2014年8月23日 (土)

二極化する報道

高校時代、アルバイトで読売新聞の朝刊を配達していました。そのような絡みもあり、ずっと自宅で契約している新聞は読売です。このことを以前にもブログで触れたことがありましたが、「意外でした」という感想がコメント欄に寄せられていました。いわゆる左か右かの見方からすれば、左だと見られている私が読売新聞を選んでいることについての驚きの声でした。ちなみに組合事務所に届く新聞は、読売、朝日、毎日の3紙です。

そのため、最低3紙に関しては実際の紙面を読み比べることができます。最近の記事「自殺未遂報道から思うこと」の中で「集団的自衛権を巡る新聞各社の報道姿勢には極端な差異があります。ここまで極端に支持する立場か、反対する立場か、旗色を鮮明にした事例はそれほど多くないような気がしています。安倍政権の閣議決定を支持している代表格が読売と産経、反対しているのが朝日、毎日、東京新聞という構図となっています」と記していました。

特に最近、このような思いを強めていたところ『安倍官邸と新聞 「二極化する報道」の危機』という書籍を見かけ、さっそく購入して読み終えていました。著者の徳山喜雄さんは朝日新聞社記事審査室幹事という所属であるため、読まれる前に立ち位置や内容を想像される方が多くなりがちなのかも知れません。それでも下記の宣伝文句のとおり新聞各社の論調の違いなどを具体的に紹介しながら、そのような二項対立的な構図の是非を問うことが著書の主な内容となっています。

憲法改正、集団的自衛権、秘密保護法、靖国参拝、アベノミクス、対中・対米外交……。新聞は、それらをどのように報じた(報じなかった)のか。主要紙は「読売・産経・日経」vs「朝日・毎日・東京」という構図で分断され、相反する主張や論調が日々飛び交うなかで、私たちは何を信じればいいのか?本書では、各紙の報道の”背景”を読みとり、立体的に情報を収集するコツを、実際の記事に即して具体的に解説。また、安倍官邸の巧妙なメディア操作の手法についても分析を加える。この一冊で「新聞の読み方」が変わる!

前回記事「69回目の終戦記念日」も多面的な情報を提供する一つの場として、接しているメディアによって不足しがちな側面を少しでも補えれば幸いだと考えていました。個々人が積み重ねてきた知識や経験から基本的な考え方が培われ、その違いによって物事の見方や評価が大きく分かれがちとなります。加えて、様々な出来事に対する情報が断片的なまま、もしくは必ずしも正確に理解されないまま評価や批判が加えられる場合も少なくありません。

数多くのサイトをインターネット上で閲覧していますが、自分自身が正しいと信じている考え方や価値基準から遠く離れた異質な意見に対し、あきれ果てた気持ちや嫌悪感を前面に出し、他者を見下したり、揶揄した言葉をぶつけている場面をよく見かけます。この傾向は、いわゆる左か右かの立場に限らず、上から目線で「変態サヨクは…」「ネトウヨは…」というレッテルをはった論調になっています。私自身、信じている「答え」が必ずしも絶対的な「正解」とは限らない、このような謙虚さを極力持つように心がけています。

念のため、信じている「答え」の正しさについて、いつも疑心暗鬼を抱いている訳ではありません。異質な考え方や批判意見に接した際、頭から否定せず、その言い分や理屈を吟味し、自分自身の「答え」と照らし合わせるように努めていくという姿勢の問題でした。そのため、ネット上のサイトや書籍を通して多種多様な主張や情報に触れていくことを常に意識しています。そのような意味合いからも、このブログのコメント欄はたいへん貴重な場だと思っています。

いずれにしても偏った情報だけで物事の是非を判断していくことは非常に問題だと考えています。今回、紹介した著書の中でも、そのような論点が提起されています。まず同じデータを使い、同じような分析をしているのにもかかわらず、新聞社によって評価や見解が分かれていくことを次のように説明しています。新聞の論調とは、ファクト(事実)にそれぞれの立ち位置(社論)による解釈が加えられ、独自のコンテクスト(文脈)が形成されてつくられていくと記されています。

安全保障、原子力・エネルギー政策など国政の重要な問題や報道の自由の問題をめぐり、「朝日、毎日、東京新聞」と「読売、産経、日経新聞」の報道ぶりが、あたかも何者かに仕分けられたかのように、くっきり割れることである。さまざまな意見や考え方があることはいいのだが、言論界が「55年体制」のような構図をかたちづくり、単純な二項対立的な論戦をするようなことは避けなければならない。そうなると表面的には議論を戦わせているようにみえても、その実はお互いが自らの意見をいいっぱなしで終えるという不毛な状態にならないだろうか。

上記は著書の中の一節ですが、著者が最も訴えたかった問題意識だと受けとめています。多様な意見を自由に示せる社会は健全なことですが、報道機関が意見を言いっ放しにしていることを憂慮されているようでした。複数の新聞に目を通せる方のほうが圧倒的に少数であるため、新聞各社の立ち位置は否定しないまでも常に賛否両面、多様な見方があることも添えていくべきではないか、そのよう問題提起を主題にした書籍だったものと理解しています。

さらに戦争中の大本営発表のような情報だけでは、国民が正しい判断を下せません。二項対立以前の新聞が求められる原点として、公権力側に立つのではなく、市民目線での取材や報道姿勢の大切さも強調されていました。メディアが権力側にコントロールされるような事態や、おもねって自主規制するようでは問題です。より正しい判断や評価を行なうためにはメディア側に対し、情報は包み隠さず、正確に伝えていく姿勢が求められています。その意味で毎朝毎夕、くまなく紙面に目を通しているつもりの読売新聞の伝え方については少し疑問を持っています。

広島市での土砂災害の際、「ゴルフ切り上げ災害対応」という見出しを掲げ、安倍首相の判断を評価する論調でした。民主党の海江田代表の「深刻な事態と分かっていたはずなのになぜゴルフを強行したのか」というコメントを記事の最後に添えていましたが、「えひめ丸」衝突事故を教訓化したという説明もあり、あくまでも批判を受けないような心遣いが感じられる報道ぶりでした。また、この件で帰京しながら、すぐ別荘に戻って休暇を続けようとした話も特に問題視した記事は目にしていません。

もう一つ、他紙では報道され、読売には載らなかった事例を紹介します。フィギュアスケートの高橋大輔選手に日本スケート連盟会長の橋本聖子参院議員が「キスを強要」したという話です。都議会でのセクハラやじよりも、セクハラ、パワハラの問題として大きく取り上げるべき事例だと考えていますが、読売の紙面では目にすることができていません。高橋選手から「セクハラやパワハラを受けたいう認識はありません」という釈明が加えられていますが、それこそ二人の力関係から「ああ言うしかない」という見られ方にも繋がっています。

もちろん紹介した二つの事例、それぞれ政治家の資質を評価する上で影響を受けるような話ではないと考える方も多いものと思います。しかし、そのように評価するかどうかは情報に触れた後の選択肢となります。読売にとって今回の事例に深い意図はないのかも知れませんが、万が一、情報が意図的に操作されたり、隠蔽された場合、政治家の資質や権力側の判断に対し、国民が正しい評価を下しにくくなるはずです。このような問題意識について、二極化した報道の中で私自身も少なからず憂慮しているところです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

«69回目の終戦記念日