は水道水を東京電力から買っています。

投稿: けむり | 2012年12月 4日 (火) 23時43分

>>これは世論の大きな流れだったはず

 ふーん。
 じゃあ、お前は、老朽施設の下敷きになって死んでも文句を言うなよ!

 おっと、死んだら文句も言えないか。

投稿: 大日本國士 | 2012年12月 5日 (水) 19時52分

はじめまて、タカと言います。

はじめて拝見しました。

私もブログを運営していますが、
私ならすぐ削除するようなコメントにもきちんと答えていて、
頭が下がります。

私も原発問題は、
非常に危惧しています。

郡山あたりでも、
現在、毎時1マイクロシーベルトを記録しているので、
年間8ミリシーベルトを超えてしまいます。
国際基準や国の法律の基準値である1ミリシーベルト大幅に超えていて、
違法状態です。

なんとなく安全なイメージが形成されていますが、
子供たちの将来が心配です。

これからも中傷にめげずに、
自分の信じるところ発信していってください。

投稿: タカ | 2012年12月 5日 (水) 22時48分

 橋下市長! 国政も大事だが、大阪市役所の規律が緩んでいますよ!
 部下の管理をちゃんとしてください。

 こんな奴を管理職にしちゃあいかんでしょ。
 地方には人材がいないんでしょうけどね。

 自治労がのさばっている職場なんてロクなもんじゃあない。
 こういう、ごくつぶししかいないんですよ、

 維新が躍進して、地方公務員の給与をバッサリ切って、日本中の老朽施設の補強につかってください。

 よろしくお願いします。
-------------------------------------------------
大阪市課長を痴漢で現行犯逮捕 「酒を飲んでいた。事実と違う」と否認 2012.12.7 11:21 産経

 電車内で女子高生の下半身を触ったとして、大阪府警東署は7日、大阪府迷惑防止条例違反(痴漢)の疑いで、大阪市建設局企画課長、竹内慎(まこと)容疑者(49)を現行犯逮捕したと発表した。「酒を飲んでいた。事実とは異なる」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は6日午後11時20分ごろ、大阪市営地下鉄御堂筋線の梅田-淀屋橋駅間を走行中の電車内で、帰宅途中の女子高校生の背後から尻を触ったとしている。痴漢行為を目撃した女性客が竹内容疑者の腕をつかみ淀屋橋駅で駅員に引き渡した。
 大阪市によると、竹内容疑者は昭和62(1987)年4月入庁の技術職員。昨年4月から企画課長として、都市基盤整備の企画立案や技術面の総括などを担当、優秀な職員との評価が定着していた。勤務態度も「極めて真面目で誠実」という。

投稿: 大日本國士 | 2012年12月 7日 (金) 21時04分

 JRAの前にやることがある。

 それは、地方公務員の給与削減だ。しかし、民主党にはそれはできない。

 それができるのは、日教組や自治労とのしがらみのない安倍自民党だけだ。

 さあ、地方公務員給与削減改革だ!
------------------------------------------------
JRAなど5法人の給与下げ要請…岡田副総理 読売新聞 12月7日(金)11時2分配信

 岡田副総理は7日午前の閣僚懇談会で、国家公務員に比べて給与が高すぎるとして、日本中央競馬会(JRA)、日本銀行、日本政策金融公庫、沖縄振興開発金融公庫、沖縄科学技術大学院大学学園の計5法人について、関係閣僚に給与引き下げを要請した。
特殊法人や独立行政法人などの給与見直しの一環。2013年3月末をめどに、要請を受けた5法人の見直し状況を点検する。
 国家公務員給与を100とした「ラスパイレス指数」は11年度(事務・技術職員)で、JRAが138・8、日本政策金融公庫が126・0、日本銀行が122・5などと高止まりしている。
 政府は今後、今回の5法人以外の全国の独法に対しても、国家公務員の給与水準に応じた引き下げを求める方針だ。最終更新:12月7日(金)11時2分

投稿: japanGAO | 2012年12月 7日 (金) 21時54分

 自治労は、売国左翼・民主党支持のビラ配りに忙しいのかなあ。
 だから、過疎っているのかねえ。

 民主党政権ってそんなによかったか?

