« 喜怒哀楽、組合役員の改選期 | トップページ | 組合大会成功への試行錯誤 »

2005年11月 6日 (日)

連合のクリーンキャンペーン

このブログを開設した大きな目的は、一方的に言われっ放しなバッシングに対して公務員側の言い分を不特定多数の方へ発信したいと考えたからです。したがって、なるべく多くの検索エンジンの登録や記事によってはトラックバックなどにも努めてきました。今のところ幸い「荒らし」(バックナンバー参照)も起きていませんが、爆発的なアクセス増もなく、一日のアクセスは100~300件を推移しています。

その中で最近、この「公務員のためいき」を好意的にリンクしていただいているプログなどを発見しました。

一つは「当分ノンポリシー」で、作者のcourtsさんから『OTSUさん、はじめまして。コメントありがとうございます。僕も来年度からは多分公務員として働くので、OTSUさんのブログがとても参考になります。厳しい状況ですけど、応援してます!』とのエールもいただきました。

もう一つは「自治労王様の説教掲示板」の中で、栃木の泡沫候補さんが『三多摩のどこかの自治体の組合役員さんが作っているブログ見つけました。真摯な態度に好感を持ちました。』とのコメントを添えて紹介していただいています。

このような反応があると大きな励みとなり、ささやかな試みですが地道に続けていこうと思いを新たにできます。courtsさん、栃木の泡沫候補さん、ありがとうございました。ちなみに二つとも、このブログのサイドバーに相互リンクしたことをお伝えします。

さて、雨が心配された日曜日。連合三多摩の地区協議会がクリーンキャンペーンを行ないました。午前10時までに200人近くの組合員や家族が私鉄の駅前に集まり、まず開会にあたって簡単なセレモニーを行ないました。短時間なセレモニーでしたが、来賓には地元市長、国会議員、都議会議員、連合組織内の市議会議員らが集まり、そうそうたる顔ぶれでした。

セレモニーの後、4コースに分かれ、街に落ちているごみを分別収集しながら市のリサイクルセンターへ向かいました。コースによって距離に差があり、到着時間は30分ほどの開きが出ました。それでも全員が正午までにセンター内の所定の場所へ集めたごみを廃棄し、任務は完了できました。さらに出された昼食の弁当のごみも、徹底的な分別廃棄にご協力いただきました。

地区協議会が発足してから毎年、クリーンキャンペーンは各市持ち回りで実施してきました。連合の社会貢献活動の一環として、市内の清掃・美化とともに「自分たちの街をきれいにしよう」という啓発を目的とした行動でした。ごみが少しでも捨てられていると「いいや自分も」と続く心理が働きがちです。このことは落書きや放置自転車なども同じことが言えます。したがって、常にきれいな街はきれいさを保ちやすく、汚れ始めるとドンドン汚れてしまうようです。

このような趣旨から一日のみのイベントですが、クリーンキャンペーンは一定の成果をあげてきたものと思います。加えて参加された皆さんがごみの分別など、環境問題を意識してもらう機会になってきた意味合いも考えられます。

また、それぞれ歴史や政治方針が異なる組合が結集して誕生した連合は、発足当初、全体で取り組む活動にはいろいろ神経を使っていたと聞きます。その中で、クリーンキャンペーンのような社会貢献活動は、それまでの垣根を越えて一致して取り組めるイベントだったものと思います。そのような具体的な活動の積み重ねの中で、生まれも育ちも違う組合間で「顔合わせ」から「心合わせ」が進み、「力合わせ」ができるところまで来たものと実感しています。

最後に、ごみ対策課の皆さん、ご協力ありがとうございました。参加された皆さん、役員の皆さん、お疲れ様でした。とにかく全体が解散するまで雨が降らずに何よりでした。

|

« 喜怒哀楽、組合役員の改選期 | トップページ | 組合大会成功への試行錯誤 »

コメント

はじめまして。
私は『自治労王様の説教部屋』での栃木の泡沫候補者さんのカキコから、こちらのブログの存在を知り、拝見させていただいています。
私も小さな自治労系労働組合で書記次長を担っています。
小泉をはじめ「悪いのは全て公務員が原因」的な風潮が作られるなかで、こうしたブログや各種HPの存在は、貴重なものと考えています。
これまでの、すべての既得権を守るのではなく徹底した住民や仲間との交流から、何が求められ、何を守り、何を構築していくのか?
大変、大きな、むずかしい課題とは思いますが、それが必要なのだろうと考えています。
ともにがんばりましょう。

投稿: アンディ・ベム | 2005年11月 7日 (月) 09時42分

アンディ・ベムさん、コメントありがとうございます。ちょうど今回の記事にも書かせてもらいましたが、このような意見がたいへん励みになります。結局は自己満足にすぎないのではないかと思う時もありましたが、改めて頑張ろうと元気を出せます。これからもご注目ください。よろしくお願いします。

投稿: OTSU | 2005年11月 7日 (月) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130697/6890592

この記事へのトラックバック一覧です: 連合のクリーンキャンペーン:

« 喜怒哀楽、組合役員の改選期 | トップページ | 組合大会成功への試行錯誤 »