« 告発問題の論議から感じたこと | トップページ | 徒然と、このブログについて »

2007年10月27日 (土)

木を見せて森を見せない政治

Kenさんから厳しいトーンのコメントが前回記事「告発問題の論議から感じたこと」へ寄せられました。告発のコストなどを問題視したサイトを紹介したため、横領者への甘さが印象付けられたようでした。Ken314さんからフォローいただきましたが、あくまでも告発の是非に対しても多様な見方があることを紹介したつもりでした。

さらに前回記事の最後の方で述べた内容を意識し、その話につなげていく意味合いもありました。つまり物事を単純化し、簡単に白黒をつけがちな風潮に対する問題提起への伏線だったと言えます。また、前回記事のコメント欄では黙考人さんから公務員の横領は本当に多いのか、詳しい数字を掲げながら解説していただいています。

とにかく公金横領は犯罪であり、情状酌量の余地はなく絶対許されるものではありません。この点は誰からも異論が出ない共通認識となり得ます。しかし、時効が到来していない事件をすべて遡って告発するかどうかは、人によって意見が分かれます。このような事例を切り口とし、前回の記事で言い尽くせなかった話を書き進めてみます。

その前に申し添えなければなりません。これまでも当ブログは公務員に関する身近な問題から国政の話など幅広いテーマを取り上げています。記事内容の話題転換が地方公務員の働きぶりや待遇などに強い関心をお持ちの方々に対し、問題のすり替えであるような誤解を与えないか心配しています。決してそのような意図がないことを念のため、あらかじめ表明させていただきます。

さて、たいへん前置きが長くなりました。このような点も雑談放談をうたった当ブログの特性ですのでご容赦ください。まず素人の私が語るよりも、読売新聞に掲載されていた東京大学の御厨貴教授の「官邸崩壊」(上杉隆・著)に対する書評「“目に見える政治”の結末」の中で使われた言葉を紹介します。

井上義行、世耕弘茂、石原伸晃、塩崎恭久といった面々。彼等はいずれも劇場型政治の小泉政権の下で、政治とは何かを学習してきた。その結果が、政治を見えるように仕切るという意識を生み出した。

「チーム安倍」は、断片化された目に見える政治に固執する。彼等が内むきになり自己満足する様子は、閣僚スキャンダルの露呈による支持率の低下という危機的状況が訪れるや、ますますひどくなる。

何か悪いことがおこれば、その対策に腐心するのではなく、公務員たたきや、サミットでの安倍イニシアチブの演出といった、別の目に見える政治によって解消しようとするのが常だったからだ。

以上は、御厨教授の書評から抜粋した内容の一部です。小泉元首相が「郵政民営化に賛成か、反対か」と訴え、「刺客」候補の話題などで盛り上がり、自民党が圧勝した成功体験がその後の政治に大きな影響を与えてきました。政治家が国民に対して分かりやすい言葉で政治を語ることは重要ですが、中味を単純化しすぎて本質的な問題から目をそらされるようでは本末転倒な話です。

敵か味方か、具体的な選択肢に対してイエスかノーか、シンプルでこれ以上分かりやすいものはありません。しかし、簡単に白黒をつけられない場合も多く、とりわけ政治の世界ではそのような場面が頻繁にあるはずです。逆に「目に見える政治」を常に意識していたら、それこそ木を見せて森を見せない政治になってしまう恐れがあります。

膨大な年金未記録の問題も、社会保険庁の怠慢から職員の横領、その告発の是非など「目に見える」話が騒がれがちでした。当然、どれも軽視できない問題ですが、何よりも年金制度のあり方そのものが大きく問われるべき課題であることは間違いありません。

例えば官僚の天下り問題も、早期退職を長年慣例化してきたキャリア制度見直しなど公務員制度全体の中で考えなければ、士気の低下や人材確保の面で支障を及ぼしかねません。テロ特措法の延長問題も、インド洋での給油の是非が大きな争点となっています。しかし、平和な国際社会をどう実現するかという総論から考えれば、各論の一つにすぎません。

