« 特殊勤務手当の見直し | トップページ | 飲酒運転の撲滅へ »

2006年9月13日 (水)

世界がもし100人の村だったら

前回記事「特殊勤務手当の見直し」に対し、たくさんの方から貴重なご意見のコメントをお寄せいただきました。今後の労使協議に向けた判断材料や参考にさせていただきます。ありがとうございました。

さて今回、また記事タイトルが公務員の職場課題から離れ、唐突な印象を持たれた方が多いかも知れません。このブログは組合活動を身近に感じてもらうことも目的として、今までも催したイベント内容などについて報告した記事を投稿してきました。今回、初めての試みですが、来週開くイベントのPRを兼ねた記事を書き込んでみました。

私どもの組合は「世界がもし100人の村だったら~あなたもここに生きています」と題した講演会を来週木曜日に企画しています。この題名の著書をご存知の方も多いのでないでしょうか。もちろん講師は、その本の作者である池田香代子さんをお呼びしています。池田さんはドイツ文学翻訳家と口承文芸研究家の肩書をお持ちです。

世界を人口100人の村に置き換えたら、性別、人種、宗教、言語、環境、生活の状態など、どのようになるのでしょうか。例えば本には「100人のうち20人は栄養が充分ではなく、1人は死にそうなほどです。でも15人は太り過ぎです」「1人が大学の教育を受け、けれど14人は文字が読めません」と記されています。

インターネットのEメールで世界に広まっていた「世界がもし100人の村だったら」のメッセージをアメリカ同時多発テロの後、池田さんが数字や表現を加筆して絵本として再話しました。このメッセージを一人でも多くの人に知らせたいと池田さんが願って出版した絵本は海外でも翻訳され、130万部を超すベストセラーとなっています。

世界を100人に縮めることで見える事実は、理不尽なまでの不平等さをリアルな感覚で浮き彫りにしました。その絵本は、この世界にいろいろな人がいることを知り、受け入れ合っていく大切さを訴えています。そして、戦争や飢餓などで苦しむ人たちのことを知り、平和的に共存できる「村」とするために何ができるのか、「100人の村」の現実から考えることができます。

池田さんは本の印税で「100人の村基金」を立ち上げ、NGOや日本国内の難民申請者の支援を行なっています。来週の講演会は「世界がもし100人の村だったら」の絵本のメッセージを通し、池田さんから平和や環境、人権の問題などについて語っていただく予定です。

組合員の方はもちろん、一人でも多くの方にご来場いただければと考え、参加費は無料としています。9月21日午後6時30分から立川市民会館小ホールで開きます。280人収容のホールですので、直接ご来場いただいても大丈夫なはずです。私どもの組合員以外の方も大歓迎ですので、ぜひ、お気軽にご来場ください。

最後に冗談話です。私どもの組合の役員や書記局職員が100人の村(当然、100人もいませんが…)だったら「80人が太り気味(デブ)」と聞いた時は、思わず笑ってしまいました。少し誇張(?)された話ですが、メタボリック症候群に注意すべき人が多いことは確かかも知れません。

|

« 特殊勤務手当の見直し | トップページ | 飲酒運転の撲滅へ »

コメント

あなたに問い掛けるのは筋違いなのでしょうか...。しかし敢えて問います。
自治労のHPに掲載された<飲酒運転防止の行きすぎ>という見解についてです。ああいう見解を恥ずかしげもなく掲載する自治労に対して不信感が募ります。自分たちの権利を守ることにのみ意識が向いている気がします。一般庶民の考えとは距離があり過ぎます。
なるほど飲酒運転には民間も公務員も関係ありません。しかし少なくとも民間は自らのHPにあのような見解を掲載しません。それはおかしいという皮膚感覚が働くからです。

投稿: たかし | 2006年9月14日 (木) 14時59分

たかしさん、はじめまして。コメントありがとうございました。
ご指摘があった自治労のホームページ、弁護士とのQ&Aだったようですが、削除されてしまったようです。現時点で正確な文章を確認できませんが、削除し、お詫びするような内容だとしたら本当に残念な失態です。
自治労組合員の一人として、たかしさんの憤りを真摯に受けとめさせていただきます。
なお、最近の記事「責任の処し方、あれこれ」へのコメント欄で書いたことも正直な感想です。とにかく飲酒運転は、人の意思一つで撲滅できるはずです。痛ましい事故が二度と起こらないことを心から祈念しています。

投稿: OTSU | 2006年9月14日 (木) 17時51分

お疲れさまです。
ところで自治労のHPに掲載された「飲酒運転防止の行きすぎ」という例の見解について、世間の見る目は非常に厳しいものがあります。更に悪いのは、「誤解を招くから...」という名目で記事を削除した点です。誤解も何もないのですけれど。そもそも飲酒運転は違法なのですから。
あなたへの期待なのですが、あなたが本件の総括を求めては如何なのでしょうね?

投稿: 昭雄 | 2006年9月16日 (土) 11時12分

昭雄さん、コメントありがとうございました。
自治労のホームページの問題、いろいろ私も思うところがありました。今日、最新記事として「飲酒運転の撲滅へ」を投稿します。ぜひ、ご覧ください。

投稿: OTSU | 2006年9月16日 (土) 15時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130697/11882262

この記事へのトラックバック一覧です: 世界がもし100人の村だったら:

» 子供に見せたい絵本 [子供に見せたい絵本]
子供に見せたい絵本〜子供達にきちんと読ませてあげたい絵本を厳選してご紹介します。〜 [続きを読む]

受信: 2006年9月14日 (木) 04時59分

» 本の仕入れ方法 [アマゾンで本・CD等を売ってお小遣いを稼ごう]
アマゾンで本・CD等を売ってお小遣いを稼いでみませんか [続きを読む]

受信: 2006年9月16日 (土) 20時29分

« 特殊勤務手当の見直し | トップページ | 飲酒運転の撲滅へ »