« 小泉政権最後の骨太の方針 | トップページ | 対北朝鮮決議と中東情勢 »

2006年7月13日 (木)

ウィキペディアのようなブログ

最近、またココログ有料コースの不具合がひどく、私も含めたユーザーが強いストレスをためていました。とりわけ夜になると画面展開や保存に要する時間が極端に長くなっていました。今週の火曜午後2時から48時間、集中的なメンテナンスが行なわれ、今のところ何とか普通の状態に回復したようです。

その48時間、記事の投稿はもちろん、コメント機能も一切使えなかったため、ココログ契約者以外の方にも迷惑をかけたはずです。それでも個別にメールで連絡や謝罪が来る訳ではなく、こちらからココログのブログなどへアクセスしなければ何も分からない不親切さも指摘させていただきます。

さて、今度は私自身が謝罪しなければなりません。前々回の記事「財政破綻した夕張市」の中で、負債額を当初「600兆円」と書き込んでしまいました。匿名の方からコメントで「億円の間違いでは?」と指摘を受け、あわてて「600億円」に訂正させていただきました。

ご指摘のとおり600兆円では国の公債残高(約542兆円)より多い額となり、まさしく桁違いの誤りを犯してしまいました。このようなケアレス・ミスをしないよう心がけてきましたが、今回、本当に恥ずかしい間違いでした。

ご指摘くださった方、改めてありがとうございました。また、不確かな数字を数日間、ウェブ上に掲げてしまい、たいへん申し訳ありませんでした。個人の責任によるブログとはいえ、数字や事実関係など不正確な情報を発信しないよう今後いっそう注意していきます。

その一方で、やはり何か事実誤認や「ちょっと考え方が違うな」など、気になる点がありましたら、ぜひ、ご指摘や突っ込みを入れてください。そもそもブログはウィキペディアのようなオープンな特性があるものと思っています。

ウィキペディアとは、インターネット上の誰もが編集に参加できる百科事典のことです。どの項目に対しても不特定多数の方が自由に加筆修正でき、日々一刻と内容が変化し、豊富化されていくそうです。誰かがいたずらして間違った内容に書き換えても、圧倒多数である真面目な方が正しい内容に修正するため、きわめて信頼できるネット上の便利な百科事典となっています。

自分のミスの話からウィキペディアの話へ飛躍させてしまい、たいへん恐縮です。つまり私自身、ブログで主張する記事内容に責任を持って発信していますが、その考え方に相容れない方たちが多数いらっしゃるだろうと思っています。特に「公務員」論議に関する見方は様々であり、過去、このブログを通して数多くの議論を重ねてきました。

その際、私自身の主張が絶対正しいと思い込み、批判や反論を頭から否定する立場では意義深い議論へつながりません。回りくどい言い方でしたが、そのような趣旨で「ウィキペディアのようなブログになれれば良いな」と願っているところです。

|

« 小泉政権最後の骨太の方針 | トップページ | 対北朝鮮決議と中東情勢 »

コメント

blogもwikiも一般人がネットにコンテンツを提供することへの敷居を低くしてくれるすばらしいシステムだなぁと思っています。

むしろ仕事で使えると思っています。wikipediaと同じ要領で、wikiを使えば、たとえば総合計画(振興計画)とか市民便利帳、統計書や年報の類なんかかなり簡単に成果品が作れ、そのままwebにアップできますよね。

ただ、まぁまだ結構ネットになれていない人が多くて、「掲示板のように、いったん書き込んだら修正できない」と誤解している人もいるみたいで、いくら敷居を低くしたといってもいまだ一部のネットに慣れ親しんだ人だけが使えるシステムなのかなぁ。

投稿: hammer69_85 | 2006年9月 8日 (金) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130697/10920421

この記事へのトラックバック一覧です: ウィキペディアのようなブログ:

« 小泉政権最後の骨太の方針 | トップページ | 対北朝鮮決議と中東情勢 »