« いろいろな反応 | トップページ | 図書館の指定管理者にTSUTAYA »

2012年6月 2日 (土)

改めてコメント欄について

ブログの管理人である私自身が参加できず、誠に恐縮ですが、前回記事「いろいろな反応」のコメント欄へも多くのご意見や情報を提供いただきました。投稿くださった皆さん、改めてありがとうございました。本来、管理人としてコメントの仕方などに注文すべき点も見られていましたが、その責任も果たせず、他の投稿者の方に面倒をおかけしていました。

今回、このブログのコメント欄に対する考え方などについて改めて説明させていただきます。以前の記事「コメント欄雑感」の中で綴った内容の焼き直しのようになりますが、ご容赦ください。まず基本的な姿勢として、お寄せいただいたコメントはそのまま掲げ、削除することはありません。特に投稿内容の制約もなく、たいへん緩やかな管理方針のもとで続けています。

ブログの運営のあり方は、管理人それぞれの考え方一つで大きく異なっているようです。自分の記事投稿のみでコメントもトラックバックも受け付けないもの、そのどちらかのみ受け付けるもの、コメントとトラックバックを管理人の承認制としているものがあります。承認制とは投稿したコメントやトラックバックが即時に反映されず、後ほど管理人が内容などを確認した上で表示される機能を指します。

つまり問題がある内容だと管理人から判断されれば、投稿した文章は表に出ないことになります。いわゆる「検閲」と同じですが、私的なブログ運営の中で取り立てて厳しく批判を受けるべき行為ではないことも確かでした。「荒らし」の防止や殺伐とした議論に繋がらないよう管理人の判断で取捨選択するのも、一つの見識であるという評価の声も聞こえています。

また、閲覧者のコメント欄への投稿に対し、一切管理人がレスしないブログもあります。逆に一人ひとりのコメントに対し、必ず一つ一つ丁寧にお答えしているブログも見受けられます。一方で、もともとコメントを自由に受け付けていたブログが「炎上」気味となってしまい、途中からコメント欄を閉鎖した例も少なくありません。このようにプライベートな運営が中心となるブログの世界では「こうしなければならない」という制約がある訳でもありません。

このココログのブログでも、様々な機能を選べるようになっています。しかし、多様な意見を伺いながら一方通行とならない議論ができることを大事な目的としているため、開設時からフルオープンなブログとしています。つまりコメントもトラックバックも即時に反映できるようになっていました。そして、どのような辛辣なご意見だったとしても削除などあり得ず、「捨て台詞」のような一言一言にも意味を感じ取ろうと心がけてきました。

なお、アダルトサイトに誘導するような明らかなスパムコメントやトラックバックに関しては適宜、すみやかに削除しています。記事内容と無関係なトラックバックを嫌がる管理人もいますが、このブログはそのあたりも非常におおらかに受け付けています。広告的なサイトへのリンクだったとしても、スパムかどうか微妙な場合は削除しないことを基本方針としています。

少し前までは寄せられたコメント一つ一つに対し、必ず丁寧にレスしていくことを大事な方針として定めていました。コメントの投稿数が少なかった頃は一問一答に努められましたが、日々のアクセス数が増え、コメントの数も急増していくとそのような対応も難しくなっていきました。それでも頂戴したコメント一つ一つを必ず読んでいることをお伝えするためにも、投稿された皆さん一人ひとりのお名前を掲げながら「コメントありがとうございました」というような謝意を表すようにしていました。

しかしながら最近、「コメント欄雑感、2012年春」で綴ったとおり「レスを最低1日に1回は行なう」というこだわりを見送り始めていました。さらに前々回の記事「ネットに繋がらない日々」のとおりハード面からの制約も生じ、まったくコメント欄に参加しない現況が続いていました。ただコメント投稿は行なっていませんが、寄せられたコメントは一つ一つしっかり読ませていただいています。

いずれにしてもコメント投稿者同士の意見交換となる「掲示版」的な使われ方を以前から歓迎していました。幅広い考え方や情報に触れられる貴重な機会だと受けとめているからでした。以上のような緩やかさを基本としていますが、たびたび次の2点については繰り返しお願いしていました。一つは名前欄の記入でした。ある程度発言内容に責任を持っていただき、意見交換をスムースに行なうためにも、可能な限りハンドルネームを付けてくださるようお願いしていました。