 日米安保棄損で領海・領土の保全を危機に陥れ、
 円高放置で生産設備の海外転出をまねき、労働現場を減少させ、

 国家公務員たたきで定員を減少させ、若年層の採用を絞り、若年層の雇用減少に貢献し、定年層を再雇用し職場の老齢化を進め、

 韓国に歴史的書物を返還して、感謝もされずに大統領の竹島上陸にかたちばかりの抗議でお茶を濁し、韓国の自国への侵略を増進させ、
 ロシア大統領の北方領土上陸を指をくわえて見守り、尖閣では中国船の海上保安庁船への体当たり攻撃ビデオを隠蔽し、
 国家観もなく、経済成長戦略もなく、意思決定過程も不透明で、コロコロ変わり、誰が決めているのかもわからず、記録もなく、
 地震・原発では、無用の大混乱をまねき、会議体ばかりを作り、責任の所在が不明になり、
 言うこととやることは違い、マニフェストは破たんし、およそ、まともな統治もできず、

 国益を大きく後退させ、国力を著しく減退させた罪。

 奴らにこの大きな罪を償うことができるのだろうか。

 奴らに償えないなら、地方公務員全体で償うしかない。

 地方公務員一律給与2割削減しかない。

投稿: 憂國檄士 | 2012年12月 8日 (土) 23時26分

  
□■橋下改革派と交通局同和労組との対立について■□


◎大阪市営地下鉄駅員がタダ乗り(産経2008年6月11日)

◎大阪地下鉄・助役、覚せい剤使用で逮捕「20年前から週1回」(読売2009年4月16日)
○大阪市地下鉄助役、覚せい剤使用容疑 「20年前から」(朝日2009年4月16日)

◎大阪市交通局:職場でアダルトサイト閲覧、29人処分 監視したら…管理職がゲーム(毎日2010年12月20日)

【2011年12月19日、橋下徹が第19代 大阪市長に就任】
◎橋下徹大阪市長、大阪市交通局のデタラメさにブチキレる(Twitter 2012年1月28日)
 http://togetter.com/li/248733

◎大阪・梅田駅で白煙、3000人避難し一時騒然(読売2012年2月22日)

◎大阪市:市営バス運転手の給与4割削減へ 労組の反発必至(毎日2012年2月26日)
○橋下大阪市長が市バス運転手の給与約4割削減強行へ! 労組の反発は必至(リアルライブ2012年2月27日)

◎駅は全面禁煙…でも駅長室には喫煙所 大阪市営地下鉄(朝日2012年3月5日)
○禁煙の6駅長室で喫煙…大阪・地下鉄御堂筋線(読売2012年3月6日)

 ~2012年2月22日、市営地下鉄御堂筋線梅田駅構内の倉庫で火災が発生。
  原因は地下鉄の駅構内は全面禁煙となっているにもかかわらず、倉庫内で出入り業者が
  日常的に喫煙しており、吸殻の火の不始末であった。
  また、この火災を受け同市交通局が緊急に実態調査したところ、梅田駅を含む6駅で
  駅長室内に喫煙所が設けられ、職員らが日常的に喫煙していたことが明らかとなった。


◎入れ墨・地下鉄喫煙…橋下市長、全庁調査を指示(読売2012年3月21日)

◎橋下氏激怒!市営地下鉄駅でまた喫煙、電車止まる(産経2012年4月3日)
○勤務中の喫煙はクビ!激怒の橋下市長が厳罰を指示(産経2012年4月5日)

◎大阪市バス、29年連続赤字 給与カットで退職者激増(産経2012年6月15日)

