« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月24日 (土)

財政問題と労働組合の立場

金曜日の早朝4時、多くの日本人がW杯1次リーグF組の最下位からジーコジャパンの決勝トーナメント進出の奇跡を夢見ました。「神様ジーコ」への配慮の話はあり得ないものでしたが、すでに決勝トーナメント進出を決めているブラジルの戦略的な余裕に付け込んだ2点差以上の勝利、きわめて薄い可能性が「もしかしたら」の悲願となっていました。

やはり残念ながら現実は厳しく、結果は1対4の完敗、日本代表は前回王者ブラジルの厚い壁に押しつぶされました。前半34分の玉田圭司の先制ゴールから10分ほどが夢想した世界の絶頂の時間でした。それでもブラジルは2002年の日韓大会準決勝からW杯4試合連続無失点中で、日本戦を完封すればブラジルとして新記録達成だったそうです。その記録を玉田の左足が砕き、王者ブラジルに対して一矢報いた試合だったとも言えます。

このような記事を書いているとサッカー通のように思われるかも知れませんが、私自身はW杯だから格段に注目している数多いサポーターの一人に近いはずです。このところ寝不足が続いていたため、金曜の朝もテレビをつけながら本当の夢の中で「決勝トーナメント進出の夢」を見ていたと同然な状態だったようです。一方で、正真正銘の熱烈なサッカーフアンである私どもの市役所の有志数名は、日本戦にこだわらず最高レベルの試合を観戦するため、日本の敗退が決まったその日にドイツへ旅立っています。

いつものことながら記事タイトルと関係ない話が長く続き、たいへん恐縮です。さて、前回記事「プライマリーバランスの均衡に向けて」へのご意見をお願いしたところ「消費税率、引き上げ容認48%」との記事のトラックバックをいただきました。また、同じ職場の方からは新聞記事のコピーを参考資料として渡していただきました。ありがとうございました。

その新聞記事は、東京大学の伊藤隆敏教授が日本経済新聞に連載した「やさしい経済学-財政改革」の8回分の内容でした。私の前回記事でも歳出削減と増税問題を取り上げましたので、専門家の立場からより詳しくプライマリーバランスの論点を説明された非常に参考となる資料でした。ちょうど同じ記事内容がインターネット上に公開されていました。

私自身の不勉強さがばれてしまいますが、ドーマー条件など初めて耳にした言葉も多く、記事内容をすべて理解しきれた訳ではありません。その程度の者が伊藤教授の話を紹介するのは適切でなく、ぜひ、興味のある方はリンク先を直接ご覧になってください。一定の知識や情勢認識の参考として、このブログ記事での議論につながれば幸だと考えています。

実は財政面の議論を深めるにあたって、「公務員のためいき」の宿命とも言える立場性の問題がありました。過去の「公務員」論議でも行き着く先の一つの壁でしたが、私が労働組合の役員の立場でブログを発信しているため、あるロジックから抜け出すことができません。と言うよりも、勝手に抜け出してはいけない大きな信念であるロジックでした。

たっくんさんから「給与引き下げを受け入れないのであれば、どうするのか?借金?増税?他項目の削減?」と問いかけられ、狛江市議の清水さんからは「自治労が自らに鞭を打つ行政改革を発信出来なければ、地方政府の民主党政権も実現できないですよ」とのご指摘を受けていました。

確かに厳しい財政状況の中、市側の提案を何でも反対したり、従来の権利や水準を絶対守る立場での労使交渉はあり得ません。公務員を見る市民の目の厳しさなども強く認識し、引き下がるべき時は苦汁の決断を今まで数多く下してきました。それでも組合側つまり現場職員の目線で見て絶対引き下がれない問題に対しては、断固突っぱねた提案も少なくありません。

労使交渉事項は労働条件の問題に限り、管理運営事項すなわち経営に関する課題は対象となりません。だからと言って組合側が財政問題に関心がなかったり、無責任に「破綻しても仕方がない」などと考えている訳ではありません。自治労としては各都道府県に地方自治研究センターを立ち上げるほど力を入れています。

