« 『鉄の骨』と公契約条例 | トップページ | いろいろな反応 »

2012年5月20日 (日)

ネットに繋がらない日々

それは突然のことでした。自宅のパソコン、朝は普通にインターネットに繋がっていました。先々週の木曜の夜、帰宅し、いつものようにパソコンの電源を入れ、まずメールのチェックを行ないました。すると「送受信エラー」のメッセージが画面右下に出ていました。その後、インターネットへの接続も試みましたが、まったくアクセス不能の状態となっていました。

何の前触れもなく、本当に突然、自宅のパソコンがインターネットに繋がらなくなりました。「ネットワークケーブルが接続されていない」というメッセージもあり、分からないなりに復旧に向け、いろいろ試してみました。パソコンのシャットダウン、ADSLモデムの再起動、各ケーブルの抜き差し、システム内の設定変更など、どれも効果はありませんでした。

自分の手には余り、@niftyのサービスセンターにも問い合わせ、2回ほど電話で相談しました。それでも残念ながら復旧に向けたサポートや明確なアドバイスを現時点では得られていません。何かと慌しい日常の中、パソコンの修復に向けて集中する時間を毎日取れるものでもなく、結局、1週間以上経ってもネットに繋がらないままでした。

このブログをはじめ、パソコンから多種多様なネット上のサービスが利用できるようになっていました。携帯電話もスマホではなく、自宅のパソコンがネットに繋がらないと、いろいろ不便な点が生じていました。とは言え、思ったよりも淡々と受けとめ、繋がらなければ繋がらないなりのペースで日々を過ごしていました。

確かに使い勝手は良くありませんが、携帯電話からもネットにアクセスできます。何よりもプライベートな時間であれば、組合事務所のパソコンから必要なサイトのチェックも可能でした。また、このブログは個人の責任で運営していますが、開設した目的や趣旨を踏まえ、組合員の皆さんには機関紙等を通してPRしていました。

そのような位置付けがあるため、組合事務所のパソコンを利用し、これまでもブログの記事更新やコメント投稿を行なっていました。このような代替策があったため、前回の記事「『鉄の骨」』と公契約条例」も何とか組合事務所のパソコンを使って仕上げていました。その際、前々回の記事「長い前置きから大阪市絡みのニュースへ」のコメント欄に次のような一言を残していました。

先ほど記事本文を更新しました。この記事でも途中からコメント投稿は見送り、ロムに専念させていただきました。新規記事においては、さらに事情があって当分コメント投稿ができそうにありません。何卒ご理解ご容赦ください。

具体的な理由をあげなかったため、「何があったのか」と心配された方もいらっしゃったようで、申し訳ありませんでした。その時は、すぐに復旧させ、何事もなかったかのように平常のペースに戻るつもりでした。そのため、あえて具体的な理由を省いていました。ただ前述したとおりネットに繋がらない日々は、まだ続きそうな気配であり、今回の記事を通して情けない「事情」を改めてお伝えさせていただきました。

皆さんからのコメント投稿の数は一時期に比べ、少なくなっています。いずれにしても寄せられたコメントをすべて閲覧していることは今も変わりありません。少し前からコメントへのレスを意識的に抑えるようになっていましたが、ハード面の事情からも素早く対応しにくくなってしまいました。したがって、たいへん恐縮ながら今後もコメント投稿が抑え気味になるものと思いますが、ご理解ご容赦くださるようお願いします。

場合によって携帯電話や組合事務所のパソコンを利用し、コメントを投稿するかも知れませんが、できれば中途半端な参加は控えようと考えています。なお、先週は市役所の近くに出向く予定があったため、その帰りに組合事務所に立ち寄っていました。今週は出納閉鎖に向け、収納業務の追い込みの時期であるため、休日出勤していました。それが終わった後、組合事務所のパソコンに向かっていました。

自宅のパソコンがネットに繋がらないという中味のない内容にもかかわらず、長々と書き込んでしまいました。これまで毎週1回、記事本文を必ず更新してきました。今回の「事情」を理由に途絶えさせてしまうと「開店休業」状態のブログにしてしまう心配もありました。そのような訳で今回、「新規記事を投稿する」ということを第一の目的とし、皆さんへのお詫びと現状の報告を兼ねた内容を綴らせていただきました。しばらく管理人として、きめ細かい対応ができませんが、長い目で見てお付き合いいただければ幸いですので、よろしくお願いします。

|

« 『鉄の骨』と公契約条例 | トップページ | いろいろな反応 »

コメント

あらら、大変ですね。

1.ADSL側の問題
2.PC側の問題
3.ケーブルの問題
の3つの可能性がありますね。

自分で確認出来る中で一番安いのはLANケーブル交換です。100円ショップで売ってます。
買ってきて交換しちゃいましょう。
次はPC側の部品交換ですね。PC側の問題なら、恐らくLANボードのトラブルでしょう。
(ネットにつながらないだけで、ほかの作業は可能なんですよね?)

USBが生きているなら、とりあえずUSBポートに繋ぐLANアダプタ(アマゾンで1200円くらい)を買ってみてはどうでしょうか。
http://buffalo.jp/products/catalog/network/adapter.html
無線LANなら、1000円を切るくらいの値段で、USBに挿すアダプタ売ってますので、そちらでもいいかも(但し設定が必要です)。

投稿: とーる2号 | 2012年5月21日 (月) 00時34分

いくら組合のパソコンとはいえ
労働組合活動とは全く関係ない
私的な個人的なサイトの運営に
組合費で賄っている、電気代などを 横領して良いのですか?
地公法 違反ではないのでしょうか?
自分でも書いていますよね?
http://otsu.cocolog-nifty.com/tameiki/2012/04/post-0970.html
全く同じだと思います。

投稿: | 2012年5月21日 (月) 08時29分

セキュリティソフトが邪魔してる可能性があります。

一旦、セキュリティソフトをオフにして、接続してみてください。
(接続後は、すみやかにセキュリティソフトをオンにしてください)

インターネットが接続できないとヘルプを受けたお宅の内、3~4軒ほど上記の対応で接続できました。

ハードでなければ、そのへんがアヤシイと思われます。

投稿: Yoshi | 2012年5月21日 (月) 12時33分

次の引用先が非常に面白いことを書いていますね。
http://drmccoy.blog39.fc2.com/blog-entry-353.html
人を呪わば穴二つということなのでしょうか。

特に「左翼の本質は「偽善による売国」ですが、結局それは自滅への道」という言葉から始まる一説は「左翼の連中がまともに橋下氏を批判するためには、まずは自分たち左翼の間違いを認める必要がある」という結びまで、大きく頷かされるものだと思いますね。

たぶん、自分の主義主張に合うことを橋下市長がされたならば、ここの管理人さんも熱烈に賛同されていたのかも知れません。やっていることは同じに見えますから。
震災廃棄物の域外処理に関わるプロパガンダを見ていても判りますよね。筆者の「オープンな議論をすれば、正論が勝つのではなく、偏見が勝つのです」という言葉どおりのことが、平然と主張されていることに・・。

結局、私などから見て非常識と思われる方はやる事が凄く似ている。
今回の記事のテーマでも、「そういえば小沢氏も入院してほとぼり冷めるのを待っていたなぁ」とか思ってしまいました。。。。

でも、そういう思いが広がらないためにも、いち早く復旧させて欲しいと思います。

投稿: ” ” | 2012年5月21日 (月) 23時16分

上記の記事、興味深く読ませていただきました。
リベサヨでしょうか。

日経のコラムでも興味深いものがありました。
>日本は南欧化するのか?国民の公共心がカギ 負担増は国への信頼から
http://www.nikkei.com/access/article/g=96959996889DE6E3E4E3EAE2EAE2E3EBE2E7E0E2E3E09997EAE2E2E2

橋下氏が新しいお題を提供してくれました。
識者による論点の明示が楽しみです。
>橋下氏「回答拒否なら昇任させず」 大阪市の入れ墨調査
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201205220053.html

調査対象の1.5%にあたる約500人が回答していないようです。
長期病欠にしては感覚的には多いように感じますが、公務員ですから産休や育児・介護休暇等も多いのかもしれません。
同和枠と併せて真相解明を期待したいところです。


>知らんがな
とーる2号様。
当方のコメントのタイミングが悪かったようです。
貴殿のコメントは念頭にありませんでした。
スルーしてください。


投稿: L | 2012年5月22日 (火) 14時35分

Lさん
てっきり私あてかと思ってしまいましたが、自意識過剰だったようで失礼しました。

アンケートの今からの提出は認めないってことだと、後出しじゃんけんなので流石にどうかなと思います。
「今から期限を切って、期間内に提出しない場合に限定」なら、それはそれで有りかと思います。
(現実問題、昇格させないってのも、「橋下市政の期間は」って制限がつくでしょうし)
あと、出せる状況にない病気療養中の方には条件緩和した方がいいと思いますが、別の意味で昇格が困難かも。。

投稿: とーる2号 | 2012年5月22日 (火) 18時45分

おはようございます。

>とーる2号氏
通常、組織のトップがアンケートを出せと言えば
それが強制であれ、任意であれ、出すのが従業員の姿では
ないのでしょうか。私の感覚では病気休業、介護育児休業などを
除き、提出しないほうが異常に思えます。

裁判では「疑わしきは被告の利益」とのことですが
社会通念上では、人に疑われることをしない。勘違い
させるようなことは慎むものではないのでしょうか。

日本の多くの、肌を出すような場所で刺青やタトゥー
お断りと明示され、受け入れられるのは、市民感覚では
刺青=非合法な組織に属する との図式があるからでしょう。

先日の福岡市の市長発言でも、全職員に禁酒を求めるのは
行き過ぎとの批判もありました。しかし一部の不良職員の
行いとはいえ、過去の経緯などを考えるならば英断と
言えるのではないでしょうか。

投稿: nagi | 2012年5月23日 (水) 09時16分

左翼の話が出てます。紹介戴いた論者の内容には言及しませんが、左翼は「国家の概念」を持たないので「売国」の自覚もありません。
「売国」とは「国家」を大事にする人達の考え方ですね。

左翼とは「生産手段の全体主義を標榜している勢力」の事でしょう。
全体主義は絶対に必要な事です。「人を殺してはならない」という全体主義があるから、平穏に暮らせるのだから。

ただ左翼が主張する「富を生み出す資源は、全て共有化すべきである」との全体主義は「平等」や「疎外の解消」を保証する代わりに、同時に「ノルマ」「秘密警察」「タレこみ」などの陰湿な部分が必ず付きまといます。
つまり「平等」と「秘密警察」は「合わせて1本」という訳です。

しかしそれでも「ズル」する者が後を絶ちません。全体主義から逃れようとする者が後を絶たない。秘密警察程度では「ズルする者」を排除する事は出来ない。
従って、左翼が標榜する革新思想は必ず「粛清」の宿命があるようです。

スターリンも毛沢東も3000万人以上もの「粛清」を行ったと噂されている。
それに比べれば悪名高い「ヒトラー」などはマダマダ「小物」という訳です。間違った全体主義が怖い所以です。

さて本題です。
労働組合は右手に「平等、疎外(免職)の解消」と訴えるならば、同時に左手に「厳しいノルマ」を自分に課さないと「天秤が釣り合わない」のです。

ところが自分に都合のいい「平等、疎外(免職)解消」との主張はするが、厳しいノルマを課している様子も、ズルする者を取り締まろうとする気概も見えない・・と多くの人が感じている。
今行われているのは「組合に対する粛清」でしょう。そしてこれは組合が自らに「厳しさ」を課さないと決して治まらない。

しかし今までの議論を見る限り、その可能性は・・。

投稿: あまのじゃく | 2012年5月23日 (水) 09時37分

nagiさん

「今から期限を切って、期間内に提出しない場合に限定」なら、それはそれで有りかと思います。

って書いたのが、

何で「提出しない方がおかしい」とか、そんな話になるのか理解出来ないのですが、「理不尽な命令でも、組織人である以上、最終的な命令として出た内容には従うべき」と言うことは社会人なら、ある意味当たり前のことだと思います。

今回のアンケートって、正直に答えることで不利益を被る可能性の高い調査なんだから、刺青を入れた職員からみた場合、無回答を消極的に選択する層は一定数存在しうるわけです。だから、アンケートの回答率を上げるために、無回答は虚偽回答の次に不利益を被るように設計するのは合理的だけど、アンケートの提出の延長をせずにそれをやるのは後だしじゃんけんだし、ちょっとどうなのかなって言ってるんですけどね。で、実際のところ、今日までの提出は認められるらしいから私としてはあまり違和感もないし、後は職員が自己責任で判断すればいいんじゃないの?と思ってるだけなんですが。

書く必要はないと思っていたものの思わぬ反論をもらったので敢えて書きますが、公僕たる人間が刺青をすること自体非常識なんてこと、当たり前というか疑問の余地はないと思います。

投稿: とーる2号 | 2012年5月23日 (水) 19時59分


面倒臭い人ですね┐(´-`)┌

投稿: | 2012年5月23日 (水) 21時50分

こんばんはー。久しぶりに来てみるとコメント数も激減で、管理人さんの手間も減ったようで何よりです。管理人さんのお話しは、単なるご機嫌伺いの記事だったのに、コメント欄では右翼だの左翼だのと、よく分からない議論が続いていて、不勉強な私は参加したくてもできない感じです(笑)

で、一つ確認なのですが、昔はイデオロギーの違いがはっきりしていて、「右翼」とか「左翼」とか言った定義がすっと腑に落ちるのですが、現代の脱イデオロギー化した日本で、こうしたレッテル付けに何か意味があるのですか?
みなさんがおっしゃっている「左翼」というのは「労働者側」の立場で議論している人、って意味ですか?それともいわゆる共産主義や社会主義の立場やそれに共感している人って意味ですか?

左翼は革新だ、って話も出てるみたいですけど、みなさんは左翼を批判しているから「右翼」の人なんですか?右翼と保守ってペアになってるようですけど、それで正しいんですか?あまり雑誌とか見ないので、間違ってたら申し訳ないのですが、昔の日テレのアナウンサーの櫻井さんって人は右翼ですか?昔の天皇制を復活させたい人と右翼ってイコールですか?

最近、ネットでもよく「左翼は左翼は」って批判されてるみたいですけど、結局、それって「右翼」の対概念に過ぎなくて、実は「左翼」と言われる塊は、存在しないのではないでしょうか?右翼とか保守とか言われてる人が、単に対立軸をはっきりさせたいがために「左翼」って言葉を使って、自分の議論に反対する勢力をそうやって批判しているだけなのかなぁ、と思うのですが、いかがでしょうか?

という、純粋な疑問なのでした。不勉強で申し訳ないです。
どなたか教えていただければ幸いです。

それでは。

投稿: 通りすがりの元公務員 | 2012年5月23日 (水) 23時12分

あまのじゃくさまへ

 こんばんは。また面白い主張をなさっておられますね。

 一つだけ反論というか、「労働組合は右手に「平等、疎外(免職)の解消」と訴えるならば、同時に左手に「厳しいノルマ」を自分に課さないと「天秤が釣り合わない」のです。」のところなんですけど。

 あまのじゃくさまはもしかしたら労働契約の本質について根本的なところで勘違いしているのかなぁと。

 極端な例ですが、労働契約というのは「1時間も働かずに月に100万円貰いたい」という側と「24時間365日働かせて1円も払いたくない」側とが、お互いに歩み寄って合意するものですよね。
 で、労働組合というのは「1時間も働かずに月に100万円貰いたい」という主張を実現させるための組織で、経営者団体側は「24時間365日働かせて1円も払いたくない」という主張を実現させるための組織ですよね。

 というところから見ると、労働組合が左手にノルマを課す訳がないんですよね。そもそも天秤に図る必要がない。天秤は経済学でいうところの「神の見えざる手」ってやつじゃないのでしょうか。