以前にも記したことがありますが、駐レバノン特命全権大使だった天木直人さんのブログをブックマークしています。天木さんはイラク戦争に反対した元外務官僚で、霞ヶ関の裏表を熟知している方です。そのような方の思いもブログを通し、いつも興味深く拝見していました。特に最近、そのブログの中で印象に残った言葉を紹介し、この記事の結びとさせていただきます。

テロ特措法に至っては予想通りの展開になった。毎日のように与野党の政治家が給油の是非を論じているが、こんな問題は二次的な問題なのだ。「米国のテロとの戦い」にこれ以上付き合っていくべきかどうかが問題なのだ。「米国のテロとの戦い」に付き合うことが果たして世界が日本に期待している国際貢献かどうかと言うことなのだ。それを正面から議論すべきなのだ。

10月23日の毎日新聞「知られざる給油活動」がはっきり書いている。日本が給油活動をしていたことなど世界は何も知らないのだ。大騒ぎをするのは日本と米国だけである。その米国はイラクの平和回復をあきらめ、ついに長期的な米軍駐留を言い始めた。米国は給油よりも日本がイラクから手を引く事を許さないのだ。終わりのない米軍のイラク占領に日本を引きとどめたい、それだけなのだ。

|

« 告発問題の論議から感じたこと | トップページ | 徒然と、このブログについて »

コメント

エントリーとは関係ないですがOTSUさんにもぜひ読んでほしいブログがあるのでご紹介

労働組合というギルド
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/9edbf325d17cc62254dcf71ecc6395f1

投稿: tokiwa | 2007年10月28日 (日) 02時25分

tokiwaさん、おはようございます。
池田信夫上智大学教授のブログ記事「労働組合というギルド」のご紹介ありがとうございました。たくさんのコメントまで目を通せませんでしたが、記事本文は読ませていただきました。
私のブログでも「八代尚宏教授の発言」などを通し、正規と非正規労働者の問題を取り上げてきました。また、最近開かれた連合の定期大会で、非正規の労働条件改善や組織化を最重要課題とする方針が決まりした。
このように既存の労働組合として絶対避けてはならない課題だと強く認識しています。今後も様々な角度からより良い方向をめざしていくつもりです。

投稿: OTSU | 2007年10月28日 (日) 06時52分

 リンク先の「お役所仕事」の方が、組合嫌いだと公言していて、大変がっかりしました。

 私も思えば「組合嫌い」だったのに、執行部に入ったんですよ。そんな人を前の執行委員長が上手に育てて、役員らしい振る舞いができるようにしていったんですね。

 私は「組合が」と、他人事・3人称で語る人には、まじめに執行委員を2年間はやってもらいたいと思っています。「こういうことも必要なんだ」と心の片隅に思ってもらえれば成功でしょう。

 さて、今回の政治手法についてのお話は、私が何回も話してきたことと合致しているように思います。本質から目を背けさせて、叩きやすい目標をつくって、そちらに攻撃を集中させる-これは郵政もそうですし、今回の年金横領、さらには国鉄の時もそうでした。
 マスコミは、スポンサーのない官公労働者は都合のいいように書きますから。本当に力のある民間ではこうはいきません。例えば、トヨタ自動車の熊本における車体が起因する事件など、三菱自動車と同じように叩かれても仕方がないように思いましたが、巨額の広告費に恐れをなしたのか、マスコミの反応は静かでした(週刊金曜日を除く)
 キヤノンの偽装請負問題にしたって、キャンペーンを張った新聞は一時広告を引き揚げられたという話も聞きます。

 叩きやすいところを叩く-これだけでは根本が解決していないわけですから、何にもならないと思います。民主党には枝葉の部分にこだわることなく、根本の部分で論陣を張ってほしいと思っています。

投稿: Unvollendete | 2007年10月28日 (日) 10時46分

Unvollendeteさん、コメントありがとうございました。
過去の記事「組合役員になったイキサツ」(2006年2月2日)で記したことがありましたが、私も入所した頃は組合に距離を置こうと考えていました。実際に役員を担ってみると組合の大切さなどが分かり、現在に至っています。
ご指摘のような意図的な誘導なども多いと思いますが、特に迷うことなく「木」を見て、そのことが最優先課題だと思われがちな社会の雰囲気を危惧しています。民主党に対する思いはUnvollendeteさんと同じであり、今回の記事本文は民主党への注文の意味もこめていました。