清水さんのコメントに対しては「ご指摘を重く受けとめながらも、司、司の労働組合の立場からより良い市政改革に臨んでいく決意です」とお答えしていました。厳しい市財政の建て直しに向け、市側が行財政改革推進の計画を策定すること自体、当然、組合側が反対したり否定する立場ではありません。

ただ労働条件に関わる問題の変更に際し、必ずしも市側と組合側が同じ目線に立てない場合のあることが「司、司の立場」だと考えています。そのことが結果として、市民サービスの維持向上につながる場合が多いことも付け加えさせていただきます。このようなロジックにより、たっくんさんのご質問に対しても明確に答え切れず、論点のすり替えだとのご指摘があるかも知れません。

最後に一言、ブログの利点は一方通行とならない意見交換できる機能がある点だと以前書きました。その上で、一つの結論とした考え方が絶対正しいとは限らず、幅広い視点やご意見に耳を傾けながらベターな答えを見出せたらと願っています。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年6月22日 (木)

プライマリーバランスの均衡に向けて

前回記事「応援した候補者が当選」や少し前に投稿した記事へ、最近、何人かの方からコメントをいただいています。それぞれ取り急ぎコメント欄でお答えしましたが、今後、記事本文で取り上げる必要性がある貴重な提起が多く含まれていました。このように幅広い視点からのコメントを数多く頂戴すると非常に励みになります。ありがとうございました。

ところでプロバイダ側がスパム・コメント防止のため、コメント送信直後の必要なステップとして、指定した画像に表示された英数字を入力するテストが行なわれているようです。機械的に大量送信できる迷惑コメントを防ぐ対策として有効だそうで、そのメッセージが出た際はお手数ですがご協力ください。なお、その入力する英数字は必ず半角でお願いします。私自身、全角だったため、何回入力しても違った画像に切り替わるだけで送信できなかった実体験があります。

ついでに付け加えさせていただきますが、このブログ記事へのコメントはメールアドレスとURLを省略して送信できます。名前だけは意見交換をスムースに行なうためにも必ず入力してください。もちろんハンドルネームで結構ですので、よろしくご協力をお願いします。簡単な質問や感想、一言だけのコメントも大歓迎です。ちなみに今まで一番短かったコメントは「鍋はどこ?」でした。

さて、たっくんさんからプライマリーバランスと公務員の総人件費に関わる問いかけが示されていました。この問題を掘り下げていくことは、この間、複数の方から寄せられているコメントの提起と根の部分が共通しているものと思っています。

待ったなしで直面している財政破綻の問題、公務員の働き方や処遇に対する官民のバランス、この局面を労働組合がどう対応していくのか、このブログを通して自問自答すべき核心部分だと受けとめています。

プライマリーバランスとはよく耳にしますが、日本語で言えば基礎的財政収支となります。公債などの借り入れ収入を除く税収などによる歳入と、借り入れに対する元利払いを除いた歳出との収支のことです。この収支が均衡していれば、現世代の財源負担とそれによる政府支出からの受益が均衡していることになります。

政府は2010年代初頭にはプライマリーバランスの黒字化をめざしていますが、依然として税収が低調なのに財政支出が高止まりの状況のため難しいものと見られています。国家公務員の総人件費削減など徹底的な歳出削減を現政府は唱えていますが、本音のところは消費税の引き上げは避けられないものと考えているようです。

次期自民党総裁候補の一人である谷垣財務大臣などは、そのことを隠さないある意味で正直な政治家だと思います。小泉首相の「私の内閣の時は消費税を引き上げません」と言い続けているのは、非常に無責任で身勝手だと感じていたのは少数派でしょうか。

このように書き進めてくるとプライマリーバランスの均衡に向け、消費税引き上げこそが不可欠な手法だと主張しているように思われるかも知れません。また、自分たち公務員の賃金や人員を減らされたくないから安易に消費税の引き上げを容認するのだろうとのお叱りがあるかも知れません。

少し先走って書いてしまいましたが、「増税ありき」ではなく徹底的な歳出削減によってプライマリーバランスの均衡をめざすことの重要さを決して否定する立場ではありません。あえて言うならば増税に向けた露払いのため、公務員の存在をスケープゴートとしたような今の政権のやり方には不快感を持っています。

