« 公務員にも組合は必要! | トップページ | 参院選公示後も政党のHP更新 »

2007年7月11日 (水)

自治労の思い、あいはらくみこさんへ

社会保険庁の問題が厳しく問われる中、このブログへのアクセス数が一回り増え、それに比例して公務員やその組合に対する厳しいご意見のコメントも多くなっています。対立的な議論の中にも意義を見出そうと努めてきましたが、最近、どうも溝を広げるだけの試みであるようにも思えてきました。

本業に支障が出るほど滅入ってはいないつもりですが、多くの方からご心配をいただき本当にありがたく感謝しています。中には「更新を一時休止されてはいかがでしょうか」とのアドバイスまでいただいています。確かに人格まで否定するような書き方のコメントは勘弁願いたいところですが、批判内容そのものに対しては大きなストレスを感じていません。念のため、右から左へ受け流す意味ではありませんので、誤解のないようお願いします。

立場や視点の違いから多様な意見が示されることは当たり前だと思っているからです。そのため、不特定多数の方々へ発信できるブログの機能に大きな期待を寄せてきました。一方で、ブログでの活動がすべてだとも考えていません。あくまでも日常の活動を補う一手段だと位置付け、過剰な労力を費やすことなく、時間を工面できる範囲内でコメントも含めて投稿してきました。

したがって、ブログに固執するあまり自分自身がつぶれるような事態はないものと考えています。それでも短い文章で完結するブログ記事の限界、個人の責任による運営と言いながら完全に個人的な見解のみで展開できない悩ましさを改めて感じ始めていました。ちなみに今まで「大胆な改革、オランダのダッチ・モデル」や「八代尚宏教授の発言」などを通し、私なりの自問自答を繰り返しています。

たいへん恐縮な話ですが、私の迷いや悩みにお気遣いくださり、前述したようにブログの休止やコメント凍結を勧めるご意見も多くなってきました。その一方、自然体で続けてほしいとのご要望などもいただきました。インターネットを介した関係でありながら、それぞれ心暖まるお言葉であり、本当に心強く感じました。

そのような声を受けとめながら思案してきた結果、ブログを休もうと思えば、いつでも休むことができるものと判断させていただきました。そして、どのような内容を書き込んでも反発されるのならば、このブログ開設の大きな目的の一つだった原点に戻る記事を新規投稿する考えに至りました。

もともと前回記事「公務員にも組合は必要!」の中で、今回のタイトルにある内容まで触れていく予定でした。さすがに前々回記事「公務員に組合はいらない?」のコメント欄の雰囲気を配慮するならば、「流れや空気が読めていない」「火に油を注ぐつもりなのか」などと激しい叱責を受けることを懸念し、常識的な線上となる総論的な話にとどめていました。

当ブログの開設は組合活動を身近に感じてもらうことも一つの目的(以前の記事参照)としています。そのため、かなり前からの読者の方には違和感がないものと思いますが、これまで組合が取り組む平和運動選挙闘争に関する記事も多数投稿してきました。昨年の今頃は地元の市議会議員選挙に向けた記事を立て続けに投稿していたほどです。

このようなことを言ったとたん、コメント欄をクリックし、厳しいご意見を書かれる方が大勢いらっしゃるものと覚悟しています。上記のキーワードそれぞれに過去の記事へ飛べるようリンクをはりました。すべての方にリンク先をご覧いただけるとは考えていませんので、基本的には「一期一会」の記事に努めるよう心がけてきました。

しかし、この問題こそ、どのように長い文章で懇切丁寧に説明を加えたとしても、批判される方は絶対批判する難しい話題だと思っています。そのため、単刀直入な言い方となりますが、組合活動として政治活動も大事な領域であり、明日公示となる参議院議員選挙に連合組織内として7名が比例区に立候補する予定です。その一人が自治労の代表で、以前の記事(「非正規」職員から参議院へ)でもご紹介したあいはらくみこさんです。

自民党からは民主党を叩く政治的なカードとして、民主党を支持する一組織である自治労が目の敵にされています。また、その動きと同じ目線で、多くの国民の皆さんから「自治労は悪役?」とみなされている現状を痛感しています。自治労の一組合員として、たいへん残念な事態であり、つぶれるかどうかの危機的な局面だと受けとめています。