投稿: OTSU | 2007年10月28日 (日) 19時40分

>OTSUさん

池田氏の記事を読む際には、こちらのHPも併せて対照しながら読んだ方が良いかと思います。

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_a4ee.html

投稿: とおる | 2007年10月28日 (日) 20時20分

とおるさん、ご紹介ありがとうございます。
今朝のコメントは多少誤解を招くものだったかも知れません。池田教授の主張に共感したものではなく、正規と非正規の問題が重要である点に賛意を示させていただきました。

投稿: OTSU | 2007年10月28日 (日) 20時46分

お久しぶりです。ちょっとげんなりしているのでピンポイントだけ

>大騒ぎをするのは日本と米国だけである。

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007102400116&genre=A1&area=Z10
以前にパキスタン大使からの直接の給油継続依頼の記事は貼ったのでパスします。
ちなみにこの手の会合、二回目ですね。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20071029it14.htm
> 最後の給油活動は29日午後2時(日本時間午後7時)から、インド洋北部で始まり、パキスタン軍の駆逐艦に行われた

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071029-00000112-yom-soci
> インド洋での海上阻止行動に参加しているパキスタン海軍の艦船が追跡したが

そういえばガソリン値上げしてますね。

投稿: 勤労戦士 | 2007年10月29日 (月) 23時37分

勤労戦死さん、お久しぶりです。
それぞれニュースのURLのご紹介ありがとうございました。勤労戦死さんが何を訴えたいか大筋理解できます。
今回、天木さんの記事を私自身が共感し、自分のブログで紹介しました。したがって、「あくまでも天木さんが発している言葉である」などと言うつもりはありません。
天木さんは当然、各国大使の要請や国連の感謝決議の話は承知した上で、「大騒ぎをするのは日本と米国だけである」と考えているはずです。つまり天木さんも、私も、日本の果たすべき国際貢献やテロをなくすための本質的な議論を願う立場で、共通しているものと思っています。

投稿: OTSU | 2007年10月30日 (火) 00時16分

テロ特措法問題と組合活動は何か関係あるんですか?

投稿: tokiwa | 2007年10月30日 (火) 18時06分

tokiwaさん、率直なご質問ありがとうございます。
このブログを続けてきて、今までもよくあったお尋ねです。参考となる一番最初の記事は2005年9月18日の「組合の平和運動」でした。その後も記事本文やコメント欄での対話を通して、私なりの考え方をお示ししてきました。
様々な運動方針の一つとして、組合は職場の労使関係だけでは解決できない政治的な活動にも取り組んでいます。当然、本来の任務と主客逆転しない範囲で、組合員の皆さんとの確認を前提にした活動です。
とは言え、tokiwaさんと同じような違和感や疑問を組合員の皆さんも抱く場合が多いものと感じています。そのため時折り、当ブログで平和を願うテーマの投稿も重ねてきています。それでも簡単に疑問は消えないかも知れませんが、結論の押し売りのような組合運動を避けるためにも地道に発信していこうと考えています。

投稿: OTSU | 2007年10月30日 (火) 22時01分

OTSUさん、森が何か示してもらえません?
森も木もガラス貼りで見える政治じゃないといけないのは分かりきっているんだけど、じゃあ、地方自治の何が住民に見えているかといえば、国政以上に森も木も見えないってこと。
当局の意見は聞けても組合の意見なんてどこにもありゃしない。
同じ公務員でもキャリアと末端じゃ見ているものも違うし、組合員とそうじゃない人も違うらしいし。

今の日本を見ていると地方問題と重なって見えますね。力のある者はどんどん外へ出て行き後には出ていけない者しか残らない。
若い者が何も生み出さず分配と消費だけしかしない年金生活者のような地方公務員を志向するなんて世も末で、浮ついていようが未だベンチャーを目指していた頃の方がマシというもの。
 
民主党は相変わらず爆弾を抱えてますね。
山田洋行からの金の流れや東氏の件など相変わらず薮蛇。
自民も反論しないところを見ると双方で話はついているんだろうな。

変えるのに手間隙のかかる行政なんて森も木も責任を付回すことしか考えていないんだから、納税者がそれぞれ目の前の理不尽なことから公にするのが、この国を立ち直らせる手段だと思う。
年金も不足のあった人が皆訴訟を起こせば国は動かざるを得ないよ。
その位しなけりゃ、この国の無責任体質は変わりはしない。


投稿: のぶ | 2007年10月30日 (火) 22時39分

のぶさん、コメントありがとうございました。

今回のような記事を投稿すると読み手によって幅広い反応をいただきます。また、私の表現力の拙さから主張したかった趣旨が適確に伝えきれないことも反省しています。

今回の記事で「木」は「盗人は牢屋に」であり、「森」は皆が信頼し、安心した老後を送れる年金制度確立の問題です。また、「天下り全廃」や「新人材バンクの是非」が「木」であり、キャリア官僚も含めて公務員が国民のために全力で職務を遂行できる制度議論が「森」だと考えていました。テロ特措法に関しては記事本文で書いたとおりの問題意識です。

なお、誤解のないよう強調させていただきます。決して不正や犯罪に対しての大小を訴え、小さな不正は見逃し、巨悪の追及に専念すべきとの趣旨の記事ではありません。

その意味で、のぶさんの「納税者がそれぞれ目の前の理不尽なことから公にするのが、この国を立ち直らせる手段だと思う」とのご意見に異論を唱える立場ではありません。基本的な問題意識の多くは、まったくその通りだと感じています。

投稿: OTSU | 2007年10月31日 (水) 22時59分

こんにちは。
無いと思っていた書類が出てきました。
出てきたことによって「隠していたとはケシカラン!」と、糾弾することは、誰もがまず行なうかもしれませんが、
「ちょっと待って。それ、あそこにあったと思いますよ。」
と、無いと思っていたものを掘り起こすのに手助けしてくれた人の良識を高く(正しく)評価する、そして後から掘り起こすことにより不利益を被らないことを断固として保証する、そんな組織になってくれれば、そして、働く人全員が良識ある人になる、そんな日が早く来るといいですね、と、ふと思ったのでした。
おじゃましました。

投稿: どんちび | 2007年11月 1日 (木) 18時03分

「森」を見るといえば表向きの施策だけでなく政官民とも「金」に対する本音というか、水面下の流れや正当性が本質です。
天下りも分をわきまえない組合(自治労国費評議会)闘争も税金をしゃぶることを合法化した「悪」という意味では同列でしょう。
社会保障事業に巣食う経済ヤクザかと見紛うばかりです。
年金記録問題検証委員会の最終報告書も読みましたが、闘争の主旨は建前でウソばかりだし。
自治労関係者から前身の国費評議会を含め社保庁の労組に対する批判というのは聞いたことがありませんが、同じ一般的感覚から乖離した者と捕らえられても仕方がないですね。
(OTSUさんに「森」の別の側面に対する所感をお伺いします)
年金を原資にした事業がありますが、消えた年金で降格処分になった地方幹部までが(当然組織の斡旋により)天下りしているとのこと。
これだけの組織的不祥事を起こしておきながら内部から現場の状態が聞こえないのも奇妙ですが、マスコミの取材に応えた少数の職員によると次の年金組織へ移るまでやり過ごせばいいと反省はほとんど見られない様子。

経済財政諮問会議では公共サービスのうち民間で行えるものの仕分けを始めるようですが、もっと民間との出入りを促進しないと一般社会から遮断したままでは己の非効率を認識することもあり得ません。
この記事を読むとハラワタが煮えくり返ります。
これだけ欠損が大きいのですから、即刻報酬にあたる物(それに応じた年金も)はカットし欠損金の補填に回すべきです。
横領の手口の稚拙さや動機から受ける印象は、こいつら、阿呆の巣窟です。