この類いのテーマは単発で終わらせることができない難しいものだと思っています。今回の記事内容だけでは、誤解される面や充分な答えになっていないと指摘されるはずです。難しいテーマだからこそ、このブログの記事の投稿を重ねることによって自分自身の頭の中を整理していく機会としています。

したがって、「Part2」とするかどうか分かりませんが、このテーマでの投稿は次回以降も続けていく予定です。今回はプライマリーバランスを解説したイントロダクションに過ぎない記事だったと位置付けていますが、「乞うご期待」と言えるような次回記事が予定されている訳ではありません。このテーマは皆さんからご意見をいただき、補足や補強できればと勝手に期待しているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年6月19日 (月)

応援した候補者が当選

私どもの組合が応援している候補者(民主党推薦)が争った市議会議員選挙は午後9時からの即日開票の結果、深夜、当落が判明しました。現職2名が落選する混戦の中、応援した候補者は得票数1,684票、第22位で5回目の当選を果たすことができました。

この間、ご支援ご協力いただいた関係者の皆さん、本当にありがとうございました。選挙戦の終盤、確かな手応えを感じていましたが、やはり正式に確定するまで安心できませんでした。「万が一」の言葉が頭の中をかけめぐっていました。

過去、懸命に応援した候補者が一歩及ばなかった時、ズシリと重たい衝撃とむなしさは簡単に語ることができないほどでした。その一方、今回のような朗報を得た時の喜びは格別なものがあります。

36名の候補者が30の議席を激しく争った結果として、自民党系9名中8名当選、公明党7名全員当選、民主党系6名全員当選、共産党6名中5名当選、社民党と生活者ネットワークが各1名当選、諸派・無所属2名当選となりました。民主党系6名全員の当選は厳しいだろうとの事前の予想でしたが、みごとに全員が激戦の中を抜け出しました。

ワールドカップの日本対クロアチア戦は午後10時がキックオフで、そちらの行方も正直気になっていましたが、比較できないほど市議選の開票結果の方が深刻な関心時でした。クロアチア戦の結果は0対0の引き分け、日本代表の決勝トーナメントの進出の可能性は非常に薄くなりました。

できれば両方とも朗報を期待していましたが、サッカーの方は今一つの残念な結果に終わりました。熱烈なフアンの方には申し訳ありませんが、市議選での勝利が非常にうれしく、クロアチア戦ドローの悔しさは吹き飛んでしまっています。

雨の日曜、それが影響したのでしょうか、もしくは明確な争点や話題が薄かった結果でしょうか、投票率は48.8%と過去最低を更新しました。市民にとって最も身近な選挙で、候補者36名も各地域から出ていて、きめ細かく票の掘り起こしがあったはずです。

それにもかかわらず、有権者14万の半数にも満たない人数しか投票所に足を運ばない低投票率となりました。先週日曜に行なわれた東京23区のある区長選の投票率は27.7%であり、「それに比べれば」の声もあるかも知れませんが、48.8%という数字は決して誇れるものではありません。

ちなみに選挙事務を担当している市区町村職員の投票率は80%を超える高さだと聞きます。全員が選挙事務に従事している訳ではありませんが、同僚職員が数多く担っている身近さやそれに対する責任感が理由ではないでしょうか。特に本庁の職員にとって、簡単に期日前投票ができる手軽さも大きいものと思います。

最近、この市議選を中心にした記事が続きました。国政選挙などと異なり、ローカルで地味な話題でたいへん恐縮でした。次回以降、また普段通りに幅広い題材を切り口にした記事の投稿に戻る予定です。たっくんさんからの宿題などもありました。ぜひ、これからも多くの方のご訪問をお待ちしています。よろしくお願いします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

豪州戦は残念、でも市議選は!