◎「魔が差した」地下鉄でまた職員が喫煙 橋下市長、懲戒免職を指示(読売2012年6月21日)

◎たばこ1本で停職1年! 大阪市営地下鉄運転士を懲戒、橋下市長「民間ありえない不祥事」(産経2012年7月17日)

◎運転室でタバコ1本吸ったら停職1年「処分が重すぎ。生活できない」地下鉄運転士が市を提訴(読売2012年8月1日)

◎駅で喫煙再び発覚、清掃業者を解約 大阪市営地下鉄(朝日2012年8月4日)

◎入れ墨調査「処分取り消せ」 大阪市職員が法廷闘争へ(産経2012年8月28日)

◎携帯通話中に衝突事故 大阪市バス、処分検討(産経2012年10月11日)
○市自動車部長を更迭へ、交通局長が謝罪 大阪市バス事故(朝日2012年10月12日)


☆衆院議員選挙公示(2012年12月4日)

★市役所課長による痴漢事件発生(2012年12月6日23時20分)


> #203 匿名さん- 2012/12/10 10:41
>
> 逮捕された人、橋下市長との縁で対組合要因として課長に抜擢されていたという噂。
> これは・・・、嵌められましたかね?
>

・・・・・【橋下(市政改革)派】 VS 【B落&組合-連合 at大阪市交通局】 の全面戦争だね、こりゃ( ゚Д゚)y─┛~~

=================

同じ市役所に勤めている交通局の職員が、部署は違えど身内であるはずの課長さんを、あっさりと警察に引き渡しているという不自然さ…。
これには何かウラがありそうですね。

>
> ◇大阪市建設局・企画課長の事務分担
>
> 1 局業務に関する総合的企画、調査
> 2 関係機関との連絡調整
> 3 局業務の技術的総括
> 4 駐車対策業務(自動二輪除く)の総括 ←★
> http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/page/0000079201.html
>
> [大阪市都市工学情報・論文表題]大阪市における「バス駐車」対策について(2002)
> 著者:黒山泰弘/荷福晴朗/谷山泰司/島田裕司/【竹内慎】/福島健二
> http://www.2ji.osakacity.or.jp/sub/sub/library;jsessionid
>

・・・大阪市営地下鉄って大阪市交通局が運営しているんだよね???
  いやマジで(゚Д゚ )

投稿: 大日本國士さん(12月7日)の投稿に返信します | 2012年12月13日 (木) 16時25分

追加でっす( ゚Д゚)っ


◎大阪市バス運転手ら入れ墨13人…消すか退職か(読売2012年5月16日)
  

投稿: 環境局/交通局/労働組合 | 2012年12月13日 (木) 23時40分

□■市バス職員給与 20%削減案提示 大阪市交通局(産経2012年12月6日)■□


大阪市交通局は、大阪交通労働組合(大交)との団体交渉で、
市営バス職員約880人の来年度の給与削減率を平均20%とする案を示した。

橋下徹市長は当初、バス運転手の給与を民間水準に引き下げるよう同局に指示し、
平均38%カットの案も浮上したが、大交側が反発。
カット率の圧縮で削減効果は約20億円から約9億円となる。

ただ、大交側は今回の提案内容に 反発 しており、交渉の行方は不透明だ。


 ~大交は交通局の非管理職のほぼ全員にあたる約6500人が加入(2/6産経記事より)

投稿: 2012年12月6日 | 2012年12月15日 (土) 23時01分

☆大阪城は落城するか 大阪交通労働組合と橋下市長の死闘
http://yamazakijirounew.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-3546.html

投稿: 千葉動労並みの大阪交通労働組合(大交) | 2012年12月17日 (月) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130697/56208566

この記事へのトラックバック一覧です: 政治が動く師走、雑談放談:

« 多忙な日々、気ままに雑談放談 | トップページ | 再び、地公法第36条と政治活動 »