年金検証委 最終報告、嘆く社保庁職員
「体質変わらない」
 「もっと早く手を打つべきだった」「批判されても仕方ない」。31日に公表された「年金記録問題検証委員会」の最終報告書で、〈使命感と責任感が決定的に欠如していた〉と厳しく指弾された社会保険庁の職員らはそれぞれに苦い思いを口にした。
(中略)
  〈多くの職員は年金記録の誤りが相当あることを漠然と認識していた〉
 報告書がそう指摘したことに関し、「記録漏れがあることは分かっていた。批判されるのは当たり前」と話すのは、社会保険事務所に勤務する中堅の男性職員。この職員によると、年金記録問題で批判にさらされた後も、職場の体質が「改善されたとは言えない」という。「今も、窓口から見えない場所でさぼっている人がいる。10年20年やってきたことが突然変わるわけがない」。そう明かす職員は「(社保庁から年金業務を引き継ぐ)新しい機構では、民間や他の役所から人材を取り込まなければ同じことの繰り返しになる」と憂えている。
(中略)

横領の元職員「だますのは簡単だった」
 「一般の人は、社会保険事務所と自治体の領収書の区別もつかない。だますのは簡単だった」。国民年金保険料約50万円を横領し、免職になった東日本の60歳代の元臨時職員は、読売新聞の取材にそう語った。この元職員は、自治体と社保庁で行っていた保険料の収納業務が2002年度に社保庁に一元化された後も、自治体が使っていた昔の領収書を悪用。手渡された保険料を着服し、意味のない自治体の領収書を渡してごまかしていた。しかし、保険料は国庫に入っていないため、被保険者に督促状が届いて発覚した。
 「臨時職員は毎月、ご用聞きのように未納者宅へ集金に行かされる。それも遠方や難しい相手の所ばかり。正規職員への当てつけもあって着服してしまった」と元職員は振り返る。
 最終報告書には、社保庁や自治体の職員が横領した手口も記されている。多いのは、本物に似せたゴム印を押すなどして作ったニセの領収書を渡すケースだった。
(2007年11月1日 ○×新聞)

投稿: masa | 2007年11月 1日 (木) 20時06分

どんちびさん、いつもコメントありがとうございます。
「働く人全員が良識ある人になる」、本当にそうなりたいものと願っています。それでも人間の弱さ、また、補う仕組みを同時に作っていくことも必要だと考えています。


投稿: OTSU | 2007年11月 1日 (木) 20時51分

masaさん、コメントありがとうございます。
かなり迷いましたが、コメント欄を通してお答えした場合、言葉足らずとなったりして充分思いが伝わらない恐れもあります。
たいへん恐縮ですが、バックナンバーの2007年6月3日の「5千万件の年金記録漏れ」から続く一連の記事、そのコメント欄での数多くの議論をご覧いただければと考えました。厚かましいお願いとなりますが、今回のmasaさんの問いかけに対する私自身の答えとしては、そのようにご紹介するのが好ましいものと判断させていただきました。ぜひ、ご理解をよろしくお願いします。

投稿: OTSU | 2007年11月 1日 (木) 21時01分

masaさん、この直前の私のコメントは、やはりたいへん失礼なものだろうと思い返しています。
今回のmasaさんのようなお怒りに対し、丁寧に対応していくことが当ブログの目的の一つですので、その丁寧さに欠けたレスであったことを反省しています。申し訳ありませんでした。
それでも今夜、逐次お答えしていく力が出そうにありません。今後の記事本文などでお答えしていけたらと思っていますので、お許しください。よろしくお願いします。

投稿: OTSU | 2007年11月 1日 (木) 21時20分

>masaさん
masaさんの怒りには基本的には同意します。ただ、同じ自治労とはいえ、OTSUさんは、プロフィールによれば、
> 地方公務員の一人です。また、自治労に所属している市職員労働組合の執行委員長を務めています。
  という、地方公務員(社保庁職員ではない)という立場の人であり、また、9月2日の記事では
>また、私どもの組合は自治労(サイドバーに用語解説リンクも)に加盟しています。これまで当ブログへ自治労に対する批判も数多く寄せられてきました。第三者ではありませんが、全責任を負える立場でもなく、非常に悩ましかったり、もどかしかったりした場面が少なくありませんでした。その際、私自身の見解や自治労本部への要望をブログで訴えてきました。
  とあるので、社保庁における天下りや職員の意識等については、責任を持って言えること、言えないこと、わからないこと等あるでしょうから、怒りの矛先を向ける相手としては、あまり適切ではないと思います。
まあ、私も、気持ち的には、社保庁は解体して今までの厚生年金の掛け金は返して欲しいぐらいに思っていますが、感情論と現実論とはまた別の話ですから。
今回のOTSUさんの記事の要旨は、「各論にのみ捕らわれすぎずに全体をみよう」というものだと思いますので、年金関係の各論についてあまり噛みついても、互いに感情的しこりが残るだけで、得られるものは少ないと思います。
とりあえず、OTSUさんの過去の記事やレスをみて、ある程度masaさんとの「一致点」、「相違点」を明確にされては如何でしょうか。masaさんの意見とOTSUさんの意見とが一致するところも意外とあると思いますよ(ちなみにOTSUさんは「横領した公務員は原則告発すべき」という点で私と意見が一致しています)。
なお、私とmasaさんとは、感情論ではかなり意見が一致すると思いますが、「如何にして自治労や社保庁職員、公務員のあり方を変えていくか」という戦略論では一致していないと思います。
OTSUさんは少なくとも「民間からの声を聞こうとする姿勢」と「真摯にレスする誠実さ」を持っている方だと思いますので、単にOTSUさんに怒りをぶつけるだけでなく、認めるべきところは認め、相違点に関しては冷静に指摘して建設的な関係を築くことが結局は双方のためだと思います。
「聞く耳持ってコミュニケートする人」を容赦なく叩くという戦略では、「聞く耳を持たずに陰に隠れる」人の増加を招くだけだと思いますよ。それはお互いに不幸だと思います。

>どんちびさん
>「ちょっと待って。それ、あそこにあったと思いますよ。」
と、無いと思っていたものを掘り起こすのに手助けしてくれた人の良識を高く(正しく)評価する、
これについては同感ですが、厚生労働省のC型肝炎感染リスト握りつぶしや、国民年金保険料の不正免除(法令等に違反する事務処理)が調査の度に増え続けて最終的に不正免除は222,587件に達した等の経緯をみると、
「ちょっと待って。それ、あそこに隠しておけ」「あー、もうこれ以上隠せないや。ばれちまったからとりあえず頭下げとけ」というストーリーが殆どなんだろうな、と思えてしまいます。
いずれにせよ、「働く人全員が良識ある人になる、そんな日が早く来るといいですね」には、全面的に賛成です。

>OTSUさん
官僚の天下り問題も、天下り先で給料以上の仕事をしているのであればともかく、報道をみる限りでは、そうとは思えない事例が多いように思います。
ただ、キャリア制度における早期退職→十分な報酬が得られない→天下りでその損失補填
という負のスパイラルができているのであれば、それは問題ですね。こちらに関しては、いずれOTSUさんから解説があるものと期待しています。まあ、お互いに体を壊さないよう、解説はお時間のある時にお願いします(笑)。

投稿: ken3141 | 2007年11月 2日 (金) 02時35分

上記投稿、ken3141として投稿してしまいましたが、正しくはken314です。「ken円周率」と憶えていたので、うっかり間違えてしまいました。
...と書いてから、これまでもken314とken3141をごっちゃに使っていたことに今気づきました。自分の記憶力の悪さに愕然としています。申し訳ありませんでした。

投稿: ken314 | 2007年11月 2日 (金) 02時52分

ken314さん、おはようございます。
このように私の思いを適確に語っていただけるのは管理人冥利に尽きます。本当にありがとうございます。
ご指摘のあった天下りの問題は言葉が不足していました。談合の温床につながったり、満足に働かず高額な給料や退職金を受け取る天下りを決して認めている訳ではありません。たいへん失礼致しました。
いずれにしても次回以降の記事本文で、今回のコメント欄で感じた点を書かせていただくつもりです。

投稿: OTSU | 2007年11月 2日 (金) 07時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130697/16872228

この記事へのトラックバック一覧です: 木を見せて森を見せない政治:

« 告発問題の論議から感じたこと | トップページ | 徒然と、このブログについて »