月曜の夜、たくさんの方がテレビを見終えて、ぼう然とし、思考停止に陥ったかも知れません。勝ち点3は何とか取れたかなと思い始めた矢先、残り10分弱で3点も奪われる逆転負けの悪夢…。

サッカーのW杯ドイツ大会、日本対オーストラリア戦のキックオフは日本時間の午後10時でした。オフサイドもよく分からなかった自分が職場の先輩に誘われるまま、市役所の同好会的なサッカー・チームに加わっていました。もう過去形の私ですが、OBも含めて集まるイベント(主に飲み会)がある時には声をかけてもらっていました。

今回、駅前にある中国料理店に集まり、その店の大型テレビでのオーストラリア戦の応援観戦に誘われていました。都合がつくメンバーは夕方から飲み始め、じっくりキックオフを待つと言う魅力ある企画でした。

前回記事「市議選闘争、いよいよ本番」でご紹介したとおり、今週土曜まで非常に多忙な日々が続いています。それでも10時近くならば、行こうと思えば顔を出せる時間でした。しかし、行けば自分の性格上、しっかり飲んでしまい、翌日に疲れをためそうな予感がしていました。

そのため体力温存のため、残念ながら大勢で応援する企画の誘いは見送り、自宅のテレビで観戦することにしました。結果は冒頭のとおり本当に悔しい残念なものとなってしまいました。

私どもの市の議員選挙がちょうどW杯と同じ4年周期で、同じ時期に行なわれます。したがって、ついW杯の結果の喜怒哀楽を市議選の行方に重ねがちでした。つまり日本の緒戦の敗退が縁起悪い、逆に勝った場合は先行き明るい…などと勝手な重ね方をしていました。

ちょっと冷静に考えれば、候補者全員が皆日本人であり、日本代表の結果はすべて等しい話でした。日本代表の結果が悪かったから全員落選などあり得ず、W杯と市議選がまったく関係ないことは言うまでもないことでした。

ただ選挙戦はある意味で非日常の世界に入り込み、波乱万丈な「お祭り」が毎日続くようなものかも知れません。皆、ハイなテンションになりがちであり、だからこそ冷静な視点も忘れないように心がけ、当然、コンプライアンスを強く意識しなければなりません。

忙しいと言いながら取りとめもない記事を書き込んでしまいました。選挙戦、残された日数は3日間のみ、組合活動の一環として組合員の皆さんへ選挙闘争の重要性や意義について訴え続けてきました。

高校の同級生名簿などから本当にきめ細かく支持拡大に努めている陣営が見受けられます。確かに選挙戦はゼロをプラスにする積み重ねが勝利につながります。結果として相手の心象を悪くし、ゼロがマイナスになる場合もあり得ます。それでも選挙戦の場合、ゼロもマイナスも同じことだと言えます。

ゼロをプラス、つまり1票とする可能性に対し、粘り強く努力する支援者が多い組織が選挙に強い陣営だと思います。しかし、労働組合は日常の活動が「主」であり、「従」に位置付く選挙闘争のために組合員との関係をマイナスにすることはできません。

要するに働きかける側の組合役員に「あまりしつこくては…」との自制心の揺らぎがあることもご理解ください。「今回、充分しつこいよ」と突っ込みが入りそうな気もしますが、それだけ重要で厳しい市議選闘争だと改めて強調させていただきます。本当にしつこくて申し訳ありませんが、ぜひとも、ご理解ご協力をよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月11日 (日)

市議選闘争、いよいよ本番

前回記事「頭の中は市議選モード」へ、たっくんさんから鋭い切り込みのコメントをいただきました。前回の記事内容と直接関連したものではありませんが、過去の私の記事を複数ご覧いただいた上で、このブログを開設している核心部分に関わるコメント内容でした。

私への質問形式でしたので、取り急ぎコメント欄で返信させていただきました。充分答え切れず、さらに追加の問いかけとなるコメントをお寄せいただきました。財政再建と職員の待遇問題、非常に重要で貴重な問題提起ですので改めて記事本文で取り上げるべき題材だと考えています。

と言いながら、今回のタイトルにあるような記事の投稿は来週に回すことができません。したがって、たっくんさんのコメント内容を受けとめ、いろいろ考える切り口としたテーマの記事は来週以降の投稿を予定させていただきました。

たっくんさんへの返信を兼ねた以上の予告について、昨夜、書き終えるつもりでした。多忙な時期でも夜は強いタイプで、今まで就寝時間を調整してブログの投稿を重ねてきました。それが昨夜は早い時間に急激に眠くなり、結局のところ投稿することができませんでした。たっくんさん、貴重な追加コメントをいただきながら返信が遅れて申し訳ありませんでした。