 と、ちょっと知ったかぶりに反論してみました。
 それでは、また。

投稿: 通りすがりの元公務員 | 2012年5月23日 (水) 23時26分

おはようございます。

>とーる2号氏
どうも私の理解が先走ったようです。失言失礼しました。
昨日の新聞でも、アンケートが人権侵害だからと
市労連が提訴するかもとの記事を読んで憤ったりしたのが
原因と思います。

>通りすがりの元公務員
私の思い込みかもしれませんが、レッテル張りが好きなのは
いわゆる反日的な活動をしている、労働組合、市民団体(笑)
社民党、民潭等ですかね。
すぐに主張しますよね。海外に侵略するとか、軍靴の音が聞こえる
とか。
意味など無いと思いますが、それをお尋ねになるなら
それらの団体に尋ねるほうが正解と思います。

それとあまのじゃく氏の主張はおかしいとは思えません。
極端な例がスタートとしても、元々このプログのスタートが
公務員が不当にバッシングされるのは正確な情報が不足して
るからではないか。だから少しでも正しい情報を発信しよう。
それに対して、このような考えや行動が批難されるのだと
コメントが寄せられる。そのコメントに管理人が回答する
のが長年のパターンです。

だから労働契約の本質がそうであっても、それを主張して
市民からの批判が止むことはない。だからこうあるべきとの
主張ではないのでしょうか。

投稿: nagi | 2012年5月24日 (木) 09時07分

社会というのは常に「天秤」が作動している。それが摂理です。左翼の主張する共産主義にも(前回書き込んだような)「天秤」が存在する。
天秤は必ず釣り合う。その様に社会は動く。

「権利と義務」「収入と支出」「男と女」「雇用者と披雇用者」「光と影」「我と彼」・・対立軸が違う様々な天秤の振れで社会が動いていく。

「売り手と買い手」の対立軸で動く「見えざる神の手」だけが「天秤」ではありません。

自分達の中で自制的に天秤を働かせていないから、「公務員はタダで働け!」って別の天秤が作動しているだけだ。
裁判所に逃げ込めば、いずれ「粛清」が待っているだけでしょう。天秤は必ず働きますから。

今深刻なのは、左に「我欲」右に「1000兆円の借金」の天秤が釣り合っている事です。

投稿: あまのじゃく | 2012年5月24日 (木) 10時38分

公民は履修したはずですけど、右翼、左翼については語源としてフランスのそれが示されていたくらいしか記憶にありませんでした。

ここの説明が面白かったです。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1435084.html

リベサヨは濱口さんがよく引き合いに出されています。
日本で右翼と言えば、万世一系を根拠とした皇国史観とGHQ制定憲法の改憲でしょうか。
皇室には全く関心がなく君主制より共和制で構わない私は右翼とは言えませんが、憲法9条と自衛隊の関係のように明文憲法がないといわれる状態を改善しようとする保守の動きは支持します。

労働契約の本質ってそんなに極端なのでしょうか?
労働と報酬の関係は、心理学的には、経済的なものに限定されず社会的なものも勘案され、謙虚なようです。(日本のみならず欧州でも)
そういった観点からは、何もすることのない天下りの説明はできませんが。

労使の対立よりも本工主義の方が搾取的にも思えます。
おまけに官公労が法的にアウトサイダーでは、クリーンハンドの原則どころか分限、懲戒も致し方ないかと。

大阪市の労使協議は話題満載のようです。
>労使の意見交換禁止も 大阪市、人事介入排除狙い条例案
>大阪市、現業職給与最大25%下げ
>大阪市、職員の政治活動に罰則…条例提案へ


投稿: L | 2012年5月24日 (木) 13時10分

補足情報です。

>大阪市職員に入れ墨より根深い“噂”浮上 採用経緯含め調査を
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120524/waf12052410130010-n1.htm

>刺青問題と暴力団汚染
http://blogos.com/article/39390/

投稿: L | 2012年5月24日 (木) 13時28分

通りすがりの元公務員さん、さすがお里がお里だけにお金は天から降ってくるものとお考えのようです。
年金逃げ切り世代ですしね。

投稿: ?! | 2012年5月25日 (金) 22時44分

こんばんは。投げかけときながら返事できなくて恐縮です。

?!さんへ
お金が天から降ってくれば、こんなうれしいことはないですよねー。お里はお里なのですが、今はしがない個人事業主ですので、働いただけお金はやってきますけれども、働かなかったら一銭にもならない境遇です(笑)

ちなみに私の生年月日的には年金は逃げ遅れ世代です。あしからず。
それでは、また。

投稿: 通りすがりの元公務員 | 2012年5月26日 (土) 00時35分

>働いただけお金はやってきますけれども、働かなかったら一銭にもならない境遇です

ならば、こんな発想は???なのですが。
>労働契約というのは「1時間も働かずに月に100万円貰いたい」という側と「24時間365日働かせて1円も払いたくない」側とが、お互いに歩み寄って合意するものですよね。

左翼的に報酬が労働とリンクしていないので青天井的な本音(本質)が露になるのかと思われます。
主権の拠を食いつぶすほど権利を主張されるのもギリシャを見ると有りかもしれませんが、そのギリシャ国民も他国へ出稼ぎに行っていることを考えると、報酬はその生産性の見返りなのが本質でしょう。

公務員上がりは国家破綻を引き起こした国民以上にモラルがないことが証明されたようです。

投稿: ?! | 2012年5月26日 (土) 20時46分

>1時間も働かずに月に100万円貰いたい

そもそも憲法27条に違反し違憲的発想でしたね。
これで地方公務員の本質がアナーキーで権力に集るシロアリ的なことが証明されました。

投稿: ?! | 2012年5月26日 (土) 21時28分

 失礼ながら横槍を入れます。
 ネット上なら何を言っても良いというものではないと思います。
 ?!さんが問題にされている通りすがりの元公務員さんの言葉は、労使交渉というものの性質を分かりやすく示すために極端な書き方をされているものであることは明らかです。
 それを曲解して人格攻撃につなげるのは、ただの煽り行為ではないですか?
 
 来る者拒まずというのがOTSUさんの基本姿勢なのであれば止むを得ないかも知れませんが、度の過ぎた煽りや荒らしまで放置していると、ある程度実りある内容を期待して集まってくる読者には、読むのも苦痛になってくるのではないかと危惧します。

投稿: 野次馬 | 2012年5月27日 (日) 00時25分

野次馬さん、そもそも通りすがりの元公務員さんが詭弁を使い本質とはかけ離れたことを曲解して扇動していることの裏返しなのです。やりとりが煮詰まってくると人格攻撃も始まりますしね。
共産党系の労組は景気動向に関係なく常に右肩上がりの要求をするそうですが、たぶん同類だと思います。

投稿: ?! | 2012年5月27日 (日) 07時46分

残念ながら、?!さんの批判、レッテル貼りは、支持できないですね。

まず、登場の仕方からして、揶揄・皮肉まじり。それをやりたくなってる時点で、偏見に陥ってるんじゃないかと、慎重になるべきですね。
で、2回目以降のコメントを見ても、やっぱり揶揄が混じってる。

否定的な評価ってのは、「この発言のここがこうで、こうだからおかしい」と論理的に説明すれば、後は見た人が下すものです。
結論だけを強調しても、そこに至るロジックが十分でなければ、それが説得的でなければ、誰も支持しません。
まして、初めから「シロアリ」「お里がお里だけに」などと言ってみても、誰の心にも響きません。

他人を揶揄する快感に依存するのは止めましょう。攻撃者自身のためにもなりません。
パブリックなコミュニケーションの場ですから、マナーは守ってください。

投稿: かもめのじょな | 2012年5月28日 (月) 20時38分

↑ご忠告、真摯に受け止めさせていただきます。
ただ偽善にはその鼻を折りたくなる性分なものですから。
もう少し風刺的な表現ができれば良いのですが。

投稿: ?! | 2012年5月28日 (月) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130697/54738757

この記事へのトラックバック一覧です: ネットに繋がらない日々:

« 『鉄の骨』と公契約条例 | トップページ | いろいろな反応 »