ある意味で、このブログのコメント欄を通し、その冷たい逆風を誰よりも私は強く感じることができる立場なのかも知れません。名誉挽回、汚名返上、よりいっそう地域住民の皆さんから信頼される自治労運動への発展強化が求められているものと考えています。このような情勢のもと、自治労の様々な思いを小柄ながら芯の強いあいはらさんへ託し、明日からの大事な選挙戦に突入します。

組合が応援している候補者を組合員の皆さんへお知らせするのは組合活動と位置付けられていますが、選挙期間中にインターネット上で固有名詞を出すことは控えていきます。したがって、この話題は今夜限りとなるため、最後にあいはらさんが一番目に掲げる政策の一端をご紹介し、久しぶりに普段着に戻った「公務員のためいき」の結びとさせていただきます。

 安心できる職場や雇用の確保は、豊かな人生を送る第一歩です。しかし、雇用形態による格差の拡大、不払い残業や過労死の増大など、現実は厳しくなる一方です。それでも政府は、残業代ゼロ法案や解雇の金銭解決制度の導入で、労働者の負担をさらに増やそうとしています。フリーターやニートといわれる若者、臨時・非常勤で働く多くの女性など、女性でも、若くても安心して暮らしてゆける雇用条件や社会づくりをめざします。

|

« 公務員にも組合は必要! | トップページ | 参院選公示後も政党のHP更新 »

コメント

こんばんは。
最近はやりの言葉に「サステナビリティ」なるものがあります。
普通に「持続可能なもの、」とされておりますが、これを「無理なく続けられる、無理なく継続可能である」 と、ちょっとくだけて解釈すると、身近に感じられることと思います。
何においても、(こちらで話題・議論の主題となってものも含めて)Sustainability が一番なのね、と自らの経験も含めて振り返る今日此頃でした。
おじゃましました。

投稿: どんちび | 2007年7月11日 (水) 23時13分

管理人の心意気にあらためて敬意を表します。
私も管理人と同じ立場でありながら、管理人の足元にも及ばない存在であります。
ですが、前のお題で書き込みをさせていただいたとおり、我々も変わらないといけないのは確かです。
自治労が今回の参院選で組織内候補としている「あいはらくみこ」さんは元は非常勤職員であり、公務職場の矛盾点を誰よりも知っておられる人だと思います。私も3度ほど講演会などでお会いしましたが、その小さな体のどこにそんなエネルギーがあるのか?というほど前向き・建設的な方でした。
私も微力ではありますが「あいはら」さんの必勝のため尽力していく次第です。
あいはらさんを支えるためにも、我々自治労組合員も気持ちを引き締め、本来あるべき労働者(公務員以外の労働者)の生活改善のため努力していく所存であります。
共にがんばりましょう!

投稿: とらじろう | 2007年7月11日 (水) 23時16分

どんちびさん、とらじろうさん、コメントありがとうございます。
ご心配をおかけしましたが、ご指摘のような「サステナビリティ」で続けていくことにしました。続けていく中で、私たち公務員の組合が「自分たちだけ良ければ良い」などと考えていないことを地道に発信していくつもりです。
ぜひ、これからもよろしくお願いします。

投稿: OTSU | 2007年7月12日 (木) 07時16分

ご無沙汰を致しております。
この間のやり取りについても、拝見させていただいておりましたが、なかなか議論に参加することができませんでした。
OTSUさんの真摯な態度にはあらためて敬服するとともに今後も変わらぬご奮闘を期待いたします。
いよいよ告示、共にがんばりましょう。

投稿: shima | 2007年7月12日 (木) 08時20分

shimaさん、お久しぶりです。コメントありがとうございました。
いろいろ厳しい時ですが、お互い後ろ向きにならず頑張っていきましょう。
ぜひ、一段落しましたら、たまには以前のように議論にご参加ください。

投稿: OTSU | 2007年7月12日 (木) 12時45分

>フリーターやニートといわれる若者、臨時・非常勤で働く多くの女性など、女性でも、若くても安心して暮らしてゆける雇用条件や社会づくりをめざします。

実に良い事を言っていますが、自治労にそれが出来ましたか?その既得権は本当に日本の戦後の発展を支えた企業や人の上前をはねているだけなのですよ?管理人さんもその立場は判っていらっしゃるでしょうね?

投稿: ひろ | 2007年7月12日 (木) 22時00分

非正規雇用者時代(今も自営でありますが)、私がいた会社の組合は非正規雇用者を締め出していました。非正規雇用者の雇用や労働条件は、誰も守ってくれないんだな。自分でなんとかしなくてはと思ったものです。
あのときの私の経験が、組合というものの印象を決めてしまったかと思うと残念な気持ちです。さまざまな労組における、非正規雇用者の割合を見れば、組合というものがいかに非正規雇用者に対し冷たいかわかると思います。

それはさておいて、
>若者、臨時・非常勤で働く多くの女性など、女性でも、
>若くても安心して暮らしてゆける雇用条件や社会づくりを
>めざします。

この言葉が本心から出たとするなら、ぜひともがんばっていただきたいと思います。努力が足りないと笑われるかもしれませんが、会社や組合といった組織に属さない人間は、本当に弱いものです。
この弱き人間に手を貸してくれるような方が一人でも多く国を動かす人になってくれることを願ってやみません。

投稿: サマンサ | 2007年7月12日 (木) 23時58分

ひろさん、サマンサさん、コメントありがとうございました。
今、連合に結集する労働組合は「正規」雇用組合員中心の活動から広く「非正規」「未組織」で働く方々の問題まで力を注ぎ始めています。また、自治労はもう何年も前からその方針を持ち、臨時・非常勤職員や公共サービス関連の民間労働者の皆さんの組織化も進めてきました。
リンクをはった以前の記事でもお伝えしましたが、あいはらくみこさんは「非正規」職員だった女性です。したがって、ご指摘された点について、自らの体験を踏まえ、様々な問題意識を持たれている方だと言えます。そのあいはらさんを候補者としている自治労の思い、ぜひ、ご理解ください。よろしくお願いします。

投稿: OTSU | 2007年7月13日 (金) 07時24分

>サマンサさん

非正規雇用の社員でも組合は作れますよ。
締め出されているなら、自助努力で組合を立ち上げれば良い。

世間一般的にそうですが、自らは何の努力もせずに、
困った時だけ助けて欲しいというわがままな人が意外に多いですね。

>努力が足りないと笑われるかもしれませんが、
>会社や組合といった組織に属さない人間は、本当に弱いものです。

弱さと努力不足を武器にしてはいけないと思いますよ。

現実に各地で非正規雇用者主体で労組を立ち上げるのが増えています。

正規雇用者の労組が、正規雇用者の利益を優先するのは当然です。労組は慈善団体や正義の味方ではありません。共通の利害関係を有する労働者が自分達の為に作った団体です。

例えば、日本人の為の日本政府が、日本人よりも外人の利益を優先させたら、
それは異常なことであるのと同じです。

投稿: とおる | 2007年7月13日 (金) 07時46分

おっしゃるとおりです。正社員の労組は正社員のもの。非正規雇用者はお呼びではないのです。
しかし、あいはらくみこさんさ「そうではない」といっている。
そこにこれまで組合同士のいがみ合いや派閥争い、思想の異なるものへの攻撃など、労組のいやな面を見てきた俺は光を見ているわけです。

俺自身は、組合なんてものがなくなり、労働者と雇用者がひざを突き合わせてきっちり契約を交わせるような社会が理想と考えています。
ですから自分は個人事業主という道を選びました。それについて後悔はありませんが、やはり個人対企業ではどうにもならない部分はあります。

だからこそ
>フリーターやニートといわれる若者、臨時・非常勤で
>働く多くの女性など、女性でも、若くても安心して
>暮らしてゆける雇用条件や社会づくりをめざします。

に期待しているわけです。
戦わずして労働条件を話し合えるなら理想じゃないですか。

投稿: サマンサ | 2007年7月13日 (金) 10時16分

既得権益を享受してきた側の自治労が、非正規職員出身の候補者を応援しても説得力に欠けますね、残念ながら。
自治労があいはら氏の応援をしても、自治労のパフォーマンスにしか受け止められず、民間労働者があいはら氏に逆に反発する恐れもあり、あいはら氏の当選を阻むことになりそうですね。

投稿: ミッシェル | 2007年7月13日 (金) 12時22分

>サマンサさん

あなたの書いてることは、支離滅裂と言うか、矛盾してますよ。

>俺自身は、組合なんてものがなくなり、労働者と雇用者がひざを突き合わせてきっちり契約を交わせるような社会が理想と考えています。
>ですから自分は個人事業主という道を選びました。それについて後悔はありませんが、やはり個人対企業ではどうにもならない部分はあります。

個人対企業ではどうにもならない部分があるから生まれたのが、先人の知恵、労働組合でしょう。
労働者と雇用者の利益は、どこかで必ず食い違いますから、理想的な契約なんてのは有り得ません。