と言う訳で本日、統一自治体選挙から外れた一地方都市の市議会議員選挙が告示されました。以前の記事「地公法第36条と政治活動」の内容を踏まえ、組合活動の範囲内で私どもの組合は市議選闘争に全力で取り組んでいます。

その市議選が、いよいよ本番を迎えました。今回から定数が2減となり、30議席を36名の候補者で争われます。泡沫候補が皆無とも言える有力候補揃いで、現職複数名の落選が噂される激しい選挙戦となる見込みです。

私どもの組合出身の候補者は民主党の推薦を受け、5期目に挑戦しています。市職員の労働条件は労使交渉で決まる原則と平行し、議会で定める条例に基づくことも基本原則とされています。したがって、市議会の中に緊密な連携をはかれる議員の存在は非常に重要です。

さらに短絡的な「官から民へ」が強調される中、その候補者と政策面での連携も強めながら「官の役割や責任」について発信する機会だと考えています。様々な意味で組合としての利点がある選挙闘争ですが、万が一、結果が伴わなかった場合のダメージもはかり知れません。

その一方で、選挙闘争の方針は組合員の皆さんへ押し付けるべきものではなく、その重要性や意義を訴え続けることによって、ご理解やご協力を求めていくべきものだと考えています。しつこすぎると思われている方には、たいへん申し訳なく思っています。

ローカルな市議選ですが、小沢代表になってから初めて東京で行なわれる選挙だそうです。民主党系6名の応援に地元三多摩の菅直人代表代行をはじめ、平成の黄門様と呼ばれている渡部恒三国対委員長も駆けつけるほど力を入れてもらっています。

この市議選の議席30の当落が判明するのは、6月18日深夜となります。力及ばず残念な結果に終わった場合、当分、このブログを投稿する気力も湧かないだろうと感じています。そうならないよう残された日数、できる限りの努力を尽くそうと思っています。ぜひとも、関係者の皆さん、改めてご理解ご協力をよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月 7日 (水)

頭の中は市議選モード

最近の記事「保育園民営化に賠償命令」に対し、狛江市議の清水さんから格調高いコメントとトラックバックをいただきました。清水さんご自身のブログのタイトルは「しみちゃんのトホホ日記」で、硬派な記事内容との対比に親しみやすさを感じました。ところで私のブログへ本名でのコメント投稿は、清水さんが初めてでした。

このブログのプロフィールに書いてありますが、私の身近な方々にとって管理人OTSUは匿名ではありません。特段名前を覚えてもらうのが大事な職業ではありませんので、一般的なブログのルールにそってインターネット上はハンドルネームで通しています。

それでも今までの記事内容で、私どもの組合がある選挙区の衆議院議員は長島昭久さんであることをお伝えしていました。このことから調べれば3つの市のいずれかの役所の職員だと絞り込みが可能でした。そこまで調べる方はいないものと思いますが…。

さらに前回記事「社会保険庁の不祥事」で、6月18日に市議会議員選挙があることを記しました。統一自治体選挙から外れた単発の選挙ですので、どこの市の職員か少し調べれば一目瞭然となります。

前述したとおり匿名にこだわっている訳でもなく、あえて実名を出すほどの意味合いもありませんので、今までと同じように固有名詞はなるべく使わないつもりです。特に選挙戦に絡む記事での固有名詞は、より慎重になることが必要だろうと考えています。

と言いながらも、私どもの組合にとって今回の市議選闘争の重要さは格別なものがあります。ちなみに組合は様々な取り組みを「闘争」と呼ぶことが得意です。特に法律上の「選挙運動」と明確に区分するためにも、「選挙闘争」と呼ぶ大事さがあります。あくまでも組合活動の一環であることの毅然とした意思表示となっています。

実は今回の記事タイトルは「社会保険庁の不祥事 Part2」を考えていました。前回記事の内容で分かりづらい所があったとご指摘をいただき、加えて「ノルマ」に対する評価があいまいだったと自分自身も感じていました。