もう一つは言葉遣いのお願いでした。誹謗中傷の類いはもちろん、他者を意図的に不愉快にさせるコメントは控えていただくようお願いしていました。ちなみに言うまでもなく、批判意見を制約するという意図は毛頭ありません。時々、自分自身の考え方と異なる相手に対し、苛立ちを前面に出され、蔑んだ言葉を多用される方が見受けられます。それに対し、人によって賛否が分かれるようですが、相手を意図的に不愉快にさせるコメントは、その不愉快さが障壁となって本質的な議論に入りづらい、そのように私自身は考えています。

さらに匿名だからこそ、率直な本音の意見を交わせることは利点だと前向きにとらえています。一方で、匿名で発信できるということは、立場などの成りすましや都合良く情報を操作することも可能となります。それはそれでモラルの問題となりますが、このようなネット上の私的な場では特段何か問われるものではありません。したがって、誰がどのような立場で書いたかは、それほど大きな問題ではなく、その人が書き込んでいる言葉、つまり内容がどのように他の閲覧者の皆さんの共感を呼ぶのか、真偽が判断されていくのかどうかだろうと考えています。

最後に、自宅のパソコンに関する近況を報告させていただきます。結論は、パソコンを買い換えました。また、この機会にADSLからに移行します。これまでADSLの速度で充分満足し、料金も本当に廉価だったため、まったく光への移行は考えていませんでした。結局、不具合の解消に向けて迷路に入り込んでしまったため、グレート・リセット(?)を選択しました。光の開通工事が再来週であり、まだネットへ接続できていませんが、中旬には「ネットに繋がらない日々」から抜け出せる予定です。

|

« いろいろな反応 | トップページ | 図書館の指定管理者にTSUTAYA »

コメント

市の職員や県庁はこれからも先があるので
市民の皆様や職場の為に頑張っていただきたいです。
市役所の給料くらいでしたら結婚も可能でしょうし。


私は国家公務員なので先がありません。
だから割り切って業務をしています。
今後もまず自分が大事ですから
市民や職員のことはあんまり考えたくないです。

投稿: ちょび@貧乏公務員 | 2012年6月 2日 (土) 19時08分

ちょび@貧乏公務員さん
>国家公務員なので先がありません。
地方公務員は先があって国家公務員には先がないとはどういう意味でしょうか?
できましたらご教示いただきたいです。

わたしも国家公務員(下っ端)ですので、おっしゃりたいことは分かる気がします。。
公務員というだけで世間から白い目で見られ、朝からみのもんたに無駄に叩かれ(笑)
末には自分の親・友人にまで「公務員はボーナス3桁貰っていいね〜」なんて言われる始末...orz

では何をよりどころに業務に励むか?
考えに考え、悩みに悩んだ末私は、①原点である「やりがい」の再確認と②自己のスキルアップによりモチベーションを保っています。
①だけでは心が折れそうになることが多いので。。

結婚するにも転勤が多くて相手に迷惑かけることもあるし、何より先立つものもなければできませんしね。
とりあえず、次期一割削減で支給予定の期末・勤勉手当は全額貯蓄に回します(笑)

ではではただの愚痴になってしまいました。
あ、明日は仕事だ〜。頑張っていきましょう!


投稿: しがない国家公務員 | 2012年6月 2日 (土) 20時42分

新型PCと光への移行、おめでとうございます。
ADSLの速度で充分満足されてたのに、あえてコストの高い光回線に移られる
ブルジョワ(笑)なOTSUさんがうらやましい・・

投稿: とーる2号 | 2012年6月 2日 (土) 22時26分

ウチはかなり以前に電話も含めて光にしたけど、料金設定見直そうかな。

接遇だけはグレートリセット出来た県警は、要改善となった3県ほどの内の一つだと関係者筋から聞きました。
定員の規制が行政職よりも強く給与削減幅も小さい?ようですが、組合がないのでスムーズに行えたのか?(組合批判ではなくスムーズさの要因として)
レッテル=組織の信用=看板と置き換えると、私の場合所轄の警察官に対するレッテルは良を貼らしていただきます。

投稿: L | 2012年6月 3日 (日) 10時43分

公務員とは本来後暗い職業でも白い目で見られる職業でもないにも関わらず、蔑視されていると言うならその理由がある筈です。
その理由を自分の頭で考えてみたら如何でしょう?