そもそも、組合は、事業主だって作っています。

古今東西、利益を共有する者が団体を作って政治力等を行使するのは、正当な行為です。

率直に言うと、あなたの「理想」は現実と乖離していますし、
問題の解決策でも何でも有りません。

投稿: とおる | 2007年7月13日 (金) 19時01分

とおるさん、サマンサさん、ミッシェルさん、コメントありがとうございます。
以前、登録型ヘルパーの皆さんの組合結成とその後の活動に対し、お手伝いをしたことがありました。作るまでもたいへんでしたが、その後の運営はもっとたいへんでした。
確かに一人でも組合は結成でき、一人でもいろいろなタイプのユニオンに加入することもできます。それでもゼロから始めることは相当の覚悟が必要だろうと思っています。
一方で、既存の組合が働く者全体の労働条件の社会的な底上げについて、改めて重要な課題であると認識しているのも決してパフォーマンスではありません。
考え方が異なる者同士、お互い理解し合うための意見交換や議論は大事ですが、溝を広げる切っかけとならないよう心がけたいものと考えています。これからも、このコメント欄での有意義な議論への参加よろしくお願いします。

投稿: OTSU | 2007年7月13日 (金) 21時29分

はじめて投稿させて頂きます。このブログに出会い大変勉強させていただいております。
私が以前から受けていた印象として、労働組合に関しては、民間なら話はわかるのですが、
公務員の労働組合って・・???う~ん、憲法15条は何なんだろう。やはり、天皇の官吏
からの意識から離れられないんだろうか・・。やっぱり特権階級なんだよなぁ・・。僕も民間経営者でなく公務員になればよかったかなぁ^^;;などなど、いろいろ考えてしまいます。高度経済成長時代はお金を湯水のように使っても誰も疑問を持ちませんでした。本当は将来に備えて計画的にお金を使っていればよかったのですが、その時の自分たちの欲を優先し、後から来る人たちのことは御座なりになっていたのは、事実だと思います。そして、混沌としてきたこの時代に、いろいろな場面で、基本に立ち戻ることが必要なのではと思うのです。
公務員の場合、「全体の奉仕者」たるにはどういう倫理観を持ち生きなければならないのか、
また、学校教育の現場でも子供に公務員の生き方を正しく伝えていく努力が必要なのではないかと思います。清く・正しく・質素に、使命感を持って生きる。そのような教育が必要なのではないでしょうか。経済優先の社会になった為難しいことだとは思いますが、日本が世界から認められる国になるためには、とても大切なことだと思うのです。
ケツの青い、ばかばかしい思いなのでしょうか?だとしたら、とても悲しい思いです。

投稿: こうじ | 2007年7月14日 (土) 14時12分

公務員だって、公共サービスの担い手なだけで、
労働者であることに違いはありません。

霞を食って生きていける訳でもなく、
そんな気持ちの悪い倫理教育は無駄に終わるだけです。

投稿: とおる | 2007年7月14日 (土) 14時22分

このブログにて、よく公務員の事を「公僕」、「全体の奉仕者」という単語で表現する方を見かけますがこれって正しい表現なんでしょうか?

公僕というと国民・国家の下僕というイメージがあるのですが、法律でそんなふうに定義されているのでしょうか?

個人的な意見としては「一労働者」ではないかと思うのですが、実際どうなんですかね?
また、一労働者である以上、質素に生活しなければならないという意見には私は反対です。

投稿: エニグマ | 2007年7月14日 (土) 20時38分

一応民間人の私、あっしまった!が承知している範囲ではこんな感じです。って私がコメントしていいのか?間違いがあったら教えてください、詳しい方。(^o^;)

一般職の公務員を「全体の奉仕者」であるとするのは、以下の法律に根拠がある表現です。
『すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない。』憲法第15条第2項
『すべて職員は、国民全体の奉仕者として、公共の利益のために勤務し、且つ、職務の遂行に当たつては、全力を挙げてこれに専念しなければならない。』国家公務員法第96条
『すべて職員は、全体の奉仕者として公共の利益のために勤務し、且つ、職務の遂行に当たつては、全力を挙げてこれに専念しなければならない。』地方公務員法第30条

「公僕」とする表現は、英語で公務員を指すpublic servantと言う単語を和訳したものです。
ただ、ここで言うpublicという概念は日本では必ずしも正しい意味で用いられている言葉ではないとの指摘も一部の分野の学者さんからはあります。
どちらの言葉も一応、「個々人又は特定個人の利益のための下僕」ではなく、「公共という概念の利益のための下僕」と言う意味です。

一方で、憲法による基本的人権は人間として公務員個々人にも及び、公共の福祉の為にやむを得ない範囲で違憲でない法律によってのみ制限されます。よって、公務員の待遇や勤務条件(休暇・勤務時間・給与・社会保障・労働基本権の制限の有無など)は、全て法令・条例など広義の法規で規定されます。
この点、旧憲法下の天皇の官吏としての特別な立場・無定量な天皇への忠実義務等とは事なり、現憲法下での公務員として公共の福祉のもとに良くも悪くも特別な扱いを受ける労働者とのしての位置づけがあるという学説があります。
『職員は、職員としては、法律、命令、規則又は指令による職務を担当する以外の義務を負わない。』とする国家公務員法第105条などの規定もあります。※命令=政令・省令、規則又は指令=人事院規則・人事院指令

投稿: あっしまった! | 2007年7月14日 (土) 21時31分

で、なにが公務員が奉仕すべき「公共(全体)の利益」なのかは、十人十色な問題になってきます。
公共の福祉に寄与する範囲でと言われても、では何が公共の福祉なのか?と言うとまた十人十色な問題になってきます。
この点、個々人が主張を始めると収集がつかず、結局税金で雇われた個々人の利益の為の奉仕者になるおそれが生じます。

憲法前文に「国民は正当に選挙された国会における代表者を通じて行動する」とか「国政は国民の厳粛な信託によるものであり、権威は国民に由来し、権力は国民の代表者が行使し、福利は国民が享受する」とあります。
なので、国会の選挙の結果と国会の議決(法律・予算)が国民の総意であるから、それに従うことが公務員の全体の奉仕者としての義務となります。主権という名の権力の行使は、代表である国会議員がする事になっているからです。
地方自治体の場合は国民の総意としての狭義の法令に加えて、議会の議決(条例・予算)が住民の総意であり、その両方に従うことが全体の奉仕者としての義務になります。

結局、行政権のもとにある職員として、公務員は広義の法令に従う義務と職務に専念する義務を有し、法令・予算にない事は一切職務として行ってはいけない、となります。これが「全体の奉仕者」のありかたです。

投稿: あっしまった! | 2007年7月14日 (土) 21時56分

こうじさん、とおるさん、エニグマさん、あっしまった!さん、コメントありがとうございました。
あっしまった!さんには、いつも詳しい解説をしていただき非常に助かっています。ありがとうございます。
このブログを通して実感している点があります。私たちのような一般職の地方公務員に対して、人によって本当に見方や評価が分かれることを感じています。そのことを意識し、前回記事で「車の両輪」との表現を使ってみました。まだまだ真意が充分に伝わらない言葉だったようですが…。
とにかく様々な視点でのご意見を伺うことができ、自分たちの足元を見つめ直す貴重な場であると受けとめています。

投稿: OTSU | 2007年7月14日 (土) 23時41分

ぜんぜん無関係なんですが

> 自民党からは民主党を叩く政治的なカードとして、民主党を支持する一組織である自治労が目の敵にされています。

http://blog.goo.ne.jp/nagashima21/e/6f5fe3c44927bac5b68fa5b3f8627274

<引用>
ところが、残念ながら、私たち生粋の民主党議員からすれば、自治労や日教組になどまったく世話になっていないのが実情。したがって、彼らの攻撃には何の痛痒も感じない。
</引用>

連合はもう独自に政党を作ったほうが良いと思いました。

投稿: 勤労戦死 | 2007年7月15日 (日) 01時53分

勤労戦死さん、おはようございます。
ご紹介いただいたブログ、実は自分自身のRSSに登録しています。したがって、昨日の朝、すでに私も目を通していました。
その記事を書いた衆議院議員の長島昭久さんは、私のブログにたびたび登場しています。過去の記事をお読みいただければ一目瞭然ですので、包み隠さず私自身の感想をお伝えします。
私どもの組合がある選挙区選出の民主党代議士が長島昭久さんで、いわゆる組合の推薦議員に位置付けられています。たいへんな政策通で、非常に正直でまっすぐな印象をかもし出している方です。
当たり前な話ですが、私どもの組合が推薦しようとしなくても長島さんの選挙の当落に影響がないものと思っています。また、長島さんは広い意味で、以前の総評と社会党のような関係が「生粋の民主党議員」にはないことを言いたかったのでしょう。
しかし、「まったく世話になっていない」という言い方は、支持してきた私どもの組合、ひいては組合員の気持ちを逆撫でする発言であると指摘せざるを得ません。記事全体の文脈は私も共感していますが、その箇所をあえて「まったく」というような表現にしなくても良かったはずです。
これまでも何回か長島さんと直接お話できる機会があり、誤解や言葉足らずに対して釈明を受けてきたことがあります。今回の件も参議院選挙が終わり、一段落してから本人にその真意をただしてみようと考えています。