そう思っていながら前置きが非常に長くなり、どうしても話題が市議選に結びついていきます。その問題で自分の頭の中が一杯であるため、ある意味、当たり前なのかも知れません。逆にこの時期、その話題に触れない記事が続いた場合、組合員の皆さんや一緒に活動している民間組合の方々から「何をのんきに!」とお叱りを受けることも考えられます。

投票日まで残り10日間、しばらく市議選モードの記事が続く可能性のあることをご容赦ください。たいへんローカルな選挙戦で恐縮ですが、昨年9月の総選挙前は連日のように記事を投稿したことを思い出します。ただ今回はヘトヘトに疲れ、投稿間隔が開く場合もあるかも知れませんが、重ね重ねご容赦ください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

社会保険庁の不祥事

4年に一度、この時期、心穏やかでない日々が続きます。サッカーのワールドカップの関心も薄くはありませんが、その開幕が迫っているからではありません。

結果が確定するまで残り2週間。重要法案が目白押しだった国会閉会までのカウントダウンではありません。

今国会の会期末である6月18日は、私の勤めている市の議会議員選挙の日です。今回、私どもの組合出身の現職議員の方が5期目に挑戦します。市議会の中で緊密な連携がはかれる議員の存在は非常に重要であり、公務員組合として出来る限りの応援(バックナンバー参照)に全力を傾けています。

組合活動の中でも選挙闘争は、結果が白黒はっきり出るシビアなものと言えます。取り組む限り「頑張ったから良かった」では済まないプレッシャーがあります。4年前の書記長時代も責任は軽くありませんでしたが、委員長となった今、その重圧は段違いに増しています。

結果が伴った時の組合にとってのプラスは数え切れませんが、結果が出せなかった時のダメージもはかり知れません。と言う訳で、緊張感や不安感が心の中で波打つ今日この頃です。

さて、いつものことながら前置きが長くなりましたが、連日、社会保険庁による国民年金保険料の不正免除問題が大きく報道されています。また、この問題を受け、「ねんきん事業機構」に改める社会保険庁改革関連法案の成立が見送られることになりました。自民党側から「もっと厳しい改革案とすべき」との声が強まったためでした。

全国26都府県の社会保険事務局で合計11万4千件の不正免除、60%台に低下した保険料納付率を80%まで回復させる厳しいノルマが原因だったとも言われていました。いみじくも時期を重ねて、村瀬長官の出身企業である損保ジャパンが金融庁から営業停止処分を受けました。新規契約獲得を絶対的なノルマとして、契約者をないがしろにした保険金の不払いなどの不祥事によるペナルティでした。

この社会保険庁の不祥事発覚後、村瀬長官の最高責任者としての自覚が薄い頭の下げ方に器の小ささを感じていました。それでも一方で、民主党議員が鬼の首を取ったように村瀬長官の責任を追及する姿にも少々違和感がありました。

社会保険庁職員の大半が自治労に加入しているため、そのつもりがないだろうと思う議員の追及が「自治労のため」と勝手に誤解した話も聞こえていました。いずれにしても自治労としての見解を示すべきだと考えていましたが、単組へのファックスが届いた日に記者会見も開かれたようでした。

記者会見後、新聞の見出しは自治労見解「ノルマ当然」でした。納付率アップのノルマが問題の背景として指摘されていることについて、「目標として当然で、不適正な手続きの大きな要因ではない。(被保険者の)年金受給権を確保しようという思いだったはずだが、法令を熟知していなかった」と現場職員の非も認めた会見内容でした。

その上で自治労としても、公的年金に対する国民の信頼をさらに失わせる事態を招いたことについて率直に謝罪しました。当たり前のことかも知れませんが、四の五の言わず率直に謝罪し、反省する見解が示されたことに自治労の一組合員として安堵したところでした。さらに最後に、自治労から単組へ届いたファックスの結びをご紹介させていただきます。

自治労は、今回の事態に対する反省の上に立ち、当該国費評議会がこれまで職場から積み上げてきた「職場改革アクション~利用者の立場にたった現場からの提言運動~」を通じて、引き続き「信頼回復」と「行政サービスの向上」、「働きがいのある職場づくり」にむけて改革を進め、労働組合としての社会的責務を果たしていく。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »