« 避けて通れない拉致問題 | トップページ | 熱いハートの茅ヶ崎市議、岸正明さん »

2005年10月 4日 (火)

政治課題の難しさ

前回の記事は「避けて通れない拉致問題」でした。いただいたコメントに対する回答という流れですが、かなり公務員の課題から離れ気味と言えます。と言いながらも個人の責任によるブログですので、あまり枠にとらわれず今後も臨機応変な内容にしていくつもりです。

その私の記事を取り上げた「平和も、拉致被害者救出も」というトラックバックをいただきました。結論部分は好意的な扱いでしたが、次のようなご指摘も受けました。

原則論としては、労働組合が平和運動に参加したり拉致被害者の救出に取り組んだりするのは少し違う気がする。労働組合は各職場で労働者の利益を守るためにあるので、それと関係のない課題に入り込みすぎないほうがいいと思うからだ。

労働組合が政治課題に取り組む意義については、バックナンバーの「組合の平和運動」を参照いただけたらと思います。したがって、まったく取り組まない方が良いとは考えていませんが、ご指摘のとおり労働組合の最大の役割は職場における労働条件面での活動であることは言うまでもありません。労働組合が政治課題に力点を置き過ぎて、職場課題がおろそかになるような主客転倒は絶対避けなくてはなりません。

そして、組合が政治課題を取り組む際、何よりも留意すべき点は組合員との情勢認識や問題意識の共有化です。その上で率直な議論を交わし、徹底的な組合民主主義を経た方針確立が非常に重要であると考えています。少数の組合執行部だけで方針を決め、組合員に「○○を反対しよう」などとした運動のトップダウンは言語道断です。

どのような場面でも組織が一定の影響力を持つためには、その組織を構成している人たちの考え方がまとまっていることが大切です。伝統的な組合用語で言えば、団結。組合にとって組合員の団結が重要な点は今も昔も変わらないはずです。ただ現在、非常に難しいのが平和運動や政治活動の進め方です。

様々な情報があふれ、個々人の価値観が多様化している中、政治課題で一つの結論を出すことは前述のとおり懇切丁寧に進める必要があります。丁寧な手続きを踏んで出した結論であっても、多くの組合員が疑問や不満を残すようでは団結にヒビが入る要因となってしまいます。

自民党と社会党の55年体制時代、その政治的な評価は別にして、組合が社会党を応援しても今より組合員から違和感が発せられなかったものと思います。ぜひとも、組合員が一体となってスッキリ応援できるような政治的な枠組になることを心から願っています。

|

« 避けて通れない拉致問題 | トップページ | 熱いハートの茅ヶ崎市議、岸正明さん »

コメント

こんにちは。丁寧な返答ありがとうございます。

「組合員が一体となってスッキリ応援できるような政治的な枠組」、今では夢のような話になっちゃいましたね。しかし労働者が減ったわけでも課題が消えたわけでもないので、反転のチャンスはあると信じたいところです。

投稿: kazhik | 2005年10月 7日 (金) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130697/6249279

この記事へのトラックバック一覧です: 政治課題の難しさ:

» 共謀罪ならなんでもできる:今日は原爆テロのシミュレーション [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
これは,北京でライフォ(≠2nd)!さんの【「共謀罪」無認識成立の恐怖と闘う】に付けたコメントを(加筆)収録したものです.ライフォさんは,『何より恐ろしいのは、日本の人々がこうした法案の成立とその意味を「認識」しないということだと思うのです』と述べ,ほとんど自覚もないまま法案通過を見過ごしそうになっている国内の状況に切実な危機感を表明されています.引用ありがとうございます. (馬場英治) 2005-10-07 17:39:13 私には,こんな法案が提出できること(という頭の構造)... [続きを読む]

受信: 2005年10月 8日 (土) 02時16分

» 共謀罪と香水のキッチュな関係:44億円以上タダで手に入れる方法 by hotal [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
阿蘇まではやまなみハイウェイを一走り,山頭火も訪れたという大分県湯布院温泉の夜に華やぐ温泉コンパニオン蛍さんは,職種柄入ってくるさまざまな裏ネタを【温泉 コンパニオン☆裏ネタ全開☆】で暴露してきたが,ついに爆裂,満身の怒りをこめてレポートする:6期24年の長期にわたり大分県政に君臨してきた平松守彦前県知事のからむ建設費総額44億円の県営施設の身内への捨て値払い下げのからくり.おおいた市民オンブズマンは県監査委員に住民監査を請求し,売却の差し止め,建設費と売却価格の差額について県が平松前知事に損害賠償... [続きを読む]

受信: 2005年10月 8日 (土) 02時17分

» 権力の牙剥き出し:改正案の共謀罪関連条項抜粋(法案要綱より) [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
改正案条文は縦書きでPDFファイルに収められていたため一覧し辛いので,共謀罪に直接関連する部分だけをまとめて画像ファイルに落としました. たったこれだけの改定で,615個の新しい罪が生まれます! 政府はさまざまな詭弁を弄して共謀罪の治安立法としての危険な本質を覆い隠し,暴力団など組織犯罪集団が越境的犯罪を犯すのを防止するためなどと取り繕ろうとしていますが,「国際」の文字は見た通りわずかに第1条目的のところに現れるだけで,まったく実質がありません.また,対象となるのは暴力団であり,市井の個... [続きを読む]

受信: 2005年10月13日 (木) 07時16分

« 避けて通れない拉致問題 | トップページ | 熱いハートの茅ヶ崎市議、岸正明さん »