投稿: OTSU | 2007年7月15日 (日) 09時55分

 私はある市役所で嘱託職員として勤務しています。窓口業務なので昼休みもお客様の対応にあたり、住民票,印鑑証明書,戸籍を出していますが、本当はこういった証明書は私たちが出したら法律に触れる?のではないのでしょうか。あと嘱託でありながら就業規則では職員の3分の1以下の勤務というのに職員と同じ時間仕事をしていますが これってどうなの 教えてください。

投稿: | 2008年7月20日 (日) 12時35分

2008年7月20日(日)12時35分に投稿くださった方、ご訪問ありがとうございます。

戸籍業務などで法律の縛りが多い場合もありますが、基本的に証明発行関係は嘱託職員の業務として法的に問題ありません。

職員の3分の1以下の勤務とのことですが、何かのお間違いではないでしょうか。週5日勤務で一日の勤務時間が職員より短い、出退勤の時間は職員と同じで週4日又は3日勤務というのが、よくある勤務形態となっています。いずれにしても週40時間の常勤職員に対し、それより短いのが非常勤職員、つまり嘱託職員の位置付けです。

3分の1だと週2日勤務以下となってしまいます。そのように定められていて、職員と同じ時間を仕事しているとしたら大きな問題だと思います。ちなみに組合は均等待遇原則を重視し、常勤職員の処遇に時間比例した嘱託職員の労働条件の底上げを常に要求しています。

最後にお願いがあります。ぜひ、名前(任意)欄だけはご記入くださるようお願いします。なお、同じ内容のコメントが重なって投稿されていましたので、遅い時間の一つは削除させていただきました。

投稿: OTSU | 2008年7月20日 (日) 16時00分

いまだに大きな顔をして国会で、揚げ足取りの質問を繰り返す、「相原久美子」。
責任もって国会から引きずりおろしてください。

投稿: | 2016年2月 2日 (火) 18時24分

2016年2月2日(火)18時24分に投稿された方、コメントありがとうございました。

どのような点が揚げ足取りの質問だと見られているのでしょうか。機会があれば例示いただければ幸いです。

投稿: OTSU | 2016年2月 6日 (土) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130697/15685167

この記事へのトラックバック一覧です: 自治労の思い、あいはらくみこさんへ:

» パソコンど素人ただ30日間で230万円を稼ぎだ本当の情報販売術! [パソコンど素人の情報販売術]
パート、アルバイト、フリーター、派遣社員 日雇い労働者、主婦もっとお金のほしいあなたに、夢をかなえる稼げるネット副業。パソコンど素人が30日間で230万稼いだ驚異の情報販売術を紹介 [続きを読む]

受信: 2007年7月13日 (金) 08時36分

» 年金問題をまとめると [Mamechishiki-Web!]
年金問題の最新ニュースや年金の裏ワザを集約した便利なページを作ってみた。 にしても、あれって一種の使い込みだよなぁ。逮捕者出ないとおさまらないと思う。しかし、 [続きを読む]

受信: 2007年7月14日 (土) 17時09分

» 女性社会情勢 [赤ちゃんポスト 女性雇用状況変化などの現状]
熊本県の医療法人・聖粒会が運営する慈恵病院が導入を発表した 海外ではドイツ イタリア などは以前より導入しているが、国内ではどうか・・ [続きを読む]

受信: 2007年7月17日 (火) 21時46分

» 相原久美子 自治労 [芸能情報広場]
自治労の思い、あいはらくみこさんへ自民党からは民主党を叩く政治的なカードとして、民主党を支持する一組織である自治労が目の敵にされています。また、その動きと同じ目線で、多くの国民の皆さんから「自治労は悪役?」とみな... [続きを読む]

受信: 2007年8月 2日 (木) 02時55分

« 公務員にも組合は必要! | トップページ | 参院選公示後も政党のHP更新 »