本当は気付いているのかもしれませんね。それを糊塗する為に多くの理屈を捻り出しても良い事は1つも無いばかりか、状況を悪化させるだけです。

公務員の誇りを取り戻す方法は1つしかない。「公務とは何か?」「公益とは何か?」この問いに(公務員組織として)虚心坦懐に応える事です。
そしてその為の信賞必罰を備える事です。

もうすぐ明治以来の中央集権体制は崩壊するだろう。その為に国家公務員の多くは削減されるだろう。
しかし同時に「地方」に、より多くの公務が発生する。
中央集権が終われば「東京」に「人」「金」「もの」が集まる必然性は全くない。

もうすぐ東京は「ちょっと大きめの地方」に変貌します。
ちょうど40年前に地方から東京に向かった集団就職と反対の現象が今から起こるだろう。これは官民問わずである。

それをはっきり予見し、その受け皿たらんとする構想を掲げているのが大阪維新の会だろう。
橋下氏や維新の会の細かな政策を議論しても意味はありませんよ。その本質を理解しないと。

投稿: あまのじゃく | 2012年6月 4日 (月) 10時47分

> しがない国家公務員様へ
お互い程々に頑張りましょう。

国家2種は市役所や民間より給与少ないのに
なぜか市役所や民間より給与多いと勘違いされやすいですよね。

先がないというのは今後も手取りがどんどん下がっていくだろうということです。
税金の通知がきましたが上がってました。
毎年手取りが下がり続けて
いつごろ民間の新卒の給料がもらえるのかなと思ってます。


結婚するにもお金がありませんし、婚活するお金すらないのが現状です。

趣味を楽しむしかありません。

投稿: ちょび@貧乏公務員 | 2012年6月 4日 (月) 23時17分

道州制の動きもあるから、地方のほうが先がないかもです。

道州の職員は国の職員が8~10割、地方は2割、あとはリストラ

投稿: トゥーリシュガール | 2012年6月 5日 (火) 19時54分

>国家2種は市役所や民間より給与少ないのになぜか市役所や民間より給与多いと勘違いされやすいですよね。

 市役所もいろいろ。夕張は低いと思いますよ。
 あと、職種や地位によっても変わりますよね。
 国家公務員でも40歳手前で1千万円超(忙しくて超過勤務が多い部署)っていうのはありますし。

 民間との比較でも金融機関以外なら、そんなに低くはないのでは。
 30歳すぎれば、そこそこの給与になると思いますよ。

 ノンキャリアでも生涯賃金(退職金・年金別)は、22歳~60歳まででおおむねざっくり3億円程度にはなると思われ。

 これから、ベクトルは、賃金減少傾向なので、これよりも低くくなるのでしょうが、そんなに悲観することもないでしょう。

投稿: 年収百万円減公務員 | 2012年6月 5日 (火) 21時43分

>ちょび@貧乏公務員さま
お教えいただきありがとうございました。お互い程々にですね。
私は5年目の国Ⅱですが、いまだに2年目の壁を超えることができません(笑)
学生時代のアルバイトの方が手取りについては多かったような。。
…お金の話はお叱りを受けますのでこの辺にします。


もちろん今の若手の大半?少なくとも私は定年まで安泰とは思っておりません。
所属している組織の使命・将来進むべき方向性を(下っ端ながら)考えて頭がバーストしそうになることもしばしば。

話は変わりますが、あまのじゃくさまのおっしゃる、
>(略)そしてその為の信賞必罰を備える事です。(因みに←はコピペです。これはラクでございます。WinだとCtrl+C、Ctrl+Vただそれだけ)
とのお考えには大賛成です。
身内から足を引っ張られるといいますか、モチベーションを下げられる状態には辟易します。
ついては、世間一般に言われる「公務員はラク」というレッテルも否定できません。
一部の〇〇している職員が、一部のスーパーな職員におんぶにだっこで業務が回る。これではモチベーションが低下します。長年続いたこの状態が今の公務員批判の理由の一つではないでしょうか?
国では人事評価制度が導入されて数年経ちますが、スーパーな職員は待遇を上げる。〇〇な職員は優先的に分限免職。まさに必勝必罰を個人的に望みます。(現状そのような理想には程遠いですが。)
ちなみに私がスーパーと言っているわけではありませんのでその点だけご了承ください。


管理人さま。タイトルとはかけ離れたコメントで申し訳ありません。もしかしてコメントが伸びないのはそのせいかな?(笑)
いつもブログの更新楽しみにおります。
ネット環境が早々に整い日常に戻られる日をお祈りして、私はこれにて失礼します。

投稿: しがない国家公務員 | 2012年6月 5日 (火) 21時49分

>年収百万円減公務員さま

国家1種の話をされてるのでしょうか?
国家2種ですと30歳すぎても、そこそこの給与にはなりません。

実際はすべての民間と比較しても国2はそれより少ないんですよ。
年収百万円減ですからもともと給料が多い方なんでしょうが、
自分は33歳で額面で300万ちょうどしかないのでこれ以上下げられたら困ります。

まあ今後も手取り増えないでしょうから一人で趣味を楽しみながら
貯金せず生きようと思いますよ。


>しがない国家公務員様
もしかしたらブログされてます?
そういうタイトルのブログ以前に見たことがあります。

お金のことは考えずに
なにか楽しみを持って生きたいですね。


あと
管理人さんのネットを楽しみにしてます。

投稿: ちょび@貧乏公務員 | 2012年6月 5日 (火) 23時52分

ちょび@貧乏公務員さん

失礼ですが、いくらなんでも、額面が300万円というのは少なすぎませんか。
キャリアではないとはいえ、私がざざっと計算した感じだと、30歳で400万くらいあってもおかしくないと思うのですが。

なぜそんな失礼なことを言うかというと、人事院のHPにモデル給料が書かれているからです。
http://www.jinji.go.jp/kyuuyo/kou/23gaiyou.pdf
この資料によれば、28~32歳の大卒給与は266,308円とあります。
この中には国家一種の給料も含んでいるかもしれませんが、2割も3割も違う数字とも思えない。
これをそのまま12ヶ月かけても、各種手当てを含んで320万の額面所得があることになります。

また、各種手当分はボーナスには含まれないでしょうけれど、ボーナスが4ヶ月とした場合、まあ、
約400万円程度の額面所得はあるのではないでしょうか?

28~32歳ということなので、おおざっぱに30歳で400万円として、
33歳でそれより100万円も少ないというのは、さすがにどうも腑に落ちない。

投稿: とーる2号 | 2012年6月 6日 (水) 23時25分

炭水化物を減らしてダイエットしようと
何かで読んだのですが、お米を食えないのは辛いと
考える今日このごろです。

最近やたら聞く生活保護の問題。
たしか受給者200万人で費用が3兆円とか

不正は正すとして、今後どうあるべきなのか

仮に受給者2000万人で費用が30兆円かかり
消費税100%にすると言ったら、現在の生活保護を
維持しろと言ってる人はどう言うのだろう。
仮にそんな状態なら日本は破綻してるのか

いわゆるプロ弱者か、職業弱者と言うべきか
増えてるよなあ。って言うか半島人が増えてるのかな。

投稿: nagi | 2012年6月 7日 (木) 11時34分

こんにちは。

金額はさておき、国の方が地方より少ない、というのは同意します。

労基法完全適用除外の国家公務員は、残業は多いですが、時間外勤務手当は定額(低額w)しかつかないので、結局のところ、きちんと時間外勤務を付けてくれる地方公務員の方が手取り的には多くなる、みたいです(笑)

そういう意味ではやはり国家公務員は虐げられてる感はありましたね。
ちょっと感想でした。

ではでは。

投稿: 通りすがりの元公務員 | 2012年6月 7日 (木) 12時18分

>とーる2号様へ
まずはすみません。
ボーナス含めれば

今年は332万ほどです。

給与が少ないのは
高年齢で採用されて
職歴が3年くらいしかない。

地域手当が無い。

の2点に尽きると思います。

都市部の国2職員より100万円以上は少ないです。

そして国1と比べるとそれは
たった2割や3割しか違うことはないはずです。

ストレートに新卒で入ってる30歳くらいの職員でしたら
今年は350万円くらいは貰ってるかもしれません。


各種手当そんなものほぼありません。

今年は1月から3月分までは給与削減になってませんでしたので
来年も給与は変わらず手取りが減りそうです。

投稿: ちょび@貧乏公務員 | 2012年6月 7日 (木) 21時19分

今年の給与を概算計算してみました。
ブログ記事にしましたので参考にどうぞ。

投稿: ちょび@貧乏公務員 | 2012年6月 7日 (木) 22時14分

書いた内容で誤解を招いているようですので補足します。
この中には国家一種の給料も含んでいるかもしれませんが、2割も3割も違う数字とも思えない。
というのは一種の給料と二種の給料の比較をしたものではありません。

例えば一種の給料が二種の1.5倍だとします。
でも、一種の人数は二種に比べれば相当少ないでしょうから、二種の1/3くらいだと仮定しました。

一種の給料を1.5x、二種の給料をxとします。人数は一種がy、二種が3yとします。
給料の総額は1.5xy+3xy=4.5xy。
平均給料は4.5xy÷4y=1.125x。
あくまで仮定が正しいとしての話ですので、前提が間違っていればそれまでですが、
このように考えて、2割も3割も変わらないでしょう、としました。

公務員の期間が3年ということでしたら、私は33歳ですが、というのは、
事実とはいえややミスリードな気がします。
いずれにしても、太平洋の資源を安価に採取する方法でも発明されて資源大国にでもならない限り、
今までより待遇が良くなることはなかなかないでしょうけど、
明日の日本の転覆を少しでも食い止めるため、頑張ってください。

とは言え、トップがねぇ…

投稿: とーる2号(仮) | 2012年6月 8日 (金) 00時19分

あと、結婚なんてお金なくてもできますよ。
きらびやかな披露宴なんてやらなければいい。

私と妻は結婚式にお金をかけたいという感覚が全くなかったこともありますが、
イベント会社に企画をお願いしてこじんまりしたレストランで
従兄弟も呼ばず、叔父叔母までの身内だけで簡単なものをやりました。
(友達は別途改めて、会費制の二次会的なものをやりました)
食事代、企画料、衣装、結婚指輪まで含めも100万は余裕で切ってます。
だから、実際のところ、かなりの黒字になりましたよ…(笑)

それに、今は共働きなんて当たり前の世の中だと思いますよ。
例えば職場の30歳の女性と結婚したら、共働きで年収650万。
地方で公務員宿舎入ってるなら悠々自適じゃないですかね。

足りないならその中で工夫してやりくりすればいいので、
そういった創意工夫がプライベートでも仕事でも求められるのだと思います。

投稿: とーる2号(仮) | 2012年6月 8日 (金) 00時45分

>明日の日本の転覆を少しでも食い止めるため、頑張ってください。
どうもありがとうございます。
マイペースで周りを気にせず頑張ろうと思います。

きらびやかな披露宴はしたくないですし
友人なんてほとんどいませんので(わざわざ遠くから呼ぶのは躊躇してしまう)

呼ぶことができないので
家族だけでこじんまりとやりたいです。

レストランいいですね。
海辺のレストランがいいかと思ってます。

こじんまりでもそれでも50万以上はかかりそうですね。
万が一結婚することがあれば結婚資金ローンでも組もうかと思います(;´Д`A ```
まあ貰えるお金もあるのですぐ返済できそうですが。

職場結婚は無理だろう(女性がいない)と思いますので
他の省庁と交流したりもいいかと思ってます。

投稿: ちょび@貧乏公務員 | 2012年6月 9日 (土) 13時25分

>ちょび@貧乏公務員さま
当方ブログはしておりません。ありふれたHNですしね。
返信遅れてスミマセン。

因に私の職場も業務の関係上、女性はごく少数です。
もしかして同じ職場だったりして(笑)

国だと、少なくともウチの職場は、2〜3年程度で全国転勤があります。
縁もゆかりもない場所に来ますので、結婚相手を一から探すなら異動したてが勝負かも。
でも異動したては業務に慣れるので精一杯だったりしますが。。

結婚式を挙げるにも、地元から遥か離れた土地で勤務しているため、地元の友人知人と呼ぶのは気が引けますね。
ま、地元で挙げればいいのかな?

ではでは、これにて失礼します。

投稿: しがない国家公務員 | 2012年6月10日 (日) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130697/54827081

この記事へのトラックバック一覧です: 改めてコメント欄について:

« いろいろな反応 | トップページ | 図書館の指定管理者にTSUTAYA »